December 21, 2006

本当の財産

今の時期ゴルファーにとってはラウンドの回数もめっきり少なくなる人は多いのではないでしょうか?私もそんな一人です。

 

冬場は、寒い、ボールは飛ばない、体は動かない、グリーンは凍ってる、芝が薄い等暖かい時期に比べあまり良い条件でプレーは出来ませんのでついついラウンドは敬遠しがちですね。

 

あまりよいスコアが期待できない今の時期は無理にコースに出ることは控え基礎的な練習や使用クラブの変更などをしてみるのも手ではあります。

 

寒いからといって何もしないのでは腕前は落ちて行く一方です。来るべき時に備え「今やるべきことは何かないか?」を考えなければ上達は厳しいでしょう。

 

では、今の時期は何をやっておくべきなのでしょうか?もちろん人によってやるべきことに違いますがいくつか具体例を挙げてみます。

 

・積極的にレッスンを受けて悪癖等を修正しておく。

・素振り、バット素振りなどボールを打たない練習。

・ハーフショット等基礎的な反復練習。

・新しいクラブにチェンジしておき慣れておく。

 

等と自分なりに課題を見つけそれに取り組んでみてはいかがでしょうか?ポイントは時間をかけてじっくり解決しなければならないことを今の内にやっておくのです。

 

人気blogランキングへ

 

悪癖の修正等は正にそうですね。1箇所ごと時間をかけて各個撃破するべきです。

 

それとラウンドが少ない時は飛距離や多少の方向のばらつきは気にしないことです。特に方向の修正はそれほど時間がかかるものではありませんから…。

 

家の庭の雑草を一つ一つ抜いていくような地道な努力や根気の良さが今の時期必要なことではないでしょうか。

 

小手先のにわかじこみで覚えたことはコースではほとんど役に立ちません。

 

時間をかけて覚えた体に染み付いた動作、潜在意識にまで落とし込んだ感覚こそがあなたの大切な財産となるのです。

 

 

根気よく続いているブログは?→人気blogランキングへ



Posted by cyclops51 at 00:16│Comments(2)練習 
この記事へのコメント
5
おっしゃる通りですよねぇ。
今の時期、やるべきことは山ほどあります。やはり「感覚」に触れ続けてないと、いざシーズンとなっても驚くほど鈍ってるでしょう。人間の感覚とはそういうものですからネ。
HALさんの言葉を肝に銘じ、私もちょこちょこの練習は続けて行きたいと思っております
Posted by snuffkin at December 23, 2006 10:14
そうですね〜。
感覚的なものってすぐに鈍ったり、錆付いたり、忘れたりしてしまいますね。常に研ぎ澄ましておかなければならない大切なものだと思います。
Posted by HAL8000 at December 24, 2006 15:47