今日は惨敗。
ST.Georgeが強すぎた。

received_2379250808969247
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_242336103291984
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

第一ステージは平坦。
第一ステージはというか、明日も明後日も明明後日も平坦なんですけれどね。
なかなかみないコースプロフィールですよ笑↓↓↓
20180918_201600
め~ちゃ長い直線。
直線区間は片道20kmくらい。往復40km+グネグネしてる所の10kmくらいで1周51.7km。
総距離155kmのステージ。

received_2165665560426691
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_477916286024715
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

スタートからしばらくは良かった。
散発するアタックに反応してKINANが乗れていない状況は作らないで進められていた。
しかしなかなか決まらない。決まりそうと思っても一列棒状で追い付いてくる。

スタートから感じてはいましたが、セントジョージの選手が絶妙にコントロールしてくる。
更に、彼らのアタックは強烈。
一度先行すれば、追い付くのになかなか苦労する。
この繰り返しでしたが、何回目かの少し抜け出してる時にセントジョージの選手が一人先行。
足を使っていたので直ぐには反応できず、ワンテンポ遅れてアタックして追う。
が、あと少しで追い付くって時に後ろを確認するとかなりついてきていたので、先頭を交代。
すると一斉に止める。。何故⁉️
このレースはこれが多い…
アタックにはついてくるくせに、先頭にはでずに逃げを止める。。
自分がキツかったのもあり、詰めきれなかったのもいけないんですがね。

ここで一旦下がってしまう。
次前を見ると、セントジョージが2人で逃げてる。
元喜さんが追走いってるけど厳しそう。
で、あれよあれよと離れて行き、あっという間にタイム差は2分。

その間もアタックはかかってましたが、集団に残っているセントジョージの選手達に抑えられる。

トマさんに話を聞くと、「サルバさんと元喜さんと自分で総合狙ってスプリントして」と。
トマさんはローテーションしにいく。
追っかけてる時のスピードは47~50km。
後ろについててもしんどいかなりのハイペース。
しかし、、タイム差は一向に2分を切らない。
なんだこれ!?!?

前は2人だぞ…?
そのまま2時間は経過。
タイム差は2分30秒。。

前の2人めちゃめちゃ速い。

集団では少しずつローテを回す要員がいなくなり、ラスト20kmを切るあたりでは集団もセントジョージが引く形に。。

サルバさんが来て、「最後の橋の登りでアタックするから元喜とスプリントして」といってきたので了解と伝える。
が、その橋へ向けてペースが上がってる。
これは余計なアタックをさせないためにペースを上げているのかと思っていたら、セントジョージがそのままアタック。

!?!?!?

僕は完全に気を抜いていました。
ここは元喜さんに本当に申し訳ない。
サルバさんがアタックするというのに頭がいっていたのと、まさか引いているセントジョージがアタックしてくるとは思ってもいなかったので反応にラグが生じ、少し遅れて追っかける。元喜さんはピッタリ着いていますが、自分は1車身ほど空けてしまい付ききれない。
なんとか粘って付こうとしますが、登りきってからの下りで一気に離される。

元喜さんは前で走っていましたが、若干遅れてそのまま吸収。
自分は後続にくっついて前を追うも届かず、6位集団でスプリント。
サルバさんが、残り1kmの所まで先頭で連れていってくれましたが、ゴールまでは少し遠く、埋もれてスプリント。。

received_934505570081413
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_868177896720268
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

明日また頑張ります。