February 21, 2007

逃げる戦術2

「逃げること」をゴルフの戦術に取り入れるにはいったいどのようにすべきなのでしょうか?

 

まず、前提として「逃げる」ことはとても有効な戦術ではありますがあくまでも戦術の一つとして考えるべきであると思います。

 

発想を柔軟に持ち「逃げる」という選択肢もあるのだということを理解しておくべきです。

 

例えばPAR4のセカンドショットなどでピンの狙う際にピン方向すぐ手前に池やあごの高いバンカーがあるとします。

 

こういった場合はやはり自分の腕前を冷静に判断してピンの狙える確率が高いなら狙う、手前や左右に逃げてアプローチ勝負したほうが失敗する確率が少ないのならためらわずにそれを選択するべきです。

 

人気blogランキングへ

 

プロゴルフの戦術でよく感じることが逃げるべきところと攻めるべきところがはっきりしているなと思います。

 

我々のようなアマチュアゴルファーの方がむしろ攻めに一本槍ばかりで戦術の幅がありません。

 

プロほどの腕前の無いアマチュアは、もっと戦術の幅を広く持ち柔軟に戦うべきではないか?と感じます。

 

ラウンドしている時のプレイヤーの視野はとても狭いものです。

 

コースでナイスショットを打つことばかり考えていると、こと戦術に関しては恐ろしく無頓着になってしまいがちです。

 

ゴルフは、スポーツ性よりもゲーム性の方が高いスポーツですから戦術の活用なしに良い結果は期待できません。

 

攻めの一本槍ゴルフから「逃げる」戦術を取り入れればもっともっとゴルフが面白くなるでしょう。

 

 

発想は柔軟に…→人気blogランキングへ



Posted by cyclops51 at 02:07│Comments(1)実戦 
この記事へのコメント
突然の書き込みで大変失礼致します。弊社運営サイト『Golf Muse(ゴルフミューズ)』が新しくオープン致します。『Golf Muse』ではジャンボ尾崎を筆頭とした【ジャンボ軍団】、芹澤名人をはじめとした【チームセリザワ】などのプロをメインとした企画をもとにゴルファーのコミュニティーサイトとして、ゴルフのポータルサイトを目指します。今回書き込みをさせて頂いたのは『Golf Muse』メインコンテンツの1つのゴルファーブログランキングにご登録頂ければと思い書き込みをしました。貴方のブログのアクセスアップも特典・企画も考えておりますので、もしよろしければ『Golf Muse』のブログランキングへのご登録をよろしくお願いします。【Golf Muse ブログランキング登録ページ】http://golfmuse.com/gb_ranking/html/regist.html【Golf Muse サイト】http://golfmuse.com今回は突然の書き込みで失礼を致しました。Golf Muse 管理人
Posted by golfmuse管理局 at February 25, 2007 16:02