今日は最初下っての平坦基調のレース。
インドネシアに来てのレースで初めて200w切るレースで、全力で回復を心掛けた1日でした。

とは言っても180kmはあるので疲れましたけどね笑

received_677697645944798
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

今日は個人的には、行けると確信があるのだけに反応して、それ以外は放置。
第3ステージがかなりキツイレースになると予想できるので、泳がされるような逃げに乗り消耗したくなかったのと、昨日のダメージが残っているのでそれを抜きながら走ることに専念。

例によってアタック合戦。
僕はセントジョージの選手達をガッチリマーク。
逃げても彼らの踏み加減で直ぐにゼロにされてしまうので、彼らの誰かが乗っている逃げか、サプラ等の強力なチームが行くの以外は基本無視。
マルコスとサルバがかなり仕掛けてくれている。
がキナンは行かせたくないのか、そいう時だけセントジョージが引き始める。

結局、セントジョージが回収するのもありますが、それ以外にも選手同士で潰し合いがありなかなか決まらない。

僕は今日は積極的には動いていませんでしたが、コーナーが多発する所で集団が伸びたのを切っ掛けにアタック。
6名程で抜け出す。
が、、
後ろをみるとセントジョージが牽いている。
クソッ!
しかも牽いているのは総合リーダーていうね。笑

IMG_20180927_173141_530
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

あえなく吸収。
その後もアタックがは続き、決まったのは52km地点。
やっとセントジョージが集団に蓋をしてコントロールを開始してくれた~

received_1922685548035579
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_235318407330977
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

そこからは坦々と。

いつもより少し高めのケイデンスで回し、補給食をかなり小まめにとって、疲労を残さないようにする。

我々はセントジョージの真後ろにトレインを組めたのでかなり良かった。

逃げとのタイム差は2分~3分。マックス4分まで開きました。

逃げは残り30kmを残して吸収。
あれ?吸収早くない??
アタック合戦始まっちゃうじゃん‼️

でアタック合戦開始。
セントジョージが抜け出そうとするの以外は無視。
セントジョージがアタックした時とかはマルコスがかなり積極的に反応してくれていて動きやすい。

僕もラスト15kmくらいで一旦抜け出すも、一緒に抜け出した選手達が踏めなすぎて直ぐに吸収。

残り周が延びたり縮んだりを繰り返し、そのままゴールへ。
単独で先頭まで上がれたのはいいが、そこまでに足を使ってしまい、もがけず集団ゴール🏁


トマも元喜さんも集団でゴールでタイム差は取られていない。


明日、明後日が勝負です。

頑張ります💪