2010年02月

2010年02月12日

Googleバズで本名が表示される

Googleバズで本名が表示される問題の確認が取れました。

たとえニックネームを登録して「検索して見つけてもらえるようにフルネームを表示する」のチェックを外しても、フォロワーには本名が見えることがあります。

細かい条件などはよくわかりませんが、投稿にはニックネームで表示されても、フォロワーの一覧に本名が出ました。

この問題は順次修正版が反映されるそうですが、どこまで対応できているのか分かりません。

なので、本名で活動したくない人はしばらく別アカウント推奨です。

2010年02月11日

Googleバズを試す

先日からネット界隈を騒がせているGoogleバズを触った感想と操作の流れなどを書きます。

まず、Googleアカウント必須なので、アカウントを用意します。普段使っているアカウントとの連動が嫌だという人は別に用意しましょう。Googleは寛大なので非常識な取得でなければバンされることはまずないようです。

発言するにはプロフィールが必須なので、プロフィールも登録しましょう。プロフィールを登録せずに発言しようとすると怒られますので、そのときに登録してもいいです。細かいことを書くのが面倒なら名前だけ確認しておけばいいです。

Googleバズではアメリカの流れで自動的に本名が公開されます。本名を隠しておきたい人は、ニックネームを登録して、「検索して見つけてもらえるようにフルネームを表示する」のチェックを外せば本名を公開しないようになります。たぶん。※2010年2月12日現在、本名が表示される箇所があります。

twitterと同じで、誰かと繋がってないと意味がないので、有名人や発言が多い人を数十人くらいフォローします。余裕があれば100人くらいフォローすると楽しいです。

すると凄い勢いで発言がbuzzに流れてきます。この段階では気付きませんが、自分が発言するようになると、自分の発言とそれに対する返信が全て受信トレイに入ってくるようになります。このままではメールとの判断が難しく、大事なメールが埋もれてしまいます。

これを回避するために、フィルターの設定で、キーワードlabel:buzzをアーカイブに流すように設定すると、受信フォルダーがすっきりします。

画面は自動更新になっているので、ぼーっと見ている間にもどんどん発言が流れていきます。そして古い発言は折り畳まれて見えないようになります。細かいルールは分かりませんが、なるべく新しく、大事な発言と判定された発言が残るようになっているようです。また、短すぎる雄たけびのような発言はカットされることが多いです。

twitterと大きく違うこと。
・発言の内容を後で書き換えることができる
・Picasa連動なので画像が投稿できる
・直接フォローした人の発言だけでなく、その発言への返信が全て流れてくる

内部的にはGoogle WaveのインターフェースをGmailに変えただけではないかと言われていますが、たぶんそうでしょう。感覚的にかなり近いです。見た目を変えるだけで、ここまで人の集まり方が変わるのかと関心しました。

2010年02月05日

55mail.ccが55mail.jpへ

無料メールサービスを提供してきたGOGOめ〜るのドメインが変わります。名前も55mail.jpに変わるようです。

GOGOめ〜るはすぐサーバーが落ちるという意味で有名かもしれませんが、普段使っているメールを教えなくても匿名でアカウントが作れるので、とてもお手軽で便利です。

その他、ID情報を含めた専用のログイン用URLをブックマークできるという、かなり危険な便利機能も用意されています。これはつまりログイン用URLが漏れたら即アウトということですので、使っているソフトによっては論外という場合もあるでしょう。

それでも国産のお手軽webメールとしてそこそこ人気がありますので、即席メアドが必要なときにはどうぞ。

2010年02月02日

2009年12月頃の検索キーワード

はい、過去3ヶ月を振り返る検索キーワードのコーナーです。

1月
塗るカイロ
どきどきダイナマイトパニック 攻略
Minions
エクセル 同時編集
ラミ子
ステレオミキサーがない
SiteMix
ピグとも
ウイルスバスター 期限切れ

ひさしぶりにラミ子が再浮上しました。最近見ませんがどうしてるのでしょうか。

12月
・どきどきダイナマイトパニック 攻略
・塗るカイロ
・Minions
・ステレオミキサーがない
・エクセル 同時編集
inkspace
・ピグとも
発行元を確認できませんでした
・SiteMix
グロゲーム
・ウイルスバスター 期限切れ

特になし。

11月
・どきどきダイナマイトパニック 攻略
・inkspace
・発行元を確認できませんでした
・塗るカイロ
・エクセル 同時編集
・Minions
・ピグとも
co.cc ドメイン
・ステレオミキサーがない
・ウイルスバスター 期限切れ
・グロゲーム

co.cc ドメインがそれなりに人気でした。

【総括】
寒い時期なので3ヶ月通してずっとカイロが多かったようです。くだらないエントリーですみません。ブログ全体のPVで見ると、夏ごろから加速的にPVがぐんぐん伸びていたのですが、残念ながら11月がピークでした。11月と1月を比べると半分ほどに減っています。検索キーワードに大きな変化もなく、流れ着くパターンが固まっているように見えます。はやく新しいビジターを獲得すべくニューエントリーを投下しなければなりません。

はてなRSS終了

はてなは、はてなRSSを6月に終了すると発表しました。

一般的なRSSサービスは個人でこっそり使うことを前提に作られているのに対して、はてなRSSは購読内容を公開することを前提に作られている、かなり異質のRSSサービスでした。

最近は予算が足りないのか人が足りないのか、あまりメンテをしてなくて不評でしたが、私もあまりメインでは使っていませんでした。むしろ移転先として推奨されているはてなアンテナのほうが使い勝手がいいです。アンテナならRSSに対応してないページでも購読できますし、応用がききます。

普通はRSSといえばgoogleやlivedoorなどを使ってる人が多いと思うので、ムリにはてなRSSを継続する必要もないかなと思います。

フリー

去年から話題になっていたクリス・アンダーソンのフリーを読みました。まず手にとって感じるのが、想像以上に厚みがあることです。しかしページ数は解説を含めても350ページしかありません。単行本などに使われる紙であれば700ページは超える厚みです。ですので、内容は別としてパラパラとめくって気軽に読める量だと思います。ただしハードカバーでページがめくり難いので、家で腰をすえて読んだほうがいいでしょう。

さて問題の内容ですが、前半は人間社会の歴史の中で、マーケティング戦略としてお試しなどの無料のものは昔から存在していたことを説明しています。中盤はネット社会でフリーが広まった歴史などをメインに、現実世界との比較などの説明がされています。そして中盤から終盤にかけて、フリーを推し進める人々と、フリーはまやかしであるという主張が紹介されています。

ブログなどで「ネット社会に生きる人なら必読」みたいな書評を見ることがありましたが、この本はどちらかというと、ネットのフリー文化を知らない人をターゲットにした本ではないかと思います。そのため、現実世界で行われた実績を多く例にあげて分かりやすく説明しています。世界がフリーに向かって進んでいるものの、一方的にフリー万歳という書き方ではないので、フリーやマーケティングにあまり馴染みがなかった人でも読みやすいのではないでしょうか。

セキュリティ
広告
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments