転移と再発を防ぐ直腸癌手術

直腸がんの肝臓転移という現実

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

他の臓器への転移は、それだけ深刻な症状であることを表しています。このたび、鳥越俊太郎さんが肝臓への転移によって休業することになったそうですが、以前には肺への転移もあったということで、難しい症状であることがうかがえます。治療が上手くいくことを願っています。

鳥越俊太郎氏、がん転移で手術へ
2月9日11時36分配信 オリコン

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090209-00000003-oric-ent
 テレビ朝日系『スーパーモーニング』で9日(月)、コメンテーターを務めるジャーナリストの鳥越俊太郎氏が、がんが肝臓に転移したことを明かし「明日から、肝臓の手術のためにしばらく休ませて頂きます」と報告。「肝臓にがんが見つかったが、肝転移なので肝臓がんではない」ことを強調した。

 鳥越氏は2005年10月に直腸がんを手術。その時医師からがんが肺と肝臓に転移することを予測されていたが、07年に肺に転移。今回、肝臓に転移した模様だが、「あいつ、いよいよダメかと思われるけど、そうではないんですよ」と早期復帰も示唆していた。


癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

直腸癌転移を防ぐために

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

直腸癌転移が起こることにより、完治に向けての道のりは険しくなります。手術をするとしても、転移の範囲が広ければ全てを切除することはできず、体に癌細胞が残ることになるからです。そのため、治療を成功させるためにも直腸癌転移しないように予防を行っておくことは非常に重要なことであり、これが失敗するとその後苦労することになります。

治療には手術のほかに放射線療法や化学療法が一般的ですが、これらは副作用を伴うものであり、強い効果を求めるほどに副作用もひどくなるのが基本です。直腸癌転移が広がるということは、リンパ節や他の臓器にまで癌細胞が巣くってしまうということなので、更なる進行を止めるには、強い抗がん剤を使ったり、放射線療法を用いたりすることになりますが、これは正常細胞へのダメージも伴うものなので、合併症の併発や食欲不振、脱毛などを引き起こす原因になることもあります。さらに、手術による癌細胞を完全に摘出することが困難になるため、転移が進めば完治は期待できなくなります。

いくら名医を探したとしても、やはり直腸癌の転移がひどければ打つ手がないということになってしまいます。医師の力量によって左右される物事もありますが、彼らとて何でもできるというわけではありませんので、治療できる症状だけではありません。いくら手術を執刀しても、痛みを取り除くためのものであったり、内臓の機能を確保するための一時凌ぎのものであったりして、根本的な解決は直腸癌転移によって阻まれてしまうのです。そのような事態を回避するためには、早期発見と初期症状のうちに治療を開始して、転移を予防することが必要なのです。

病院に縁がないということは、健康の象徴のように語られますが、それはしばしば結果論でしかありません。たしかに治療を受けるほどの病気を持っていないということは素晴らしいことですが、病院は治療の場であるだけではなく、予防や検査のための場所でもあるからです。健康を維持するため、定期的に検査を受けている人であれば、病院を訪れる機会があるわけで、まったく訪問の機会がないというのは、健康管理としてどうかと思います。

自覚症状がないから、という理由はわかるのですが、直腸癌を含めて無自覚に進行していく病気は少なくありませんし、癌であれば転移を引き起こしてから体に異常を感じ、診察を受けた時には簡単には完治ができないということもあります。もっと早く検査を行っていれば、簡単な手術で完治できたり、副作用の少ない抗がん剤や放射線療法で対応できたりしていたところ、手を打つのが遅れてしまったばかりに、辛い副作用を伴う闘病生活を送ることになってしまうのは残念です。用もないのに通院することはありませんが、最低でも年に1回ぐらいは健康診断を受けた方がよいでしょう。

かかりつけの医師を持つことができれば、何か健康上の不安が生じた場合でも気軽に相談することができますし、これまでの体の状態を知っているだけに、アドバイスも的確です。年齢を重ねるほどに病気にかかる確率は高まりますし、若い頃は健康でもいつまで続くかは分かりません。直腸癌転移を引き起こした人の中にも、自分の身体を過信していたために発見が遅れてしまった人がいます。

人生は太く短くをモットーにしている人もいますが、いざ死が近づくと気弱になるものです。まして適切な時期に治療や手術を受けていれば十分に助かったとなればなおさらです。健康であることが幸せであることと同義ではありませんが、無駄に健康を犠牲にすることもありません。身体が自由に動くことや、苦痛を感じずに過ごせることの有り難さは、病気が進行してから気付くことです。

本を読んでもめまいがし、パソコンの画面を見ても意識が朦朧とするという状態で暮らすことを、誰が望むでしょうか?実際に抗がん剤の副作用により、そのような症状が発生することはあり、直腸癌転移によってそのような局面まで追い込まれることは大いにありえることなのです。対岸の火事のように思っているかもしれませんが、いつそのような病気にかからないとも限りません。

アルコールを頻繁に飲む方や、喫煙習慣のある方は日常生活が不健康であるという意識は比較的あるのですが、それが健康への配慮につながっているかといえば、必ずしもそうではありません。やるべきことと実際の行動は一致しないものです。生活習慣に問題がないと思っている方はなおさらでしょう。しかし、加齢ということが大きな健康リスクであるということは自覚しておかなくてはなりません。

タバコを吸わず、酒も飲まないという人であっても永遠に生きているわけではありませんので、事故にでも遭わない限り何らかの病気にかかります。それは直腸癌かもしれませんし、他の病気かもしれません。他の臓器で発生した癌細胞が、直腸に転移する可能性もあります。若い人でもありえることですが、年齢が上がれば病気になる確率はいっそう高まってきます。

そんなとき、検査を受けていないということは無防備すぎます。はっきり目に見える症状ばかりではないので、医師の診断を受けないとそのまま見過ごしてしまい、気付いた時にはすでに末期という病気だってあるのです。身体を健康に保つということは、当たり前のようでいて実は難しいものです。生活習慣を健やかなものにすることで予防すると共に、問題が発生した場合でもすぐに対応できる環境を整えておくことも欠かせません。

転移する前に直腸癌を発見するためにも、定期的に検査を受けておくことをお勧めします。もし症状が見つかった場合には、納得できるまで十分に医師と治療方針について話し合いましょう。早い段階で見つけることができれば、手術によって完治を目指すことも可能ですので、一人で抱え込んで悲観するよりも、医師と相談して双方納得の答えを求めていきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

直腸癌の再発を予防する

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

せっかく治った直腸癌再発してしまったのでは、生存率が下がることになります。一難去ってまた一難とは、まさにこのことでしょう。何で自分ばかりこんな目に合うのだろうと憤る気持ちも分かりますが、かつて闘病生活を送った経験が糧になって生きてくるはずです。気持ちを切らさずに再発した直腸癌の治療を始めましょう。通常なら、以前の主治医の下を訪れるのが、以前の症状や転移の状況をもっともよく把握しているので自然な選択になります。

より理想的なのは、定期的な検査によって関係が継続しているということです。直腸癌が再発しないように予防策を取りながら経過を見ていてもらえば、日常生活もあんしんですし、何かあったときにもすぐに対処することができます。手術をすれば術後の経過を追っていくことになりますが、根治という判断を下したことで頻繁に検査や診断を受ける機会を失い、医師とも疎遠になることがありますが、できれば気軽に体調のことを相談できる関係を形成して、そのままかかりつけの医師になってもらえれば心強い存在になるでしょう。

初めての病気であれば名医を探したりすることもありますが、直腸癌の再発ということになると、基本は以前の治療を見直してみるという作業になるので、最初のときほど患者側で行うことは多くありません。症状についても一通りのことは調べて得た知識があるでしょうから、その意味では負担は少なくなるのです。スポーツのベテラン選手のように、人生を長く生きていれば多くの経験をしますし、それまで体験したことが血となり肉となって生きてくるのです。直腸癌という病名を初めて耳にした時の衝撃は、2度目にはなかったはずです。

もちろん、闘病生活を以前送っていたからといって、まったく平気とはいかないでしょうし、せっかく治療が終わったのに何故また、という憤りもあるでしょう。直腸癌再発する見込みについて、どの程度の説明を行うかは医師の判断によって違いますが、それほど珍しいことではありません。一度かかったら免疫ができて二度とかかることがないという種類のものではありませんので、これは仕方のないことです。

直腸癌の再発を予防する方法としては、検査によって異常をすぐに察知できる体制を作ることと、生活習慣を見直して健康的な暮らしを送るという両面からのアプローチが考えられます。前者については、主治医との相談を通して、診断を受ける頻度を決めて、忙しくてもしっかりその約束を守りましょう。いくら多忙であっても、命に関わる病気を再発するリスクを背負っていることを考慮すれば、無視することはできないはずです。

後者に関しては、自助努力の割合が高くなります。大まかな指針については主治医に相談してもよいのですが、食事を見直し十分な睡眠を取ること、適度な運動をして、ストレスは溜めないといった一般的な内容が当てはまります。直腸癌が再発するという危険を抱えている一方で、他の病気にかからないという保証だってないのですから、それを予防するという観点からも必要なものでしょう。

社会人になって以降、久しく運動する習慣がないという人もいます。運動不足が数年、数十年と続いていくことが望ましいわけはありませんし、体が本来持っている生態リズムが狂ってしまうのは当然のことでしょう。直腸癌の再発を予防するということ以前の問題として、体に悪い暮らしをしていれば寿命が縮むのは当然のことです。運動に関して言えば、人間はいくら脳が発達した動物だとはいえ、体をまったく使わないように進化しているわけではないので、日常生活で体がなまってしまうようなら、やはり軽目のスポーツでもしたほうがよいでしょう。

食事にしても、ジャンクフードやファストフードばかり食べていては、直腸癌が再発しなくても、他の病気にかかってしまっても仕方がありません。病気になったりしない限り、意外に年齢を重ねるということは実感が伴わないものです。20歳過ぎの若者と同じようにはいかないことが分かっているつもりでも、健康を当然のことと捉えていたりしますし、体だってどこまで動かなくなっているのかは把握しきれていないものです。

体を気遣うのなら、年齢相応ということに加えて、自分の体の現状にあわせた対応をすることが肝心です。直腸癌が再発することを初めとして、健康のためという役割が強いのですから、肉体を強靭に変えていくことを目的にした若い頃のような負荷をかけることは適当ではありません。筋肉や心肺機能に無理をさせて、そのことによって超回復を引き出すようなことをするのは、体を弱らせるきっかけになりかねません。

スポーツにおいて高い実績を上げることはもはや必要ないことですし、いくら追求しても身体能力は衰える一方です。体力という言葉でくくるとあいまいになってしまいますが、スポーツにおける瞬発力や持久力のような意味合いでの体力と、直腸癌が再発するのを予防する能力としての体力は、まったく異なる性質のものです。体力作りという言葉にだまされて混同してしまうと、健康になりたいのか、体を酷使したいだけなのか分からなくなってしまいます。

目的を見誤ってしまうことなど、そう簡単に起きることではないだろうと思うかもしれませんが、実際には珍しくはありません。加齢という万人に共通の現象は、意外にも適応が難しいものです。直腸癌の再発を予防することを筆頭にして考えるのであれば、それを心から話さないように努めましょう。激しい運動をするよりも、緩やかな有酸素運動の方が健康的な暮らしという観点では優れています。

筋肉を柔らかく保ち、柔軟でしなやかな体でいるための運動として考えておけば、心臓が張り裂けるほどに体を酷使したりはしないはずです。身体能力を高めるよりも、直腸癌が再発することを予防することの方が大切なはずです。ちょっとした散歩だって十分な運動になることがわかるでしょう。無理をするよりも、続けられる程度の負荷にとどめておくことが健康に貢献する運動の秘訣です。また、睡眠にしても必要不可欠な要素です。直腸癌を再発させないためにも、規則正しい暮らしを送っていきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

転移前の直腸癌手術は保留する

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

転移が起こる前の直腸癌手術については即決するべきではない。そんなメッセージを友人からもらったのは、医師から今後の治療について説明をされ、友人にその件で相談をしたときでした。特に医療関係の仕事をしているというわけではないものの、昔から興味の範囲のひろかった彼なら、何か適切なアドバイスをしてくれるかと持ちかけたところ、返ってきたのが冒頭の言葉でした。直腸癌手術には危険が伴うので、転移前であれば抗がん剤治療などで処置すべきだというのが論拠のようです。

あくまで医師の言葉でもないので、額面どおりに受け止めるわけにも行きませんが、体にメスを入れられるというのは抵抗があったので、その助言にすがりたい気持ちがすぐに湧いてきました。主治医にしても、他に選択肢がないというような強硬な姿勢で勧めてきたのではないのですから、こちらがはっきりと意志を示せば十分に尊重してもらえそうにも思えます。転移が現実になるまでは直腸癌手術を控えるという選択をする場合に、どのような留意点があるのか、そこまでの詳細を友人が知っているわけもなく、それは担当してもらっている主治医に懸案事項として相談することに決めました。

どうやら友人の知り合いに、私と同じ病気にかかった人がいて、手術をしても思うような結果が得られなかったということから、私へのアドバイスが出てきたようです。
それは後日談だったのですが、少なくとも私の知人にはそういった人がいなかったので、参考になる話でした。できることならその人にあって転移や直腸癌手術について体験談を聞かせてほしいという希望もあったのですが、友人にとっても親しい間柄の人ではないということだったため、対面は叶わずに終わってしまっています。

学生時代から広い人脈を誇っていた彼は、社会に出てからより一層人脈を広げていったようです。時折会って話をしていると、次々に新しい知り合いを開拓しては様々な情報を披露するので、いっそ営業マンに転身するか、ジャーナリストにでもなった方がよいのではないかと思ったほどです。そんな成り行きがあったので、転移はしていないことや直腸癌手術を考えているということを相談してみたのですが、案の定知り合いにツテがあったというわけです。

人望が厚いには厚いのかもしれませんが、どっしりした風格を携えているわけではなく、むしろひょうひょうとした印象のある彼がここまで人脈を広げてきたのは、物怖じしない性格と絶えることのない好奇心なのでしょう。どちらかといえば引っ込み思案な私は、医師から症状が転移していないことを聞いたときにも、今後の見通しについてあれこれ質問していいものか悩んでしまいましたし、直腸癌を手術する場合に予想されるトラブルや成功率など、聞きたいことはあっても失礼かもしれないと思って口をつぐんでしまいました。

おしゃべりな性格になりたいとは思いませんが、必要以上に医師の顔色を伺ってしまうようなところは治したいものです。気難しそうな顔をした主治医は、反論すればすぐにプライドを傷つけられたと感じて怒り出しそうな雰囲気があって苦手なのですが、疑問ぐらいはしっかりぶつけた方がよいのかもしれません。もし直腸癌手術を受けるとすれば、それに伴う不安や戸惑いも多く噴出することになるのですから、今のうちに何でも話し合える仲になっておかないと、かえって面倒なことになってしまいそうな気がします。

治療方針についても一方的な説明を受けただけですし、実際のところ他の臓器に転移が起こる見込みがどれくらいあるのかも知らされていない有様では、気持ちが落ち着くはずもありません。友人からはセカンドオピニオンも勧められていますが、交通事情などを考えると、結局近場で通える大病院というのが今のところぐらいしかなく、それなら他の病院と天秤にかけるよりも、直腸癌や手術のこと、今後の治療のことなどを主治医にしっかり説明してくれるように頼む方が効果的な気がします。

これだって人間関係なのですから、相手を敬遠して距離をとっていれば、ますます気まずくなる一方な気がします。苦手な相手にこそ積極的にコミュニケーションを取った方がいいと、何かの本で読んだ記憶があるのですが、その教訓を実行してみるチャンスが到来したようです。まずは手始めに、直腸癌を手術する必要性があるのかどうか、どのような根拠で判断をしたのかについて尋ねてみようかと思います。

納得いく説明があれば、考えを変えて直腸癌の手術に乗り切るという選択肢も出てくるでしょう。直腸以外の臓器にまで転移が進んでしまうことは避けたいところですし、手術以外に思わしい結果を期待できる治療がないのであれば、わがままも言っていられません。ベストな選択をするためには、色眼鏡で見ることなく冷静で無垢な気持ちで判断を下すことが必要でしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

当サイトは直腸癌にかかった方や、その不安を持っている方に、治療や症状・検査、手術等の情報を提供することを目的にしていますが、直腸癌の治療には絶対はありません。

症状や転移の状態によって、最適な選択肢は変わってきます。

闘病生活においては地道に情報を収集した上で検討を重ね、主治医と相談しながら最良と信じられる決断を下していくことが求められます。

普段は意識することのなかった健康という最も大切な宝物を取り戻すことは、人生においてこの上なく大切なことです。

生存率や名医の情報をはじめとして知っておきたいことや、知っておくことで役立つことはたくさんあるはずです。

当サイトを皆さんのご参考にしていただければ幸いです。

当サイトは客観的な情報の提供に努めていますが、個人的な意見・見解を含んでいます。

ご利用中においては自己責任でご判断をお願いします。
当サイトはリンクフリーです。

リンクの際には事前のご連絡は必要ありませんので、ご自由にお願いします。