2010年03月

2010年03月23日

スパマーも連休取得

これまでスパムメールを観測し続けて、はじめて0件の日を記録しました。20日は日本語のスパムメールが1通だけ、そして翌日の21日は英語日本語含めて0件。奇跡の日です。スパマーも休みたい日があるのでしょうか。

iPhoneで赤外線が使えない

iPhoneには赤外線通信の機能がありません。なのでメアド交換などでは紙に書くか口頭で伝える、または名刺を渡すというのが手っ取り早いです。このあたりはガラゲーに馴染みのある人には驚きで、憤慨モノという人もいますが、名刺を用意しなくてもQRコードを画面に表示するという方法もあります。

でもまぁぶっちゃけ赤外線通信って去年初めて使いました。送受信を別々にしなければならないという面倒さには正直驚きましたよ。しかもメニュー階層が深くて探すのに一苦労。もうちょっと便利にならないのでしょうか。

2010年03月03日

大戦略WEBを攻略したい

大戦略WEBが先月から正式スタートしました。これは名前の通り、システムソフトが販売している大戦略をモチーフにした村ゲーで、まだ開発途中なのでときどき仕様変更がされたり不安定な状態が続いています。工場や研究所などを発展させて兵器を作って他人の拠点を攻めるというのが基本パターンなので、画面イメージが変わっただけで、トラビアンとかブラウザ三国志などと同じだと思ってOKです。

さて、この手のゲームで一番悩むのが、ゲーム開始直後に何をすればいいのか、どれくらいのバランスで進めたらいいのかということです。一応保護期間が2〜3日くらいあるようなので、はじめのうちは内政一筋でいいと思います。

私が実施したのは以下のとおり。商人タイプです。

【保護期間前半】
本部 LV2
製鉄所 LV3
製油施設 LV3
軍事学校 LV3
商業施設 LV3
資源貯蔵庫 LV3
金庫 LV2
兵舎 LV1
貿易事務所 LV2
研究所 LV1

まず、本部、製鉄所、製油施設、軍事学校、商業施設を上記レベルまで上げます。これがないと設備が作れないので話になりません。と同時にそれらを蓄えるための資源貯蔵庫、金庫、兵舎も上げます。ここまでの順番はあまり気にしなくてもかまいません。

貿易事務所は資源に偏りが出たときに便利なので作りました。ただし開始直後の資源500や1000を取引してくれる人は少ないので、なくてもかまいません。研究所は兵器の研究をするところで、しばらく目立つ活躍をしませんが、研究にはすごく時間がかかるので、余裕があるときに作ってはやめに研究を始めたほうがいいでしょう。本部のレベルを上げると資金受領で金を得ることができますが、保護期間が終わる頃にはどうでもいい小銭になるので、あまり気にしなくていいです。

このゲームは時間との戦いです。時間のかかるものは出かける前や寝ている間などにして、何もしない時間を潰すようにしましょう。

【保護期間後半】
製鉄所 LV5
製油施設 LV5
商業施設 LV4
金庫 LV3
人事部 LV1
発令所 LV1
資源管理局 LV2
地下倉庫 LV2
陸兵器工場 LV3
空兵器工場 LV1

保護期間終了に向けて軍備を整えなくてはいけません。実際にはまだテロリストと戦っている時期なので、PvsPで戦う人は少ないのですが、備えは大切です。まず資源設備を上げながら、人事部、発令所、資源管理局などのレベルを上げていきます。最初に雇う士官は将来解雇するものと割り切ってとりあえず一人雇います。これは鉄鉱採取地や油田を占領するためだけに雇うので、ステータスはどうでもいいです。この時期に採用できる士官はどれも低レベルなので気にしても仕方ないのです。占領に士官の能力は関係ありません。占領にはイロコイなどの占領兵器を72機作って、ひたすら攻撃するだけです。こちらに被害は出ないので、何も考えずに突撃させてかまいません。もう一度書きますが、油田などの占領行為には士官のステータスは全く影響されません。ただし他プレイヤーとの取り合いになった場合は、最後の一撃ができるようにタイミングをみながら祈ります。これは運の要素が高いので、ダメなら他の場所を狙うしかありません。また、開始場所が平地であれば装甲車で攻めることができますが、山岳地の場合はヘリのほうが速くて便利です。

軍事学校と商業施設のレベルを抑えた理由は、貿易事務所を作ったためです。貿易事務所を作らないなら4種類すべて均等に上げていったほうがいいでしょう。この方法は毎回通用するわけではないのですが、序盤は戦車を作るために鉄が不足するので、マーケティング的発想として需要のあるものを作って、過多になっているものを買うという戦略を取っています。私の場合は保護期間が過ぎてもひたすら鉄を作り続けて高値で売りさばきました。ほくほくです。特に序盤は人が余るので、1対3くらいの豪商取り引きも可能です。また、鉄ほどではありませんが、戦闘機やヘリを多用する人には油が必要なので、山岳地や川に囲まれた地域では序盤から油の需要が出てきます。

保護期間が終了する頃になると、空いた枠に何を作るかという問題が出てきます。まだこれといった解決策はないのですが、とりあえず連合に入るつもりなら、PMC連合事務局を作り、連合に入ってすぐに解体というテクニックは確実です。後になるとPMC連合事務局を建てるための場所を確保するのが大変なので、はやめにしておいたほうがいいです。

未確認情報ですが、ゲーム開始直後に参加した場合は、熾烈なバトルが繰り広げられる中心部でスタートする確率が高いので、ゆっくりプレイしたい人は半日〜1日遅れくらいでスタートするといいらしいです。

以上、商人型の戦略でした。軍人型でガンガン攻めたいなら、保護期間中から対空対地Cランクの士官を雇って、レベルアップに勤しむといいでしょう。

セキュリティ
広告
Recent TrackBacks
ペッパーランチの成型肉と調理法についての問題 (shinkai::exciteの【攻略本】と【守護霊】blog)
ペッパーランチ
「Twitter」の日本語版が公開されました! (もこ茶の携帯・モバイル徹底活用!)
twitter日本語版
Recent Comments