2008年02月

ラブソングの女王がラブストーリーの帝王と初タッグ!

MISIAコメント
強く願い想い描くことによって、運命は変わるのかも…。
恋に誓う約束は、未来への翼です。
MISIA

綾瀬はるかコメント
「約束の翼」をはじめて聴いた時、物語にぴったりの曲で嬉しくなりました。MISIAさんの歌声が映画のラストを優しく包み込んで下さいます。ぜひ、劇場でもたくさんの方に聴いていただきたいです。MISIAさん、素敵な曲をありがとうございます。

小出恵介コメント
映画のかわいげでファンタジックな世界観にとてもマッチしている素敵な曲だと思います。

クァク・ジェヨン監督コメント
「映画の中には愛、悲しみ、切なさ、ときめきなど色々な感情が存在しているが、この曲を本編終了後に聞くと、「愛」という感情だけを残して、その他の感情を洗い流してくれるから、まさにピッタリの曲だと思いました。

『僕の彼女はサイボーグ』が、ゆうばりファンタスティック国際映画祭オープニング作品に決定しました!

2006年に惜しまれつつも一時休止となった「ゆうばりファンタスティック映画祭」が満を持して復活!

3月19日(水)より映画祭開催が決定し、“復活第一回”のオープニング作品として、『僕の彼女はサイボーグ』が決定しました!

クァク・ジェヨン監督は、ゆうばり映画祭の審査委員も務め、『猟奇的な彼女』02年ヤング・コンペ(グランプリ)、『ラブストーリー』03年招待作品などの経験があり、実はこの『僕の彼女はサイボーグ』は、プロデューサーである山本又一朗氏とクァク監督が2003年のゆうばり映画祭で共に審査員を務めたことがきっかけで実現した企画であり、とても“ゆうばり”に縁深くゆかりのある作品なのです!

▼ ゆうばりファンタスティック映画祭公式HP
http://yubarifanta.com/index_pc.php
TOP