January 17, 2007

リズム2

自分のリズムは、いったいどのような感じだったでしょうか?ゆっくりタイプか普通か?早いか?くらいの大別は出来たと思います。

 

自分にとって心地よいリズムが分かったのなら後は、そのリズムをスイングに注入しましょう。

 

バックスイング〜トップ〜ダウンスイング〜フォロー〜フィニッシュまでの一連の動作をまず一定のスイングスピードとして考えます。

 

バックスイングをゆっくり上げて切り返しからいきなり早く振るようなことはしないようにします。

 

バックスイングと同じ速度でダウンスイングの行うようにスピードには変化はつけないようにします。

 

そしてそのスイングスピードをゆっくりから早い順に5〜6段階に分けます。この5〜6段階のスピードの中で最も安定した球筋が出る段階を探します。

 

人気blogランキングへ

 

ポイントは最も飛ぶ段階ではなく最もクラブの「芯」にあたり易い、ミート率が高い段階を選択することです。

 

それがあなたのリズムになります。さらにスイングリズムを探す時は、楽しく自分の好きな音楽でも口ずさみながらやってみることです。

 

好きな音楽を口ずさむと自然とリラックスした状態になるので余計な力みや考えすぎなどによるミスは少なくなります。

 

また、ミート率が良くなってきたので調子に乗ってさらに飛ばそうなどとは考えないことです。せっかく発見したリズムがまた分からなくなってしまはないようにしましょう。

 

ボールに当てよう、飛ばそうのスイングは、リズムを失い、かえってスイングに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

リズミカルなスイングは、自分でも楽しく振っていて気持ちの良いものです。

 

「リズミカルに振ったら勝手にナイスショットが出た…」そんなスイングを目指したいものです。

 

 

リズミカルで楽しいゴルフを!→人気blogランキングへ



Posted by cyclops51 at 22:39│Comments(0)練習