飲酒に対するハチミツの効果とマヌカハニーの肝機能改善作用

コサナでは「翌日の元気をサポート、夜のおつきあいの一本に、デザートだけど……お・さ・きにいただきます!」として『マヌカハニーとリンゴのデザート』という飲酒の前に摂取することで、二日酔いを防ぐことのできるゼリー状の機能性食品を開発しました。この機能性食品にはクルクミン、ウルソール酸、マヌカハニーが二日酔いを防ぐための機能性素材として含有されています。

 

アルコールに対して肝機能を保護し健康を維持する成分として、ウコンに含まれるクルクミンが有効であることはご存知の方も多いと思われますが、『マヌカハニーとリンゴのデザート』という製品名にもなっています、マヌカハニーやリンゴの皮に含まれるウルソール酸にもそのような効能があることはあまり知られていません。

 

そこで、今回は、オレンジハチミツとライチハチミツ含まれる果糖やブドウ糖に飲酒に対する効果と、ハチミツの中でもマヌカハニーが肝機能改善作用を有することを見出した3つの研究論文を紹介します。

 

先ずは、ナイジェリアのオレンジハチミツのアルコール代謝作用に関する報告です。

 

Effect of Nigerian citrus (Citrus sinensis Osbek) honey on ethanol metabolism

SAMJ, 94 (12), 984-986 (2004)

 

フルクトース(果糖)はNADH:NAD+の酸化還元反応に寄与して血中からアルコールを除去できることが判っています。(J Clin Invest 1965; 44: 817-830, Eur J Biochem 1976; 63: 449-458

 

2019031101

















しかし、フルクトース単独の摂取では、摂取した人の40-80%が吸収不良や何らかの胃腸症状を訴え、50g以上で、腹部の張りや下痢の症状があらわれます。(Alcohol, 1991; 26: 53-59)しかし、そういった症状を訴えた人がグルコース(ブドウ糖)やでんぷんを同時に摂取することでフルクトースは完全に吸収されるので、それらの症状は出なくなることが知られています。そのような知見をもとに、この論文では、フルクトースとグルコースが豊富なナイジェリアのオレンジハチミツを用いて飲酒した後にハチミツを摂取することで血中アルコール濃度がどのように変化するかを調べています。

 

被験者は25-35歳の男性25名と女性20名で、付き合いでお酒を飲む程度の人を選んでいます。朝7:00までに軽い朝食を摂ってもらい、その後、4時間絶食して、11:00に試験を開始しました。エタノールの3倍量のオレンジスカッシュ割り(25%エタノール)を5分で飲酒してもらっています。(エタノール 0.65mL/体重1kg当たり)これは、50㎏の人が焼酎(25%)を130mL飲むイメージです。そして、20分毎に5時間にわたって採血しました。そして、約1ヶ月後、ハチミツを摂取する試験を同手順で実施しました。飲酒後、男性は40分後、女性は30分後にハチミツを摂取(1.0 mL/体重1kg当たり)してもらいました。その結果、男性の場合、血中アルコール濃度の最大値はハチミツ摂取によって14%減少し、アルコール濃度がゼロに達する時間は5.3時間から2.9時間へと46%も減少しました。また女性の場合でも血中アルコール濃度の最大値はハチミツ摂取によって9%減少し、アルコール濃度がゼロに達する時間は4.7時間から2.2時間へと40%減少しました。

 

2019031102

















次に、アルコール摂取による運動量の低下をライチハチミツ摂取で改善できるという研究論文を紹介します。

 

Honey reduces blood alcohol concentration but not affects the level of serum MDA and GSH-Px activity in intoxicated male mice models,

Complementary and Alternative Medicine (2015) 15:225

 

この論文では、810週齢マウスを用いて、アルコールを経口投与した際に低下する自発的運動量(60分間)を測定しています。尚、自発的運動量の測定ボックスは市販されていて、赤外線ビームセンサーを搭載し、動物の軌跡や距離、速度が測定できるそうです。

 

運動量測定ボックスに入れて1時間馴化し(慣れさせて)、 ライチハチミツ(2.19g/体重1kg当たり)を経口摂取させて30分後、アルコール(0.1mL/10g体重当たり)投与し、 ボックスに戻して1時間後に測定しています。その結果、アルコールによる自発的運動量の低下は、飲酒前のライチハチミツの投与で顕著に抑えることができています。つまり、ライチハチミツを摂取していればアルコールを飲んでも、アルコールを飲んでいない時と同じくらいの運動量になることが判りました。これは、ハチミツがアルコール中毒症状を防ぐのに役立つことを示唆しています。

 

2019031103

















前述の論文と同様に、血中アルコール濃度に対するハチミツ摂取の影響を調べています。アルコールを投与して5分後、ライチハチミツを与え、その30分後に採血しアルコール濃度をヘッドスペース-GC測定しています。その結果、アルコールを投与したマウスの血中アルコール濃度が4.99/mLに対して、ライチハチミツを摂取すると3.19/mL36%低下することが明かとなりました。この結果は前述のヒトの試験と同様でした。

 

2019031104

















アルコール摂取による自発的運動量の低下がハチミツで抑えられた理由としてハチミツの抗酸化作用が考えられます。そこで、ハチミツの酸化ストレスに対する影響を検討しています。マウスにアルコールを投与して5分後、ライチハチミツを与えました。このアルコール・ハチミツ投与を3日連続実施した後、採血してマロンジアルデヒド(MDA)とグルタチオンペルオキシド(GPx)を測定しています。尚、MDAは脂質が活性酸素によって酸化された過酸化脂質量を評価するためのバイオマーカーで過酸化脂質の二次生成物です。活性酸素が多いとMDAは高い値を示します。そして、GPxグルタチオンを補酵素として利用し、細胞内の様々なヒドロペルオキシドを消去する主要な抗酸化酵素です。GPx値が低いと活性酸素による障害を受けやすくなります。MDAGPx の測定結果、残念ながらライチハチミツ摂取によって酸化ストレスを低減することはできないことが判りました。この結果より、著者らはライチハチミツに含まれる抗酸化物質ではなく、フルクトースやグルコースがエタノールの吸収を抑え、エタノールの排泄を促すのではないかと結論付けています。

 

2019031105

















最後に、ラットのエタノール誘発性胃潰瘍に対するマヌカハニーの胃の保護作用に関する論文を紹介します。この論文では、マヌカハニーの抗酸化作用と抗炎症作用について注目し、酸化ストレスマーカーと炎症性サイトカイン産生応答の観点から胃潰瘍に対する保護機構を解明しています。

 

Antioxidant, Anti-inflammatory, and Antiulcer Potential of Manuka Honey against Gastric Ulcer in Rats

 Oxidative Medicine and Cellular Longevity, 2016 (ID  3643824)

 

ラット(24匹)をコントロール群、エタノール群(エタノールを経口投与し潰瘍誘発)、 オメプラゾール群(オメプラゾールを7日間投与後、エタノール投与)、マヌカハニー群( マヌカハニーを7日間投与後、エタノール投与)の6匹ずつ4群で検討しています。

 

潰瘍指数において、マヌカハニー群は医薬品の抗潰瘍剤であるオメプラゾール群と同様の数値を示し、エタノールによって誘発される潰瘍を顕著に抑制することが判明しました。

 

2019031106

















NOは上皮細胞や血管内皮細胞などで産生されます。エタノールによる胃粘膜損傷時に産生されたNOは粘膜保護および損傷部の修復に寄与しています。マヌカハニーはエタノールによるNO量の減少を抑制することが判りました。

 

2019031107

















抗酸化酵素に対するマヌカハニーの影響が検討されています。ここで、検討された抗酸化酵素はグルタチオンペルオキシターゼ(GPx)、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、そして、カタラーゼ(CAT)です。何れの酵素に対してもマヌカハニーはオメプラゾールに匹敵する効果を示すことが判りました。

 

2019031108

















尚、これらの抗酸化酵素は何れもアルコールの摂取によって減少するとDNAやタンパクが活性酸素の損傷を受ける頻度が高まります。大変興味深いことに、前述のライチハチミツ摂取の場合は図5を確認いただきたいのですが、抗酸化酵素への影響はありませんでしたが、マヌカハニー摂取の場合はアルコールによる抗酸化酵素の減少を抑制できることが判りました。

 

エタノール摂取による抗酸化物質であるグルタチオンの生体内量の低下もマヌカハニーは抑制できています。

 

2019031109

















また、前述しましたが、脂質が活性酸素によって酸化された過酸化脂質量の評価に利用されているマロンジアルデヒド(MDA)もマヌカハニー摂取によって抑制できています。この抑制作用も、ライチハチミツ摂取では観られず、マヌカハニーの抗酸化作用によるものであり、大変興味深い結果です。

 

2019031110

















さらに、マヌカハニーには抗酸化作用とともに抗炎症作用が知られていますので、マヌカハニー摂取による体内の炎症性サイトカインへの影響を調べています。その結果、図11に示しますように、マヌカハニーにはオメプラゾールと同様の抗炎症作用のあることが明かとなっています。

2019031111

















以上、飲酒に対するオレンジハチミツ、ライチハチミツ、そして、マヌカハニー摂取の効果を三つの論文で確認していただきました。まとめますと、血中アルコール濃度を減少させて悪酔いをしないためにはフルクトースとグルコースを含有するすべてのハチミツに効果がありますが、飲酒による胃潰瘍を予防するためにはハチミツの中でもマヌカハニーを摂取する必要のあることが判りました。


大麦若葉の効能(その4.短鎖脂肪酸産生と糖代謝を促進するプレボテラ菌増殖作用)

朝の一杯目は『マヌカハニー青汁』に砂糖と牛乳を入れた青汁ミルクにしてみませんか?ホットでもコールドでも抹茶ミルクのように美味しくいただけます。そして、健康的です!

 

このシリーズは、『大麦若葉の効能』とのタイトルで、『マヌカハニー青汁』の青汁原料である大麦若葉の効能を紹介しています。

 

(その1.)では、大麦若葉に含まれる生理活性物質の中でも特異で顕著な抗酸化作用を有する物質である2-O-グリコシルイソビテキシン(GIV)について紹介し、(その2)では、もう一つの大麦若葉に含まれる特異な生理活性物質で成長ホルモン生成促進作用のあるビタミンEの誘導体について紹介しました。さらに、(その3)では、大麦若葉の便秘改善効果に関する検討について紹介しました。今回は、ラットを用いた大麦若葉の検討ですが、最近、図1に示すようなさまざまな健康増進作用で注目されている短鎖脂肪酸の生産量の増加と腸内環境改善に関する検討です。

 

2019022201
















東京家政学院大学の海野らのグループによる2016年の下記論文を紹介します。

 

『ラットの腸内細菌叢と盲腸内容物短鎖脂肪酸含量に及ぼす大麦若葉搾汁末の影響』

Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi, 63(11), 510-515 (2016)

 

雄ラット(n=26)を1週間予備飼育した後、①Control群(n=8)、 ②大麦若葉搾汁末(100 g当たり水溶性食物繊維1.8 g,不溶性食物繊維2.7 g含有)を2%与えた群を2%大麦若葉群(2YBL群)(n=9)、③10%与えた群を10%大麦若葉群(10YBL群)(n=9)に群分けし、4週間、飼料と水は自由摂取として飼育しています。そして、飼育4週目に糞を回収し、盲腸内容物中の短鎖脂肪酸と腸内細菌叢の解析を行っています。

 

その結果、10%YBL群ではControl群と比較して酢酸、プロピオン酸、酪酸のいずれも高い値を示しています。大麦若葉に含まれる水溶性食物繊維が短鎖脂肪酸産生に利用されたと考えられます。

 

2019022202
















腸内細菌叢の解析による各種細菌の占有率をみると、明らかに日和見菌として知られるプレボテラ菌の占有率が大きく高まっていることが判ります。

 

2019022203
















このように、プレボテラ菌については大麦若葉搾汁末の配合量依存的な増加を示しています。

 

尚、Kovatcheva-Datchary らの研究では,健常人を対象に食物繊維を多く含む大麦を用いたパンを摂取してもらい、その後に糖負荷試験を行っています。その結果、血糖上昇が抑制された被験者群の糞便中ではプレボテラ菌が増加していることを明らかにしています。プレボテラ菌が糖代謝に関与していると考えられており、プレボテラ菌の占有率を高めることで糖代謝が改善される可能性があります。

 

以上、大麦若葉には短鎖脂肪産生作用と糖代謝を改善するプレボテラ菌の増加作用のあることが明らかとなっています。


大麦若葉の効能(その3.便秘改善効果)

朝の一杯目は『マヌカハニー青汁』に砂糖と牛乳を入れた青汁ミルクにしてみませんか?ホットでもコールドでも抹茶ミルクのように美味しくいただけます。そして、健康的です!

 

このシリーズは、『大麦若葉の効能』とのタイトルで、『マヌカハニー青汁』の青汁原料である大麦若葉の効能を紹介しています。

 

(その1.)では、大麦若葉に含まれる生理活性物質の中でも特異で顕著な抗酸化作用を有する物質である2-O-グリコシルイソビテキシン(GIV)について紹介し、(その2)では、もう一つの大麦若葉に含まれる特異な生理活性物質で成長ホルモン生成促進作用のあるビタミンEの誘導体について紹介しました。今回は、2004年に福岡女子大学の池口らのグループが日本食物繊維学会誌に投稿された論文で、大麦若葉の便秘改善効果に関する検討について紹介します。

 

『大麦若葉末を摂取した健常成人女性の糞便湿重量および糞便内細菌叢への影響』

日本食物繊維学会誌Vol. 8, No.2, 93~1003 (2004)

 

対象者は福岡女子大学に在籍する成人女性の健常者8名です。そして、その8名の内、便秘者(1週間当たりの排便回数が02)は1名、便秘傾向者(1週間当たりの排便回数が34回)は2名、排便回数が少ない者(1週間当たりの排便回数が56回)は2名、排便回数が普通・多い者(1週間当たりの排便回数が7回以上)は3名です。

 

対照食品はマルトデキストリン100%で食物繊維を含まない食品で、試験食品は大麦若葉の食物繊維が100g中に24.1g含む顆粒で、1包は3.0gです。そして、試験は摂取量を変えて2回行っています。

試験①       試験食品は1日あたり3包摂取(大麦若葉末6.0g,食物繊維2.2g
試験②       試験食品は1日当たり5包摂取(大麦若葉末10.0g,食物繊維3.6g)

 

そして、試験①も試験②も対象者8名を4名ずつ2郡に分けて、クロスオーバー試験で行っており、対象食品からの群と試験食品からの群は前観察期間7日間、第1摂取期間7日間、休止期間7日間を経た後、第2摂取期間は対象食品と試験食品を換えて摂取しています。

2019021401














では、まず、試験①における糞便湿重量の変化です。対照食品摂取期間と比較して試験食品摂取期間に糞便湿重量が10%以上増加した対象者は8名中3名いました。そして、便秘者の糞便湿重量の増加は顕著であり、3.5(365.6%)以上でした。

 

2019021402
















試験②では8名すべての対象者における糞便湿重量は10%以上の増加が認められ、そのうち3名は50%以上増加しました。便秘傾向者でも糞便湿重量の増加は70%以上で、便秘者は3(296.8%)程度の増加が認められました。試験②では糞便湿重量が変わらなかった便秘傾向者も試験②では114.4%の増加が認められました。

 

2019021403
















このように大麦若葉には便秘者においては摂取量が少なくても便通改善作用のあることが明らかとなりました。

 

この論文では、さらに、糞便内細菌叢に及ぼす影響も検討しています。

 

各糞便内細菌の菌数に大きな変化はありませんでしたが、大変興味深いことに、対照食品と比較して試験食品を摂取することで悪玉菌のLecithinase(+)Clostridiumの検出率はは63%から38%に、そして、同じく悪玉菌のLecithinase(-)Clostridiumの検出率は100%から88%へと減少しました。総数で有意差がなかった理由としては、大麦若葉は腸内細菌叢に利用されにくく腸内での発酵を受けないものと考えられます。一方で、大麦若葉の便通改善作用は大麦若葉に含まれる不溶性食物繊維の腸管内での物理的作用に起因すると推測されます。

 

このように、『マヌカハニー青汁』は、マヌカハニーαオリゴ糖粉末(MAP)と大麦若葉が配合されていますが、MAPによる善玉菌であるビフィズス菌と乳酸菌、および、最近注目されてきているヤセ菌のバクテロイデス菌の増加作用、さらには、大麦若葉による悪玉菌の減少作用による腸内環境改善効果が期待できますが、同時に、大麦若葉の不溶性食物繊維による便秘改善効果も期待できるという素晴らしい青汁なのです。


プロフィール

cyclochem02

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ