皆様、こんばんはm(__)m

前回はスマホ本体を取り上げましたが、今回からアプリを使って活用する記事を書きますね。
ブルベと言えばやはり地図でしょう。土地勘がないと結構道に迷います。
地図アプリと言えばGoogleMapが有名ですよね。使ってる人も多いでしょう。

ところが個人的な研究の結果、究極の神アプリが存在する事を知りました。


地図ロイド32

それが地図ロイドと呼ばれるアプリです。

このアプリは登山家の間ではかなり有名なアプリで、Androidの地図ロイド、iPhoneのやまちずと呼ばれるほどなのです。ところがこのAndroidの地図ロイドはブルベでも十分に使えると確信したアプリなのです。まあ、百聞は一見にしかずといいますから今回の記事を流し読みしてご判断下さいませ。ハッキリ言って地図アプリはこれ一つで十分なのです。


地図ロイド02

まず、何が凄いかって無料なんです(やまちずは有料)。
無料なのに国土地理院の地図形を閲覧出来るのが凄い。等高線など詳細に表示されてるぞ。
また、左の赤枠で囲ったところにボタンがあります。G地図ってのはGoogle地図の事です。


地図ロイド04

お馴染みGoogleMapに切り替わります。G写真を押してみましょう。


地図ロイド03

衛星画像になっているので、どんな地形になっているのかイメージしやすいですよね。


地図ロイド01

Y地図ってのはYahoo地図の事です。ルートラボで採用されている地図なので、こちらの方が見やすいってサイクリストも多いのではないでしょうか。実は僕もGoogleMapよりもYahoo地図が見やすいですね(笑)
ちなみに現在地を知りたい時は、左上の3つ並んだボタンの真ん中(青いアイコン)を押します。


地図ロイド07

するとこのような画面が出るので、とりあえず最短で追尾開始を押すと現在地に移動して自分がどの位置にいるのか正確に表示されます。もう一度ボタンを押すと追尾開始を解除します。


このアプリが凄いのはいよいよここからです。
地図の左上に稲妻アイコンがあるので、これを押して「外部」と書かれているのを選択します。


地図ロイド06

すると、「ルートラボから検索」ボタンが出現します。
そうです、このアプリはルートラボのGPXファイルを読み込むのです。やまちずではこんな機能はありません。正直、これを知った時は腰抜かすほどぶったまげました。


地図ロイド09

ブルベの主催者では、コースをルートラボで公開している団体も数多くあります。
オダックス近畿もそのうちの一つで、かなりのコースがルートラボにアップされています。とりあえずキーワード検索で探してみましょうか。


地図ロイド17

まあ、見事にぞろぞろ出てくるので自分がエントリーしているコースを読み込んでみましょう。


地図ロイド18

僕がエントリーしているBRM105のコースです。
12/10現在で宇治川ラインの開通が遅れているためかコース変更していました。
これを読み込んでみましょう。


地図ロイド19

最初にこんな画面が出ますが、今後永久に地図ロイド一択でOKです。




地図ロイド10

するとお馴染みのルートが赤く記されたコースが地図がアップされます。
右下に注目!なんと標高グラフも表示されます。何気に便利です(設定で消すことも可能)。

でもよく見ると、赤いルートが道路の上に沿ってません。デフォルトでは結構大雑把に表示されるようです。しかし、ご安心下さい。


地図ロイド20

トラックログ一覧より、コースを選択して長押しすると上記の画面が出ます。
これで、詳細設定(間引きなど)を選択して下さい。


地図ロイド11

そこで「地図に表示する時の設定」の項目で「間引きしない」を選択します。
「グラフに使う標高データ」もGPXファイルそのままでOKです。

地図ロイド21

GPXファイルを使わずに、国土地理院データを使うと正確に標高が表示されそうですが、例えば山頂がトンネルだったら本当にトンネルの上の山頂の標高が表示されるので、自転車には向いてないと思いますよ。




地図ロイド12

間引かない設定にしたら、今度は大和街道の上にちゃんとルートが乗っていますね。


さて、ブルベでは知らない土地や山奥に行く訳ですが、今走ってる現在地の住所ってほとんどの方は知らないでしょう。でも、例えばDNFや事故などで主催者に連絡を入れたり救急車などを呼ぶ時に説明しなきゃならない場面に遭遇する事もあるでしょう。

そこで便利なのが左上の3つ並んだボタンの一番下のビックリマークボタンを押して下さい。


地図ロイド13

何と、今の場所の正確な住所が表示されます。どこまで親切なアプリなんでしょう(笑)
その下のボタンを押すと、現在地の標高が表示されます。


地図ロイド14

この地点は標高153mというのが分かります。
ブルベ以外でも普段ロングライド中に道に迷った時は、この先の標高がどうなっているのか確認するのにも便利そうです。現在地だけでなく、地図上の任意の場所を選択してビックリマークを押せばその地点の情報がこれで得られます。これは本当に便利ものです。例えば町だと正確な住所は何となく分かるかも知れませんが、これが人里離れた山の中だったらどうでしょう。番地も付されていないような場所も沢山あります。


地図ロイド15

安心して下さい。下にスクロールするとちゃんと緯度経度情報が表示されます。
救急車呼ぶ時などで正確な場所を聞かれたら、

~~┗─y( ̄◇ ̄[]ゝ 「あー、北緯34度46分0秒7,東経136度7分53秒2の地点にいるよー」

なんてマニアックな受け答えも可能です(爆)


地図ロイド05

ストリートビューボタンを押すとこのような画面になるので、実際の場所の状況がひと目で分かります。まあ、もちろんストリートビューが対応している道路のみでしょうけどね。



地図ロイド16

雨雲情報のボタンを押せば、現在の雨雲の様子が表示されます。
上の画面では表示されてませんが・・・下のスクロールバーで現在から未来の予測を見ることが出来ます。


このアプリの本当に凄い所はキャッシュ機能だと思います。
ブルベではGPSは拾うけど、データ通信が圏外で受信出来ない場所は山奥だと結構あるのではないでしょうか。そもそもデータ通信ばかりしてたらバッテリーがいくらあっても足りません。このアプリはそんな悩みを解消すべく、オフラインでもキャッシュで保存した地図を読み込んで表示する機能があるのです。


地図ロイド34

作者のページによると外部ストレージに保存することを勧めていますのでその通りにします。


地図ロイド33

外部ストレージのパスはAndroid4.0と4.1では異なるので、自分の機種とバージョンを調べて正しいパスを入力して下さい。


地図ロイド20

キャッシュは読み込んだルートを開いて、ルートをなぞるように地図を表示させるだけで勝手にキャッシュを保存してくれます。


地図ロイド22

面倒な時はルートを再生ボタンってのがあるので、地図の描写が追いつく程度の速さで読み込んでやると全自動でキャッシュを取りこんでくれます。Wi-Fi環境でやることをお勧めしますよ。


地図ロイド23

上図はルートを自動で再生しながら地図を読み込ませているところ。
テレビでも観ながらアプリに仕事させましょう。


地図ロイド24

読み込んだ後はしっかりキャッシュとして読み込んでいるのが分かります。
上図は機内モードにして通信を遮断した状態でコースをなぞってみました。ちゃんと地図は表示されてますよね。例えばブルベで何かコース外れてるんとちゃうの?って思った時は、コースを読み込んで自分の位置をGPSで読み込ませたら一目瞭然でしょう。しかもデータ通信の電波が届かなくてもよいのが嬉しいです。


地図ロイド25

もちろん上図の画面上のように読み込んでいない場所は表示されませんよ。



地図ロイド30

キャッシュに関してはもう一つ注意点があります。
それは読み込んだズームレベルと同じレベルしか表示されないって事です。
なので、キャッシュの地図に関しては拡大や縮小は不可です。


地図ロイド31

ズームレベル19に拡大しても何も表示されません。
僕はズームレベル17でキャッシュ保存しています。これが万能な気がします。


さあ、いかがですか?このアプリがあれば簡易ナビとしても使えそうです
ルートラボのコースを読み込ませて、現在地を追尾してやれば見事にナビの代用に使えそうです。赤いルートの上をなぞるように走ればいいだけですからね。僕は基本的にGAMINのGPS機能を頼りにしているので心配はしてませんが、万が一データが壊れて読み込めなかったりした場合とか保険代わりになります。キューシートじゃなくGPS派の人には絶対にお勧めです。いや、キューシート派の人にも保険になるのでお勧めですよ。


地図ロイド08

右下の丸いアイコンで、ノースアップとヘディングアップの選択も可能です。


あと、コースの保存ですが「見るだけマイマップ」ってアプリが簡単で便利です。
広告ありの無料版と広告無しの有料版がありますが、安いので有料版をお勧めします。


地図ロイド26

「見るだけマイマップ」をインストールすると、上記赤枠で囲った項目が選択出来ます。
ようするにクラウドに保存するのですが、コースを呼び出す時は「見るだけマイマップ」を起動して選択するだけなので結構楽です。


 地図ロイド28

ねずみ色のフォルダはキャッシュが取り込めていない様子を表しています。

地図ロイドは奧が深くてまだまだ使いこなせるレベルまで達してません。しかし、多分使えば使うほど色々な発見がありそうです。これが無料ってのが信じられません。ただ、残念な事に地図ロイドはAndroid専用アプリです。iPhoneでは使えないのです。iPhoneの人はかなりガッカリではないでしょうか。


思えば、Androidを使ってて劣等感を感じる暗黒の時代もありましたが・・・


( ;´・ω・`)   ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )「Android??何それwww」



( ;´・ω・`)   (´0ノ`*)「ホッホッホ!iPhoneサイコーだわー」



しかし!!


ようやく、、、




ようやく、、、、、







ようやく、、、、、、 





Androidユーザーに春が来た!!
\(^o^)/





(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;) 「えーっ!あいぽんで地図ロイド使えないの???」


(*-∀-)ゞ 「へー。それは残念やなーw」




(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;) 「iPhoneアプリで似たようなものないのかしら?」


(*-∀-)ゞ 「はぁ?頑張って探せばーwww」 
 
↑こいつに権力持たせたら地球滅亡




いきなり大逆転!!もうそんな気分にさせてくれます。
まだまだ書きたい事はいっぱいあるのですが、かなり奥の深いアプリです。
ブルベに使うのに色々便利なアプリはありますが、これほど神懸かっているものはありません。
AndroidユーザーであればぶっちゃけGAMIN無くても、山旅ロガーというアプリと連携すればログも取れますし、本当に凄いアプリなのです。GAMINは買えないけどスマホはあるって方には是非お勧めしたいですね。

長くなりましたけど、どこかのブルベで皆様とお会いした時に、あのブログの記事を真似して使ってるよ~と声を掛けられると、ブロガー冥利に尽きるというか嬉しいかもです。

最後になりますが、Androidの機種によってはGPSを掴むのが弱い機種もあります。ちなみにL-05Dは掴みは良好だと思います。今後Androidを導入する方はこの辺りを下調べした方がいいでしょうね。ハイスペックの割に何故か人気のないLGエレクトロニクスのL-05Dですが、今流行のNexus5もLGエレクトロニクス製ですからね。正直、使ってみて何の不満もないですよ(笑)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに参加してます。気が向けばクリックもお願いします。