ツールドバニュワンギ イジェン 終了。
最終日が終わり、気が抜けてレポートが遅くなってしまいました。

最終日は100kmほど平坦でそこから登り始めて、最後は激坂を登ってゴール。
距離は127kmだから、20km以上も登る…

我々は総合3位のトマさんの総合アップ、元喜さんの総合5位を落とさない事を目標にレーススタート

received_492614884568443
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【アスリチューン】
received_577427986024141
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

レーススタート。
アタックがかかる。
今日の僕の仕事は逃げに乗ることではないので無視して集団前方で走る。
コーナー が多発する道で集団は伸び伸び~
10数名が抜け出す。
多いと思ったのか、セントジョージとサプラの選手が引く。
再び集団は伸びる。で、丘登場。
平坦だと思っていたので少し焦りました。コーナー多発+ペースはかなり上がっていて、その勢いのままで丘に突入したので集団は伸びきっていて、中切れしているのがみえる。
僕は集団前方にいたので被害は少なくてすみましたが、後ろはキツそう。。笑
今回の僕のお仕事は他の4選手がストレス無く走る事のサポートだったので、迎えに行こうと思いましたが、その後の平坦で落ち着くと思ったのでほっとく👍👍

やはり落ち着いた。
4名かな?逃げが決まる。
細い道でセントジョージがしっかり蓋をして40km以上のスピードで走ってた所から一気に25kmまで落ちる。

ふ~と一息。

received_2206456152971674
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_472986176528320
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

ここから例によって、セントジョージのコントロール開始。
しかし、今回はいつもと少し違う。
マクドナルドの選手がコントロールに加わっているゾ。何故だ…??
マクドナルドは3名リタイアしているので、選手は2名。
その2名が先頭を引いている。なんのメリットもない。
これは………
奴ら!セントジョージに買収されたな!!!
これじゃセントジョージの面々が足を残したまま登りまで来てしまうじゃないか。

とはいってもこの段階では僕らにできる事は見守る事のみ。

僕はその間チームカーを行ったり来たり。
僕らはセントジョージの後ろの良い位置につけていたので集団のほぼ一番前。
で集団は一列。

100名近い選手が一列になると結構なが~いんですよ❗笑
だらだらと戻ると逆にキツいので一気に踏んで戻る。
この日は暑かったので多めに持っていったりしていたので重いし😂😂

そして登り区間突入。
もうボトル取りに行けないか?と思ったけど、下り区間があった。
戻る!
いつ次の登りが来るか分からないので、ビュッと下がり、パッと貰ってシュッと帰る。
最後の配達は我ながらかなりスピーディーだったよね✌

received_461914980984890
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

逃げとのタイム差は一時は6分まで開きましたが今は5分弱。

そして本格的に登り開始。
僕は割りと消耗が激しい。
あんなに何回も車と集団先頭までをもがいてたら足にくるよね。
しかし何とかついていく。
すると、マルコスが「トマが読んでる」と言ってくる。スペイン語だから感だけど笑
トマの所まで行くと、「先頭を引け」との指令が下る。
きたか。来ると思ってたよ。その為に残ってたから。
ゴールまでは17kmくらいか?
登りは始まっていて、勾配がかなりキツくなるのは10km切るあたりから。
逃げとの差は4分30秒。

だいゆー行きます👮

その時に出せる限界の値で踏む。
セントジョージに先頭に交代を頼むも全然出ないので一人で踏み続ける。

残り15kmの標示が見える。

タイム差
4分。

3分50秒。

この辺でサルバがアタックしていく。
流石にチェックに入られる。
僕はひたすら自分のペースで引き続けているので、それをかわして再び先頭で踏む。

3分30秒。

3分20秒。

ちょっとずつ縮まっているがキツい。

3分15秒。

残り10kmの標示。

そこからちょっとして元喜さんがペースを上げる。

そこで僕はドロップ。

received_529701370803324
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

集団をみるとめっちゃ小さくなってた。

ここからゴールまで9km。
でもこの9kmめちゃくちゃ遠いですよ。
場所によってはひっくり返るんじゃないかってくらいの勾配。

車も煙噴いて止まるレベルですよ😱笑
道も悪い。
ダンシングしたいけど、砂利とかで後輪スリップするからできない❗
足をついたら、勾配キツすぎて乗れなくなるので細心の注意を払いながらこなしていく。

最後の1kmはこれまでに比べたら緩くなっていたのでリラックスしてゴール。


received_1992685460789255
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_1413259678776935
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_1596240930481924
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

結果。

ステージでトマが3位。
総合は同じくトマが3位。元喜さんが5位。
チーム総合2位。

悔しい結果になってしまった。。

個人的な目標でも、UCIポイント獲得が成せなかったのも悔しい所です。
足的にはポイントをとれる力はあったと思いますが、第一ステージで焦ってレースを進めたのが一番の敗因です。
良い経験ができました。
ああいう場面で自分の展開にできるようなレースお運びをします。

ハマったら勝てる選手ではなくて、自分からハマる展開に持っていけるように頑張ります💪


IMG_20180929_182332_606


ネクストレースはJPT経済産業大臣旗‼️
感覚は良いので頑張りますよ~~✴️