ちょっこピ!

人気急上昇中の大好きな芸能ネタや、
思わずクスッと笑える、自制作のネタを気のままに綴っています。

OL hanacoの黒裸々な世界 file12
信号が青に変わる間、
いつの間にか鼻歌を歌っていた

いつもの帰り道は
やけにヒトの声が賑やかで
行き交う人々の顔も
どこか楽しげで、明るく感じる

それは
頬にあたる風が少し暖かくなったから
なのか

定時きっかりに仕事が終わったから
なのか

ランチでデザートサービスをもらえたから
なのか

それは
あまりに小さくて

でも
こんなにも大きく
私の今を創っている

特別に素敵でツイてて、最高な日
じゃなくても
こんなにも今を気分良く過ごせる
そんなヒトの凄さに

ココロではスキップしながら
帰路を急ぐ自分が
なんだか笑えてくる。。。


読んでくれてありがとう
umisora hanaco

OL hanacoの黒裸々な世界 file11
私ってこんな人間。
こんな性格。
こんな人生。
こんな運命。

自分のことなのに
他人事みたいに言い訳の材料にする

そうすると
その瞬間はちょっと楽に感じるけど

結局は
何も解消しないまま。
スッキリしないモノだけが残ってる感じ。

それはあんまり気分が良くないモノで
それはあんまり未来へは持ち込みたくないもので

なのに、ずっと、握りしめたまま
時間(とき)を過ごしてる

春が近くなると
周りが急に慌ただしくなるから
なんだか急に焦っちゃう。

自分だけ置いてけぼりをくらわないように、
自分だけ過去に取り残されたままにならないように

だけど結局は気がつくと同じ場所に立ったまま。
動けないのは
動かなくても、まずは
今の場所を充分に楽しみなさいってサイン。

それに気づかず
ただ、ジタバタの毎日に疲れてる。。。

読んでくれてありがとう
umisora hanaco

OL hanacoの黒裸々な世界 file10
一度諦めたこと
何度も諦めたこと

ふいに浮かんでくる情熱を
押し殺しながら生きていく

一度もうまく行かなかったこと
何度もうまく行かなかったこと

時にその感情が蘇り
必死で忘れようと生きていく

後悔ばかりの人生が
いつか、いい思い出になる時
なんてくるのかぁ。

未だに
こみ上げてくる想いを
上手にコントロールできない私は

まだまだ未熟で
同じ失敗を繰り返してしまう

そんな自分も含めて
いつか、いい思い出になる日
くればいいなぁ。

まだ、これからの生き方を
ちゃんと決めてずにいる私は

まだ、迷子の見まま
とりあえず、明日を過ごすのだ。


読んでくれてありがとう
umisora hanaco

このページのトップヘ