2011年05月

2011年05月24日

DTIブログの利用規約改定

DTIブログが利用規約を改定し、アダルトに関する規制を始めました

新しくなった規制の内容はかなり厳しく、「グラビア画像も含めた18歳未満を連想させる画像(制服・スクール水着・体操服の着用、美少女、高校生や盗撮画像などを含む)、及びタイトルを含めたコンテンツのアップロード。」を完全にシャットアウトするという、アダルト以外のブログにも影響が出そうな内容となっています。

これまでアダルトが売りと思われていたDTIブログが大きく方向転換をしたことで、他のブログサービスも規制に乗り出すところが出てきそうです。

2011年05月22日

写ページ終了

ケータイの写真をアップしてホームページを作る写ページが2011年5月31日でサービスを終了します

キャッチコピーとしては簡単ホームページとなっていますが、ホームページというよりは画像掲示板といったほうが分かりやすいです。

写メールの流行と共に立ち上がったサービスでしたが、ケータイの広告収益は難しいのかもしれません。

2011年05月16日

創世記2012

※重要
これはYahoo!モバゲーではなく、mixi版を元に書いています。

創世記2012はグミィが運営している、文明の発展をモチーフにした国造り系ゲームです。シヴィライゼーションのようなゲームだと思うかもしれませんが、全然違います。国造り系といってもトラビアンのように領地を奪うこともできません。一言で言えば、少し昔に流行ったモブストのようなマフィアゲーム系です。

ゲーム開始直後はマフィアゲームのパクリかと思ったほどですが、マフィアゲームでいうお仕事に当たる文明の研究をしてもお金は入ってきません。どこでお金を稼ぐかというと、基本的には他の国を攻撃するか、街を発展させて収益を上げるしかありません。また、銀行のようなお金を安全に保管するところがありませんので、持っているお金はほとんど吸い取られる可能性があります。

レベルが上がると属性ポイントが与えられ、これを振り分けることで君主の能力をアップさせることができます。戦闘の結果に影響を与える攻撃力、攻撃を受けたときに影響する防御力、文明の研究に影響する科学ポイント、そして戦闘の回数に影響する軍事ポイントの4つに振り分けます。ここで最初に影響力を持つのが科学ポイントで、次に影響力を持つのが軍事ポイントです。

しかし王道だと思って科学ポイントを上げていると、研究に必要な金貨が足りなくなります。国庫を稼ぐために戦争をしようとすると軍事ポイントが必要になってきます。そして戦争ばかり考えていると兵士が足りなくなります。また、はじめのうちは盟友の数で勝負が決まりますが、盟友は500が実質的上限であり、それ以上増やしても戦争には直接影響を及ぼしません。ある程度レベルが上がってくると、兵士の数が戦争の結果を決めるようになります。

ここがこのゲームの一番の特徴であり、決定的な違いです。どんなに盟友が少なくても、武器がなくても、兵士の数が圧倒的なら勝てるのです。また、文明を発展させて新しい武器で他の国を侵略するというゲームの目的が完全に崩壊する瞬間でもあります。関西人でなくても「どこが文明を発展させていくゲームやねん」と突っ込みを入れたくなります。「我が軍が圧倒的」と思って鼻○○ほじりながら攻め込んだら、完全に返り討ちにあったということもあります。ナノテクノロジーや宇宙ステーションを持つ国の兵士が野蛮人に棍棒で殴り殺されるところを想像してみてください。まあこれは言いすぎですけど。

相手の国の盟友の数は戦う前から分かりますが、兵士の数は戦ってみないと分かりません。また、戦争をしているとどんどん兵士が減っていきますので、多少下調べをしても戦う瞬間まで正確なことは分からないのです。それでも目安になるものがあります。それは都市の数とレベルです。兵士の最大数は総人口の約10%と決まっていますので、自分と相手の都市を見比べて兵士の数を予想します。同等レベルの軍備を持っているなら、都市の差で勝負が決まると思ってください。危ないと思ったら兵士を補充してから戦いましょう。

というわけで、ちょっと卑怯な攻略法を書いておきます。レベル10くらいまでは相手を選ばず盟友になります。とにかく盟友の数を集めましょう。そして都市を作ったら人口が増えるまで放置します。攻撃されても無視します。待てない場合は都市の発展に必要な研究を調べ、ゆっくりと研究します。健康度が増えると人口増加が早くなりますので、健康度が増える建築物を優先させるといいです。国庫を増やして都市を発展させ、新しい都市を作り、また放置します。これを繰り返すと、同等レベルの他の国と比べて人口の多い、兵士の多い国ができます。このゲームでは基本的に同レベルの国と戦うことになりますので、レベル上げを急ぐ必要がないのです。むしろ同レベルの国だけ気にして戦えばいいのです。国の地盤を固めて周りの国より強くなったら後は自由にどうぞ。

2011年05月15日

ラムダッシュ ES-LT20

パナソニックの電気シェーバー、ラムダッシュ ES-LT20を買いました。これまで5年ほど使っていた同ラムダッシュ ES8237の洗浄器が目詰まりを起こしたので買い替えです。

じつはその前もラムダッシュで、これまた洗浄器のトラブルが原因で買い換えていました。トラブルの内容は水漏れで、家に帰ったら床に水溜りができているという、ネットでよく見る症状です。2年ほどしか使っておらず壊れるには早すぎると思ったので、そのときは部屋の埃や髭を詰まらせた自分の使い方が悪かったのではと思っていました。今調べたら結構なトラブル報告がありますが、そのときは全然調べていませんでした。

そして今回ES8237のトラブルは水の循環ができなくなるパターンで、水漏れはしないもののこれでは洗浄器として使い物になりません。ちょうどバッテリーの弱りが気になっていたところなので修理はせずに買い替えを決意します。しかしさすがに2回もトラブルにあったので自動洗浄器はやめることにし、お金もないので安いものをターゲットに買うことにしました。

ショップに向かう時は、巡り巡ってまたブラウンにでもしようかと思っていたのですが、機能面と予算の都合でまたパナソニックを買うことに。今度は9180円とこれまでの3分の1ほどの低価格でありながら水洗いができるので清潔感あり。ただ使ってみると意外なことにすごく静か。ES8237と同じ13000ストロークのはずなのですが、振動も少なく剃れているのか心配なほど。それでも新品なので綺麗に剃れており、今のところ満足しています。

あえて気になるところを上げるとすれば、水洗いはできるけどメンテに専用オイルが必要なこと。しばらくは付属のオイルを使いますが、このオイルを付けないと錆びるということなのでしょうか。ちょっと心配です。

これまでの遷移。

ブラウンの安物
 →よく覚えていない。

三洋電機(?)の安物
 →外刃が割れたが替刃の入手が困難で廃棄。

リニアシェーバー(ナショナル?)
 →超高速リニアと聞いてスゴイのでは?と思ったがそうでもなかった。音だけはすごかった記憶あり。

日立のロータリーシェーバー(RM-CX17)
 →10枚刃だからスゴイのでは?と思ったがそうでもなかった。内刃がゴロゴロ転がる速度が遅くなかなか剃れなかった。髭が溜まりやすくメンテに手間がかかったが家用とは別に出張などによく使った。

ナショナル(パナソニック)ラムダッシュ
 →ロータリーと比べたらやっぱり音が大きい。モノは良かったが自動洗浄器の水漏れが原因で廃棄。

ナショナル(パナソニック)ラムダッシュ(ES8237)
 →前回の失敗を胸に刻み丁寧に扱うが自動洗浄器の目詰まりが原因で廃棄。

パナソニックのラムダッシュ(ES-LT20)
 →今ココ! New!!

2011年05月11日

85億ドルでSkype買収

マイクロソフトがSkypeを85億ドルで買収したそうです。

これからも無料で通話できるのか、これまで通りのバージョンアップが行われるかどうかなど、心配している人が多いように感じますが、むしろHotmailのメッセンジャーに統合されていくような気がします。

仮に有料化されていけば、どこかが無料の類似ソフトを出すでしょうし、それほど深刻に考えることもないかと思います。

2011年05月10日

さるさる日記終了

さるさる日記が2011年6月30日でサービスを終了します。

さるさる日記は、diary.ne.jpという非常に価値あるドメインで、ブログ流行以前の1999年から日本の公開日記文化を支えてきました。

現在の運営会社GMOがさるさる日記を買収したのは2004年、ブログ絶頂期です。

多くの会員を抱えながらも日本の独自文化を残し、ブログではなく日記であり続けたところは評価したいと思います。現在でもブログなのにトラックバックやコメントを全面拒否しているところはありますよね。

同じGMO傘下のヤプログ!やteacupの今後が気になりますが大丈夫でしょうか。

セキュリティ
広告
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments