J PRO TOUR最終戦の経済産業大臣旗に参戦してきました。
戦地は南魚沼❗

このコースは2015年の3年前に走った事があります。
色んな意味でかなり衝撃的な出来事があったのを覚えています笑

台風の影響でどうなるかと思われたレースも通常通り開催。
しかし、天気は雨。
記憶だと、下りが怖かったのを覚えています。晴れの記憶で怖かったて事は、今日はめちゃくちゃ怖いということになるな……

レース前に試走の時間があり、コースを見れましたが、下り、かな~り怖い(ノдヽ)
ブレーキ効きにくいし、路面滑るし。
雨の広島で転けてから、濡れてる路面に恐怖心が生まれてしまっていけないです。

そんな今回のレースは克服するつもりで挑む‼️

距離 12×10周=122km
天気 雨

我々の作戦。
正直、今回のチームのコンディションはかなり悪かったです。
今年はJPTのレースに初投入のトマさんはかなり強力な戦力ですが、インドネシア後風邪を引いてしまっていたので、今回は戦力には入れない。同じく、インドネシア帰りの元喜さんも風邪。
そして、なかじーさんは、南魚沼前に気合いを入れて練習しすぎて風邪。
6人中3人風邪。
椿さんは、鎖骨折ってからまだ完全復活とは言えず、戦力に数えられるかと言うと心許ない。
故に、レース前のミーティング時点でしっかり戦えると確証が持てたのが、健児さんと自分。

JPTでの最大出走人数は8人かな?
主要所のチームはMAXの人数で揃えてきているのに比べ6人で挑むのは全員が万全の状態でも楽にはレースを進められないのに、今回のこの状態はかなり苦戦することは予測できました。

動きとしては、健児さんを集団待機、レース中盤にトマさんのペースアップを使い、元喜さんと僕で抜け出せればと話し合う。
元喜さんも風邪とは言っていましたが一応、踏めるみたい。
元喜さんも僕も、インドネシアでレース強度は慣れているので2人で抜け出したとしても、ある程度行けるだろうという考え。

寒かったのでギリギリまでアップ。
そしてスタート。
パレードの時点でほぼ先頭まで出る。
直ぐに登りが来るので、前で入り、位置を下げながら登ってキツくなりすぎないようにを心掛ける。
するとその登りで元喜さんがペースアップしていく。
??アップかな?
そしてそのままぐんぐん上げていく⁉️
おいおいマジか。話と違い過ぎて焦る。
ここで迷ってしまう。集団に残るべきか、ついていくべきか。
しかし、キツさもあり後者を選択してしまった。当初の予定だと、中盤まで集団で貯めると話していたので甘えが出てしまった。
多分、全力で踏めばつけはしたと思うんですが、この時は一時の楽を選択してまった(´Д`)
散々経験してるはずなんですけれどね。
一時の楽を選択して良いことはあまりない。
たま~に、そのまま美味しい展開になることもありますがそんなことは稀だと思う。

守りの楽と、攻めの楽では、個人的には脚質的にも攻めの楽の方がいい結果になるんですよね。
攻めの楽は、一時はかなり足を使うが、総じてみると楽できる。と思う。

で、守りの楽を選択した僕は最初の逃げを見逃してしまう。
キナンからは元喜さんだけ。
自分か健児さんは乗った方が良いと思い、僕は悪い癖で焦ってアタックしまくる。
シマノの入部さんとかと抜け出して前を追うも下り区間で集団に吸収。
ヤバイぞ。キツい。
そのまま登りへ。
シマノの選手とブリッツェンの選手のアタックがある。
冷静に考えれば、この時に備えて足は残しておくべきだったが、反応できる足はない。
見送ってしまう。
結構行かれてしまった。
前は10人ちょいか?
良くない。

アップダウン区間で、トマさん、なかじーさん、椿さんが差が広がらないように引いてくれて、更に差を縮めてくれた。ありがとうございます。前は見えている。
足を貯めて来る登りで下からモガク。
集団は離れますが、しばらくしてブリッツェンの選手が追い付いてくる。
彼らは3名前に行ってるから前に出ないので、そのまま踏み続ける。
そして、頂上手前でキャッチ。その先頭で再びアタックがかかる。おっふ。。
マトリックスのマンセボ選手。ツール・ド・フランス4位になった事もある超実力者。
追い付いたばかりで流石に反応できず、また先行されてしまう。
でも、元喜さんが反応してくれている。
最悪の結果ではないけれど、ブリッツェン3人、マトリックス2人、キナン1人。最悪ではないけれどその一歩手前。

IMG_20181008_154809
IMG_20181008_154814


アップダウン区間でアタック。
シマノの選手と先行。
前はまだ見えてるし、追い付ける!
と一気に加速。
…………コースアウト。。
スピード出しすぎて、コーナーを曲がりきれずに危うく転けかける。
マジで。やらかし。
シマノの選手は前に合流できたっぽい。
ホントに、コーナー下手なのどうにかしないとな……

そこからは集団で走る。
キナンは僕と健児さん。
集団はシマノがコントロール開始。
やはり1人しか乗せられていないのは分が悪いのかな。
キナンも選手出して欲しいと言われたけど、申し訳ないけどこっちはもう2人しかいないから無理です。と断る。

寒いぞ。
更にイメージ、視界は通常の50%減。笑
雨と前の選手の水の巻き上げでかなり視界は悪く、感で走ってました~笑
この辺コーナーじゃね?みたいな。

寒い+視界悪い+キツいコーナー沢山、で意識がそっちに振られて補給食を食べるという行為を忘れてしまう。
寒さで体が動かなくなってきた。とその時は思っていましたが、多分7割りはハンガーノック。残り3割が寒さ。

逃げからはブリッツェンが全員降ってきて、コントロールにはブリッツェンも加わり、一気にペースアップ。
そのままラスト1周の登りへ。
粘りますが、力が入らず遅れてしまう。。
遅れてから気づく。
めっちゃ腹へった。
素人かというレベルのミス。

残りはヘロヘロになりながらゴール。

振り返ると、個人的には後手後手で最悪な展開にしてしまいました。が、踏んでる感覚は良かったです。

細かいミスを減らしていって、しっかり上位で戦えるように頑張ります。


そして、今日はお休み‼️
雨のレースは消耗が激しくて、動くのしんどいけど、映画でも観に行くか。