マヌカハニー

胃潰瘍に対するマヌカハニーの効果

マヌカハニーの愛飲者の中には、マヌカハニーに胃潰瘍や胃がんを防止する効果のあること、そして、その予防効果は抗菌物質である食物メチルグリオキサール(MGO)が胃に棲み付いているヘリコバクター・ピロリ菌の活動に影響を与えているためと思われていた方は多いのではないでしょうか?

 

実は、マヌカハニーの胃潰瘍に対する効果はMGOの抗菌活性によるものだけではなかったのです。そのことを立証した論文が2016年と2017年に報告されています。2016年の論文はラットを用いたエタノール誘発性胃潰瘍に対する効果の検証であり、2017年の論文は酢酸誘発性胃潰瘍に対する効果の検証です。どちらの胃潰瘍に対してもマヌカハニーは医薬品の抗潰瘍剤と同等の抗胃潰瘍活性を示しておりますので、ここでは、その一つである大量飲酒などが原因で発症するエタノール誘発性胃潰瘍に対する検討内容について紹介しておきます。尚、この論文はサウジアラビアの研究グループの報告です。(Antioxidant, Anti-inflammatory, and Antiulcer Potential of Manuka Honey against Gastric Ulcer in Rats, Oxidative Medicine and Cellular Longevity, 2016 (ID  3643824)

 

胃潰瘍とは胃の中の胃酸やペプシンなど胃液成分によって胃壁が障害され欠損した病態をいいます。胃潰瘍の原因には胃液成分とともに、ピロリ菌感染、ストレス、喫煙、大量飲酒、暴飲暴食や、薬剤性潰瘍をはじめ多様な因子があります。

 

エタノール誘発性胃潰瘍のモデルラットは、多くの新規治療薬や天然物の胃保護活性の評価に用いられています。

 

エタノールは胃壁に炎症を起こし、続いて、細胞成分の核酸、脂質およびタンパク質が活性酸素種(ROS)によって酸化を受けることが知られています。さらには、エタノールは胃粘膜において炎症性サイトカインのバランスの変化を引き起こすことが報告されています。

 

 一方、マヌカハニーは他の蜂蜜と比較して、強力なROS捕捉活性として同定されているフェノールおよびフラボノイド化合物を最も多く含んでいることが知られています。

2017121201

















そこで、この研究では、ラットのエタノール誘発性胃潰瘍に対するマヌカハニーの胃保護効果を調べることを目的としています。 さらに、酸化ストレスマーカーと炎症性サイトカイン産生応答の観点から機構も解明しています。

 

体重220250g6週齢、雄アルビノラット(24匹)をコントロール群、エタノール群(エタノールを経口投与(1mL/200 g body weight)し潰瘍誘発)、 オメプラゾール群(オメプラゾールを(40 mg/kg body weight)を7日間投与後、エタノール投与)、マヌカハニー群( マヌカハニーを(2.5 g/kg body weight)を7日間投与後、エタノール投与)の4群に分け個々のケージに収容しています。温度25、相対湿度6070%の12時間の明/暗サイクル下、食べ物と水は自由に与えています。尚、オメプラゾールとは、プロトンポンプ阻害薬に属する胃酸抑制薬の一つです。また、エタノール投与とは、36時間絶食後にエタノールの経口投与により潰瘍を誘発させています。

 

では、潰瘍指数の評価結果です。

 

 評価方法は、各病変の長さ(mm)を測定し点数付けしています。その点数は、潰瘍なし(0)、小潰瘍(12mm)(1)、中潰瘍(34mm)(2)、大潰瘍(56mm) (4)、巨大な潰瘍(> 6mm)(8)とし、 潰瘍指数は、点数を動物数で割って決定しました。その結果、マヌカハニーを前処理することでオメプラゾールと同等に潰瘍指数は顕著に減少することが判りました。つまり、マヌカハニーを毎日食べる習慣が胃潰瘍予防につながることが示唆されました。

2017121202




















次に、酸化ストレスの評価検討です。一つ目はNO(一酸化窒素)量の変化を調べています。

 

 胃においてNOは上皮細胞や血管内皮細胞などに存在するNO合成酵素によって産生され、胃粘膜血流、酸分泌、粘液分泌など多様な生理活性に関与していることが知られています。そして、エタノール誘発性胃潰瘍は、通常NO経路の調節に関連しています。エタノールによる胃粘膜損傷時に産生されたNOは粘膜保護および損傷部の修復に寄与していると考えられています。この検討結果、マヌカハニーはエタノールによるNO量の減少を抑制することが分かりました。

2017121203

















二つ目の酸化ストレスの評価検討です。生体内抗酸化酵素への影響を調べています。

 

 グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、カタラーゼ(CAT)などの生体内抗酸化酵素は潰瘍によって引き起こされる酸化的損傷に対する防御作用を持っています。オメプラゾール群とマヌカハニー群では、CATには影響しませんでしたが、GPxSOD活性が有意に増加しています。

2017121204















三つ目の酸化ストレスの評価検討です。生体内抗酸化物質であるグルタチオン(GSH)への影響を調べています。

 

 GSH は生体内抗酸化物質の一つでH2O2を除去する抗酸化能やNO合成に関わることが知られています。胃粘膜においてGSHは胃粘膜障害に対する保護因子分子として働きます。マヌカハニーとオメプラゾールは、エタノールによるGSHの減少を抑えることが分かりました。

2017121205

















四つ目の酸化ストレスの評価検討です。過酸化脂質量の変化を調べています。

 

 脂質が活性酸素種(ROS)によって酸化された過酸化脂質量を、過酸化脂質の二次生成物であるマロンジアルデヒド(MDA)で評価しています。エタノールではMDA量の有意な増加を引き起こしましたが、オメプラゾールとマヌカハニーではその増加を有意に抑えています。

2017121206

















最後に炎症性サイトカインへの影響を検討しています。

 

 エタノール処理すると、炎症性サイトカインであるTNF-α、IL-1β、IL-6は何れも増加しましたが、オメプラゾール群とマヌカハニー群では、その増加を有意に抑えられています。

2017121207
















以上のように、マヌカハニーは、活性酸素種(ROS)による細胞の損傷を防ぐ生体内抗酸化酵素であるGPxSOD、そして、生体内抗酸化物質であるGSHNOの減少を抑制し、脂質過酸化(MDA)を阻害することで、粘液糖たんぱく質を保護し、炎症性サイトカイン(TNF-α、IL -1β、およびIL-6)の形成を阻害することで、エタノール誘導胃潰瘍を防ぐことが示されています。

 

これらのマヌカハニーの抗酸化作用は、マヌカハニーに特有の抗酸化物質であるシリング酸メチルをはじめ、ポリフェノールやフラボノイドに起因すると考えられます。マヌカハニーのこのような抗酸化活性によって、ROS消去、抗酸化物質の増加、および脂質過酸化の減少が関与し、炎症が抑えられ、胃潰瘍を防ぐことができるものと思われます。




眼瞼炎に対するマヌカハニーとMAPの効果

眼瞼(がんけん)炎とは瞼の辺縁で起こる炎症で、瞼の皮膚に起こる「眼瞼皮膚炎」、目尻に起こることが多い「眼角眼瞼炎」、睫毛の付け根あたりに起こる「眼瞼縁炎」の総称です。その原因は非感染性の薬品や化粧品に対するかぶれやアレルギーで起こる場合と細菌やウイルスに感染して起こる場合があります。主な原因菌としては黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、緑膿菌などがあげられ、異常に繁殖して炎症を引き起こすことが知られています。2017102501















 治療薬にはタリビットなどの合成抗菌剤やステロイド系薬剤を含有する眼軟膏がありますが長期投与による薬物耐性や副作用のリスクを伴います。そこで、抗炎症・抗菌効果の優れたマヌカハニー、及び、そのマヌカハニーをαオリゴ糖で粉末化したマヌカハニーαオリゴ糖パウダー(MAP)を用いた眼軟膏・薬用アイクリームの研究開発が行なわれ、2016年から2017年に二つの研究報告がありました。MAPの検討理由には、これまでの研究報告からピロリ菌やアクネ菌など様々な病原細菌に対してMAPの方がマヌカハニー単独よりも抗菌活性の高い場合が多いためです。

2017102502


















2017102503


















その一つ目の研究報告はニュージーランドオークランド大学のCraigらによってBMJ Open Ophthalmologyに投稿され2016年に発表されたタイトルが『Preclinical development of MGO Manuka Honey microemulsion for blepharitis management』という論文です。(Craig JP, et al. BMJ Open Ophth 2016;1:e000065. doi:10.1136/bmjophth-2016-000065

 

この論文では眼瞼炎を引き起こす細菌に対するMAPとマヌカハニー単独の効果の評価と眼周囲への投与を目的に作製されたマヌカハニーマイクロエマルジョン(MHME)の角膜上皮細胞生存率およびウサギ眼耐性の評価が報告されています。

 

眼瞼(がんけん)炎の原因菌に対するMAPとマヌカハニー単独の効果を検証したところ、MAPは、MIC(最小阻止濃度)評価によって、グラム陰性菌の緑膿菌に対する抗菌効果はマヌカハニー単独と同等でしたが、黄色ブドウ球菌および表皮ブドウ球菌に対してはマヌカハニー単独より大きな阻害および殺菌作用を示していました。また、MBC(最小殺菌濃度)評価においては、今回の試験濃度では、マヌカハニー単独では殺菌作用を示さず、MAPはグラム陽性菌の黄色ブドウ球菌と表皮ブドウ球菌に対しての殺菌作用はありましたが、グラム陰性菌の緑膿菌に対して殺菌作用を示さなかった結果となりました。

2017102504


















二つ目の研究報告は同じくCraigらの検討で、同じジャーナルに2017年に投稿され受理されたもので、タイトルは『Randomised masked trial of the clinical safety and tolerability of MGO Manuka Honey eye cream for the management of blepharitis』で、MHMEを用いたアイクリームのヒト臨床試験によってその安全性の高いことが示されています。

 

以上のように、MAPはマヌカハニー単独に比べ、様々な病原細菌に対して、抗菌効果が優れており、一方で、人に対する安全性も高いすばらしい素材であることが判ってきました。

 

なお、この論文はシクロケムバイオの雑誌会でSTさんが報告してくれたものです。STさん、ありがとうございました。


プロポリスを超えられるのはマヌカハニーだけではない?

 2017年1月の『健康まめ知識』で「マヌカハニーはプロポリスを超えられる?」というタイトルでニュージーランド学会での発表要旨を紹介しました。プロポリスとマヌカハニーやマヌカハニーのαオリゴ糖粉末(MAP)の抗がん活性を比較し、乳がんや大腸腺がんにおいてマヌカハニーの方がプロポリスよりも勝っているので、味覚でも勝っているマヌカハニーはプロポリスの市場を越える可能性があるのでは、といった内容でした。

 

http://blog.livedoor.jp/cyclochem02/archives/49389412.html

 

この学会発表は未だに論文化されていないのですが、そのような中、マレーシアの研究グループがマレーシアで採れるトアランハニー(TH)とマヌカハニー(MH)の乳がんに対する抗がん活性を評価した学術論文が発表されました。(Hindawi Evidence-Based Complementary and Alternative medicine Volume 2017, Article ID 5904361, 15 pages

 

乳がんは肺がんに次いで2番目に多いがんにされていますが、マレーシアでは年齢調整罹患率において乳がんがトップになっていることから、ハチミツの効果効能を調べたようです。

 

THはマレーシア熱帯雨林のトアランの木に巣を作るオオミツバチによって作られるマルチフローラルジャングルハニーです。

 

では、まず、検討方法です。40日齢のSDラットの雌に発がん物質である1-methyl-1-nitrosourea80mg/kgを腹腔内投与し、10匹ずつ、4グループに分けて育てました。4グループとは、ネガティブコントロール群(発がん物質もハチミツも投与していない群)、ポジティブコントロール群(発がん物質だけを投与した群)、TH投与群(発がん物質とTHを投与した群)、MH投与群(発がん物質とMHを投与した群)です。

 

そして、触診可能な腫瘍が1012mmに達したところで1.0g/kgbw/日のハチミツを投与しました。期間は120日です。

 

その結果、図1に示すように、腫瘍サイズはポジティブコントロールで増加し、TH投与でもMH投与でも減少は確認されました。そして、THでより強い減少が観られました。

 
2017092901














 
 ここでは一見THの方が抗腫瘍効果は高いように思われます。しかし、別の考察があります。ハチミツには成長促進作用があり、16週間後のハチミツを摂取していないポジティブコントロールに比べ、ハチミツ投与群(TH投与群とMH投与群)は明らかな体重増加が確認できます。そして、その体重変化率はMH投与群で最も大きいこと、つまり、成長促進作用の強いことが分かりました。
 そこで、16週目の体重から腫瘍体重を差し引いた実体重の変化率を調べたところ、TH投与群とMH投与群のどちらもポジティブコントロール群に比べ変化率は大きかったのですが、やはり、MHでより強い効果が観られました。
2017092902















この結果からMHTHには腫瘍サイズの増加を抑制する効果があると同時に、腫瘍があるものの成長促進効果があり、それはMHでより顕著であることが判ります。

 

さらに、この論文ではアポトーシス促進性タンパク質と抗アポトーシスタンパク質を評価しています。

 

アポトーシスというのは生物を構成する細胞が自分の役目を終え、不要になったときに自ら死ぬ(自殺)細胞死のことをいいます。つまり、アポトーシス促進性タンパク質とは、がん細胞の細胞死を促進するタンパク質であり、抗アポトーシスタンパク質とはがん細胞の細胞死を抑える役目をするタンパク質です。

 

 まず、アポトーシス促進性タンパク質のApaf-1は内在性アポトーシス経路ではたらく因子ですが、Apaf-1はポジティブコントロール群に比べ、ハチミツ投与群の増加することが確かめられています。同様に、INF-γは免疫強化因子であり、内在性アポトーシス経路を活性化しますが、INF-γもポジティブコントロール群に比べ、ハチミツ投与群で増加しています。
2017092903















一方、抗アポトーシスタンパク質であるTNF-αは単球で生成され、腫瘍グレードの上昇や転移性行動に関係する因子ですが、TNF-αはポジティブコントロール群に比べ、ハチミツ群で減少することが確かめられています。同様に、エストラジオールは乳がん患者の血清中量が高いことが知られており、直接的に遺伝子発現を調節することで、アポトーシスを抑制しますが、エストラジオールもポジティブコントロール群に比べ、ハチミツ投与群で減少しています。

 

 以上のことから、この論文でハチミツのTHMHはともにがん細胞の細胞死を促進させることが明らかとしています。

2017092904















 

 なお、この論文はシクロケムバイオの雑誌会でAMさんが報告してくれたものです。AMさん、ありがとうございました。




















マヌカハニーでピロリ菌を退治できる理由

この『健康まめ知識』では昨年の9月、「マヌカハニーのMGOはどのようにして悪玉菌を殺すのか?」というタイトルでMGOの抗菌メカニズムを説明しています。

 

http://blog.livedoor.jp/cyclochem02/archives/48492358.html

 

そこでは運動性や走化性に関与する鞭毛や線毛はタンパクで作られているので鞭毛や線毛にMGOがくっ付くこと(糖化すること)で動きを止めるのがMGOの働きであると述べました。ピロリ菌にも立派な鞭毛があることは皆さんご存知だと思うのですが、ピロリ菌は他の悪玉菌と異なり、胃粘膜に定着しているため、ピロリ菌は鞭毛に対するMGOの攻撃を防御できる環境にあります。

 

では、なぜ、マヌカハニーはピロリ菌を退治できるのでしょうか?

 

マヌカハニーの抗菌成分がMGOであることを発見したドレスデン工科大学のトーマス・ヘンレ教授は、今回、ピロリ菌が胃酸から身を守るために分泌しているウレアーゼ酵素の働きをMGODHAが抑制することでマヌカハニーがピロリ菌を退治していることを明らかとしました。

 

Manuka honey (Leptospermum scoparium) inhibits jack bean urease activity due to methylglyoxal and dihydroxyacetone

J. Rueckriemen, O. Klemm, T. Henle, Food Chemistry 230, 540-546(2017)

 

この論文の内容に入る前にウレアーゼとピロリ菌について簡単に説明しておきます。

 

ウレアーゼは尿素を加水分解により二酸化炭素とアンモニアに分解する酵素で、この酵素反応の反応式は以下のようになります。

 

(NH2)2CO + H2O CO2 + 2 NH3

 

胃の内部は胃液に含まれる塩酸によって強酸性であるため、従来は細菌が生息できない環境だと考えられていました。しかし、ヘリコバクター・ピロリはウレアーゼを産生しており、この酵素で胃粘液中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、生じたアンモニアで、局所的に胃酸を中和することによって胃へ定着(感染)していることが分かりました。この菌の発見により動物の胃に適応して生息する細菌が存在することが明らかにされたのです。

 

ではこの研究の紹介です。まず、ヘンレはウレアーゼ活性を調べる方法としてニンヒドリンという物質を用いて光学的手法によるアンモニア検出法を開発しています。

 

そのアンモニア検出法を用いてMGODHAを含まないハチミツとMGODHAの含有量の異なるマヌカハニーのウレアーゼ阻害活性を調べています。

 2017050901















結果、マヌカハニー中のMGODHAがウレアーゼの阻害剤であることが明らかとなりました。

 

マヌカハニー以外のハチミツにもフェノール類などのウレアーゼ阻害能を示す成分が含まれていると考えられます。特に、ハニーデューハチミツ(図のAの黒色カラム)にはそのような成分が豊富だと思われます。しかしながら、マヌカハニーと比較するとウレアーゼ阻害能は低いことも分かりました。

 

マヌカハニー同士で比較すると、MGOレベルが最も高いマヌカハニー3よりもDHAレベルの高いマヌカハニー4の方がウレアーゼ活性阻害効果の高いことが分かりました。このようにMGOだけでなくDHAにも阻害効果があることが示されています。

 2017050902















今回の結果はなた豆由来のウレアーゼなのでモデル実験ではありますが、マヌカハニーの抗菌活性をより理解する上での有用な知見だと考えられます。

 

尚、この健康まめ知識の内容はシクロケムバイオの雑誌会でYIさんに報告していただいたものです。YIさん、ありがとうございました。

マヌカハニーのUMFとMGOの違い

 マヌカハニーのUMFMGOの違いの質問をよく受けます。これまでにもブログや講演会、様々なところで、その違いを説明してきましたが、再度、この『健康まめ知識』で説明させていただきます。ただ、MGOマヌカハニーもUMFマヌカハニーもニュージーランドを原産国とするマヌカハニーとしては同じものであり、抗菌成分の分析方法が違っているだけであることはご理解いただいているものとして説明いたします。

 

UMFはユニーク・マヌカ・ファクター(Unique Manuka Factor)の略です。マヌカハニー研究の世界的権威であるニュージーランドのピーター・モラン博士はマヌカハニーが特有の抗菌活性を持ち健康増進効果を示すハチミツであることを発見していたのですが、当時、その抗菌活性成分がいったいどういったものであるか、当時はまったく判っていませんでした。そこで、フェノール水溶液の各フェノール濃度の抗菌力に合わせた数字を抗菌活性力の指標として確立し、そのレベルをUMFとし、抗菌物質であるメチルグリオキサール(MGO)が発見されるまで広く使われてきました。

 

ユニーク(Unique)という言葉の意味は、「ただ1つの」とか「特別」の意味です。ただ、現代では「変わっている」「独特」「面白い」というニュアンスで使う言葉でもあります。ピーター・モラン博士は“特別のハチミツ”であることを強調したかったのだと思われます。

 

ただ、正確に表現するならユニーク(Unique)ではなく未確認(Unidentified)という言葉を使うべきだと思われます。あの未確認飛行物体(UFOUnidentified flying object)と同じように当時はマヌカハニーの抗菌成分が特定できない未確認の物質だったからです。

 

そのような理由から、マヌカハニーに関する私の講演やセミナーではUMFのことを未確認マヌカファクターと呼ばせていただいております。マヌカハニーに含有する抗菌成分のMGOはニュージーランドではなく、ドイツのドレスデン工科大学のトーマス・ヘンレ博士によって発見されました。この発見によって抗菌成分がMGOであることが判りましたので、フェノール水溶液濃度を指標とする曖昧な評価法を使用する必要なくなりました。

 

では、なぜ、MGOがこれまで判らなかったのでしょうか?

 

MGOは水溶液中では分子単体で存在していなく、MGO分子同士、あるいは、タンパク質、アミノ酸、糖質と結合した状態で存在しているからです。しかし、その結合はゆるいのでMGOが消失したわけではありません。そこで、MGOの分子同士やタンパク質などよりも強固な結合を形成する分子を用いてそれがMGOであったことを証明したのでした。

 2017041001















MGOUMFの違いをご理解できたでしょうか?

 

では、ヘンレ博士がMGO発見後のモラン博士との関係です。モラン博士はヘンレ博士の発見を称え、MGO分析法をモラン博士自身も使用するような親友関係を築いたのでした。

 2017041002















彼らのマヌカハニーの抗菌活性の発見とマヌカハニーの抗菌物質MGOの発見から3年後、日本の私の研究チームは『マヌカハニーとαオリゴ糖による相乗的な抗菌活性の向上』を発見し、マヌカハニーをマヌカαオリゴパウダー(MAP)とすることで健康増進効果が飛躍的に高まることが明らかとなってきました。そのような3つの発見が理由で、20162月にモラン博士、ヘンレ博士、テラオ博士(私のこと)の3人の対談が決定しました。

 2017041003















 しかし、残念ながら、その対談予定日の前にモラン博士は亡くなり、この対談は成立しなかったのでした。モラン博士のご冥福をお祈りいたします。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ