ツールドシアック、最終日。
更新遅くなりましたm(_ _)m

移動が、夜?朝?の2時だったので昨日は早々に床に就きました。
今はネクストレースへ向けて移動中です。
インドネシア連戦。
次はTour de Banyuwangi ijen
めっちゃ登るみたいですよ~笑

さて、昨日の最終日はどうだったかと言うと、サルバが逃げて、元喜さんが4位になりました。

received_1261714503970330
Photo:Syunsuke FUKUMITS【スタート前。インドネシア人は写真が好き】

平坦15km弱の周回を6周の95kmのレース。


チームとしてはステージを狙う。
しかしド平坦のコースでゴールスプリントになれば、スプリンター不在の我々には苦戦が強いられる。
なので、狙うはやはり逃げ。
総合1位とはかなり差があいているので、展開によっては可能性はある。
なんなら、4位まではセントジョージと、かなり悔しいやられ具合なので、最終日くらい逃げを容認してくれないかなと淡い期待を抱く。

received_229133057960300
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【アスリチューン】
received_476460899537997
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【スタート前】
received_242940772991081
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【前日一緒に逃げたセブンイレブンの選手とおしゃべり】

しかし蓋を開けてみるとかなり酷いスタートが切られた。
パレード走行の段階で、セントジョージが審判車の後ろにピッタリくっついて走り、パレードなのにめちゃ速く、集団は一列棒状。
おいおいおい‼️
それはなしだろ⁉️

流石にリアルスタート切られたら落ち着くかと思いきや、リアルスタート後の審判車の加速にくっついて行き、そのまま抜け出す。
マジかよ…流石に酷すぎるだろ…
車の恩恵を受けられたセントジョージの選手1名と数名が逃げになる。
キナンは誰も乗れていない。
流石にこれには腹が立ちましたね。

後ろでは追走合戦がありますが、皆の思惑は同じで分裂と吸収を繰り返す。
さらにセントジョージは前に選手がいることを良いことに利用してくる…

received_718627918481549
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【追走】
received_1850415511738978
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

瞬く間にタイム差は1分まで開く。
正直、終わったと思いましたね。
更に意味不明な展開すぎて不貞腐れたし笑
更にそもそも、前日のエスケープでキツいし❗笑

でもまだ終わらなかった。
追走は出続けて、集団は落ち着かない状態が続き、33km地点の中間スプリントが終わった後からタイム差が縮まり始める。
そして捕まる。

からのカウンターでサルバ発射❗
4人逃げ。
集団はやっとコントロールされる。
スプリンターチームのサクラとトレンガヌ。
我々はサルバが逃げているので、美味しい位置で走らせて貰う。

かなりいい感じで逃げてくれているが、恐らく捕まるだろう。

元喜さんと話すと、捕まった後の抜け出しに気を付けて!と言われる。

ラスト10km。
もう前は見えて捕まる。
ラスト5km。
捕まった。

アタック合戦開始。

反応していくが、キレが悪い、、

ラスト3kmの標示が見えたあたりから元喜さんが抜け出す。5人くらいかな?
セントジョージの選手も入っていて、かなりいいペースで先行開始。

僕は集団で追走のチェックに奔走する。
がやはり精細さにかける。

そしてギリギリ前を捕まえるか捕まえないかという状態で1kmを切る。
自分は集団の中途半端な位置でゴール前の激戦区に入ってしまった為、落車にかなりひやひやしながら走り、リスクを取ることなくゴール。

で元喜さんが惜しくも4位。


received_206126900129586
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【ふぃっにしゅ】
received_2204703663077542
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【ゴール後、人が凄い集まってくる笑】


4日間振り替えるとかなり苦戦を強いられた、Tour de siak。
しかし、各選手しっかり調子は上げられて、僕自信も調子は上々です。
次は9/26~29のステージレース。
同じインドネシア🇮🇩です。

このレースは登りがキツかったり、アップダウンがあるみたいなので、チームの本領発揮です!

今回振るわなかった分、次頑張ります💪💪