received_1712630748773181
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【今日はしっかり集中】

天気 晴れ

中島さん 、元喜さん、僕は、トマ、マルコス、サルバの総合優勝を目指した動き。
序盤のアタック合戦にはしっかり対応。集団からリードするような逃げには、3人の内の誰かがしっかり入れていた。
僕も集団から少し先行するような逃げにのれていたが、決まらずに吸収。それの後に行った逃げが決まる。
中島さんが反応してくれたが、10人くらいいるか?少し多いし、総合を狙える選手が入っている。
話をしたら「タイム差が広がりすぎないように引いて」という事だったので牽引開始。

received_1712630652106524
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

それなりに早いペースで引けていたと思う。
しばらく元喜さんとローテーションしながらペースを維持。
で、最初の登り千枚田へ突入。
イメージは、変な追走アタックが行けないようなペースで登っていく。
入りは少し上げすぎかな?と思いつつもそのまま登る。
ここで、サルバがアタック。
マジか!と少しビックリ。
当初の我々の作戦では、今回のレースで一番キツい登りの、札立峠でのペースアップで集団を絞る+総合をねらう3人の発射。
僕と元喜さんはそこへ向けて集団を牽引しており、結構ギリギリのラインで走っていたのでこのタイミングでのアタックは予想外だったのと、このペースアップについていく足は無い…

しかし前の様子を伺うと、トマ、マルコス、サルバは10人程の集団で先行していたので良さそう。

僕はその後、我々のチームが総合を取った時の事を考えてなるべくサボりながら走る。

でそのままゴール。


received_1712630602106529
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

ゴールで聞いたらサルバの5位が最上位。

残念。

個人的には、集団を引いていても千枚田でのペースアップでもう一段ギアを上げ、ついていく力が必要だと感じました。
そうすれば、アシストだけでなく自分にもチャンスが巡ってくるかな。

足の感覚は良かったので、牽引せずに登っていたら前に残れたか?とか思ってしまいますが、今回の仕事はこれだったので仕方ない。

足の感覚は良かったので、明日頑張ります!!!

応援宜しくお願いします‼