January 28, 2007

リバウンド王2

ゲームの流れを大きく左右する大事な節目それは…

・アプローチを1パット圏内にしっかり寄せること。

・返しのパット(1m以内)を確実に沈めること。

 

この2点にかかっております。逆にこの2点のことを疎かにしてしまうと流れを悪くしてしまうことは明白です。

 

この2点に共通して言えることは積極的に攻めに行った結果、失敗してしまいました。それでも、「そのあとのフォローがきちんとできたかがポイントとなりますよ」と言うことです。

 

失敗したこと自体はそれほど大きな問題ではありません。むしろゴルフにおいては失敗は日常茶飯事のことです。

 

失敗にいちいちくよくよしたり、いらいらしていたのでは身が持ちません。むしろその後を真面目に集中して処理できたか?が次の流れを作り出す役割りをはたすのです。

 

例えば5mのバーディーパットを外して50cmの返しのパットが残ったとします。しかし、これを「あーあーPARかよ…」と思いながらパットしてしまうとそれすら外してPARを取りこぼしてしまうことは珍しいことではありません。

 

ゴルフの神様は「PARかよ…」なんて思いながらプレーする人には簡単にPARすら与えてくれないのです。

 

バスケで言えばシュートが外れて「しまった…」と思い集中力を無くしリバウンドを取ることを疎かにしてしまう人はすぐに相手にボールを奪われることになってしまいます。

 

距離のあるセカンドショットが見事に決まりパーオンする…。

5m以上のバーディーパットが決まる…。

 

それは理想的な展開かも知れませんがアマチュアゴルファーにとってそれは稀な方ではないでしょうか?

 

実際にはセカンドショットがグリーンを外したり、5mのバーディーパットを外すことの方がはるかに多い出来事、確率が高い出来事なのです。

 

そのことを前提として腐らずに集中してきちんと仕事を果たすこと…。そうしていればまたチャンスは廻ってくるものです。

 

バスケにおいてリバウンドを取ることはダンクシュートなどを決める派手なパフォーマンスとは対極する地味なことかもしれません。

 

しかし、「桜木花道」はリバウンドをことごとく取り続けることで絶望的なゲーム展開でも流れを変えて逆転に結びつけました。

 

あなたも派手で理想的なゲーム展開を望むよりもまずは「リバウンド王」を目指してみましょう。

 

真に強いゴルファーは地味なことをこなし続けれる人なのではないでしょうか?

 


スラムダンク (31)

バスケも面白い!→人気blogランキングへ

 

  

Posted by cyclops51 at 23:09Comments(0)

January 23, 2007

リバウンド王1

「スラムダンク」と言う漫画をご存知でしょうか?昔、週間少年ジャンプで連載していた大ヒットしたバスケット漫画です。

 

スラムダンクの主人公「桜木花道」がバスケットを通じて成長していく物語は、エキサイティングで面白く、また他のスポーツや人生においてもとても参考になる本です。

 

見たことが無い人は、是非見てほしいと思います。私の中では家宝クラス本だと思います。

 

この主人公「桜木花道」はバスケは、初心者なのですが身体能力は、以上に高く特にジャンプする高さが際立っています。

 

 

「花道」のジャンプの高さを生かした「リバウンド」を取る行為は、全国レベルの強者を圧倒するほどすごいものでした。

 

「リバウンド」=シュートをして外れたボールを相手より先に奪取する行為

 

この漫画では「リバウンド」を取る行為は、バスケットのゲームを有利に進める上でとても大切であることを再三、伝えております。

 

バスケにおいて「リバウンドを制する者はゲームを制する」とまで言うくらいとても重要なことなのです。

 

バスケにおいては「リバウンド」を取れるか?取れないか?はゲームの流れを決める節目として重要な行為なのですが「ゴルフ」においてはゲームの流れを変える節目となる行為は、一体、何なのでしょうか?

 

私が思うに2つほど考えられます。それは、

 

・アプローチを1パット圏内にしっかり寄せること。

・返しのパット(1m以内)を確実に沈めること。

 

です。これが出来るか?出来ないか?でゴルフにおけるゲームの流れは、大きくに変わります。

 

(つづく)

 

ゲームを制するには→人気blogランキングへ

  
Posted by cyclops51 at 22:46Comments(0)

January 17, 2007

リズム2

自分のリズムは、いったいどのような感じだったでしょうか?ゆっくりタイプか普通か?早いか?くらいの大別は出来たと思います。

 

自分にとって心地よいリズムが分かったのなら後は、そのリズムをスイングに注入しましょう。

 

バックスイング〜トップ〜ダウンスイング〜フォロー〜フィニッシュまでの一連の動作をまず一定のスイングスピードとして考えます。

 

バックスイングをゆっくり上げて切り返しからいきなり早く振るようなことはしないようにします。

 

バックスイングと同じ速度でダウンスイングの行うようにスピードには変化はつけないようにします。

 

そしてそのスイングスピードをゆっくりから早い順に5〜6段階に分けます。この5〜6段階のスピードの中で最も安定した球筋が出る段階を探します。

 

人気blogランキングへ

 

ポイントは最も飛ぶ段階ではなく最もクラブの「芯」にあたり易い、ミート率が高い段階を選択することです。

 

それがあなたのリズムになります。さらにスイングリズムを探す時は、楽しく自分の好きな音楽でも口ずさみながらやってみることです。

 

好きな音楽を口ずさむと自然とリラックスした状態になるので余計な力みや考えすぎなどによるミスは少なくなります。

 

また、ミート率が良くなってきたので調子に乗ってさらに飛ばそうなどとは考えないことです。せっかく発見したリズムがまた分からなくなってしまはないようにしましょう。

 

ボールに当てよう、飛ばそうのスイングは、リズムを失い、かえってスイングに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

リズミカルなスイングは、自分でも楽しく振っていて気持ちの良いものです。

 

「リズミカルに振ったら勝手にナイスショットが出た…」そんなスイングを目指したいものです。

 

 

リズミカルで楽しいゴルフを!→人気blogランキングへ

  
Posted by cyclops51 at 22:39Comments(0)

January 12, 2007

リズム1

スイングを司る重要な要素の2つに「リズム」と「バランス」があります。「バランス」については過去に何度か記述しましたので今回は、「リズム」について触れたいと思います。

 

実はこの「リズム」ですが「バランス」より習得するのが少し難しい感じがします。その理由は、「バランス」は感じることができますが「リズム」は自身の内面的なものであり自ら作っていかなければならないものだからです。

 

野球やテニスなどのスポーツに比べゴルフは、止まっているボールを自らのタイミングで打っていかなければなりません。

 

そのタイミングやスイングスピードが正確でリピータブルなものにするためには自身が生み出す心地よい「リズム」が必要不可欠なのです。

 

しかし、この「リズム」はどうすれば良いといった法則的なものはなく自分なりに工夫したりして見つけなければなりませんので少々厄介に感じる方も多いと思います。

 

人気blogランキングへ

 

ですが、「リズム」自体は本来、我々の生命活動、生活など身近に存在しているものです。それをヒントにしてスイングに生かして見ることはできないでしょうか?

 

まずは下記のリズムを調べてみましょう。

 

・歩くリズム(ゆっくりか早いか?大股か小股か?)

・好きな音楽(アップテンポなジャンルが好きか?スロー系が好きか?)

・自動車、自転車の運転リズム(がんがん飛ばす方か?ゆっくりか?)

・仕事など作業リズム(さっさとしなければイライラするか?ゆっくりしなければミスしやすいか?)

 

これ以外にもまずは、自分の生活の中にある「リズム」を見つけて「早いか?」、「ゆっくりか?」、「普通か?」の自分調査をしてみましょう。

 

他人から「せっかちだね」「きびきびしてるね」か「のんびり屋」「おっとりしてるね」などと言われたことなども思い出してヒントにしてみましょう。

 

ほとんどの人の場合どちらかに偏ると思います。そこに自らが生み出し、作り上げる「リズム」のヒントが隠されています。

 

(つづく)

 

リズム調査をしてみよう!→人気blogランキングへ

 

 

  
Posted by cyclops51 at 23:19Comments(0)

January 04, 2007

「他人軸」と「自分軸」

ゴルフのスイングにおいて軸の意識は、とても大切なものですが今回は、それとは違った軸のことについて触れたいと思います。

 

それは体の軸の意識ではなく心の中の軸「他人軸」と「自分軸」のことです。

 

「他人軸」と「自分軸」…あまり聞きなれないかも知れませんので少し説明したいと思います。

 

まず、「他人軸」とはいわゆる「人からの見た目」、「評価」、「旨いと思われたい」など他人からの価値観を基準としてゴルフを考えてしまうことです。

 

例を挙げれば、

・カッコばかりよくて腕前のわりに難しいクラブを使用している。

・人より少しでも飛ばしたい。

・人のスコアと比較する。(ラウンド中)

 

などと「人からスゴイと思われたい」、「人に勝ちたい」と言った競争意識が強く働いてしまうことです。

 

一見、向上心が強いように感じますがその方向性は違います。

 

次は自分軸ですが例を挙げれば

・見てくれより自分の腕前にあったクラブをチョイスしている。

・飛ばさなくてもいい。

・自分の目標スコアとの戦いを意識している。

 

など常に「自分がどうあるべきか?」を考えているスティディな人です。そもそもゴルフは、自分との戦い、コースや自然との戦いなのですから人と比較してもしょうがありません。

 

人気blogランキングへ

 

人の心は弱いもので他人を意識してしまうとすぐにスコアなど崩れてしまいます。自分の実力を発揮しやすい状態にしたいのならばまず「己との戦い」に意識を向けるべきなのです。

 

これはゴルフだけでなく他のスポーツまたは人生についても同じことが言えます。

 

例えるなら

・何かしら隣の家の人との比較する人

・同じ会社の同僚等の給料を気にする人

・友人の持ち物(家、車など)や年収を気にする人

・「〜さんは、いいなぁ恵まれてて…」などすぐねたむ人

 

など思い当たるフシもあるのではないでしょうか?しかし、少し冷静になって考えてみれば分かるはずです。

 

所詮、他人の人生は、他人の人生なので比較したり、気にしたり、ねたんでもしょうがない、意味が無いのです。

 

他人との競争意識を捨てて自分の夢や目標を達成するために頑張ること…それはすなわち「自分軸」で生きていることなのです。

 

ゴルフにおいても人生においても「他人軸」に生きてはいけません。

 

「自分軸」…もっと意識してみてはいかがですか?

 

 

明けましておめでとうございます!→人気blogランキングへ

  
Posted by cyclops51 at 23:18Comments(2)