February 01, 2007

豊胸手術代の為に保険金殺人

livedoorニュース−豊胸手術代欲しさに夫を毒殺した米女性に有罪宣告
 豊胸手術の費用などを捻出(ねんしゅつ)する為、海兵隊員の夫を毒殺し保険金を受け取っていた米カリフォルニア州在住の女(33)が30日、当地で陪審員に有罪を宣告された。
 事件は、サンディエゴ近郊のミラマーにある海兵隊基地に住むシンシア・ソマー被告が、2002年に夫のトッドさん(当時23)を殺害したもの。2003年に夫の肝臓からは通常レベルの1000倍以上もの砒素が検出され、その後同被告が殺人などの疑いで逮捕されていた。
 物的証拠に乏しい事件だったが、検察によると、同被告は当初、心臓発作で亡くなったとされた夫を亡くして悲しみに暮れる妻を人前では演じていたが、夫の死後5時間の間に金銭に関する4件の問い合わせを行ったという。また、夫の死後数週間の間に豊胸手術費用として5400ドル(約65万円)を支払ったのを初め、男女4人と性行為を行ったり、自宅で派手なパーティを開いたりしたという。

 今回、有罪判決を受けたソマー被告は、保険金で豊胸手術の費用を捻出する為に、砒素で夫を毒殺したそうです。実際、夫の死後数週間と経たない内に、豊胸手術代金を支払っていたらしく、その冷酷な人間性が如実に窺えますが、一般的な感覚として、夫が死んで四十九日にもならないのに、おっぱいがデカくなってちゃ、そりゃ疑われるでしょう。

「オイ、あの女、旦那が死んだばかりなのに、突然Eカップになってるぞ。怪しくねえか?」

 事件の捜査にあたっていた警察も、恐らくそう思った筈です。勿論、これが盲腸手術であれば何の問題もありませんが、豊胸手術というのは不謹慎というか何というか、とりあえず未亡人が喪に服している態度とは言い難い。この様に、もしあなたの近しい人が謎の変死を遂げた際、余り場にそぐわない振舞いをすると、要らぬ疑いを招く恐れがあります。

「オイ、あの男、かみさんが死んだばかりなのに、突然髪の毛がフサフサになってるぞ。怪しくねえか?」

 己の妻が死んだ直後に、やはり植毛手術はまずい気がします。一刻も早く、と焦る気持ちは分かりますが、せめて1年ぐらいは待ちたいものです。

「オイ、あの女、旦那が死んだばかりなのに、突然英語がペラペラになってるぞ。怪しくねえか?」

 経済のグローバル化が叫ばれる折、現代人にとって確かに英会話は必須のスキルとなりました。それにしたって、夫が死んだ直後に英会話教室に申し込む事はないでしょう。

「オイ、あの男、かみさんが死んだばかりなのに、突然包茎が治ってるぞ。怪しくねえか?」

 この場合は、殺人云々の以前に、下半身丸出しで何やってんだ、という話ですが。

cyprish at 17:02│Comments(0)TrackBack(1)海外 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 短小・包茎を自宅で治す方法  [ 短小・包茎を自宅で治す方法 ]   February 03, 2007 20:38
短小・包茎を自宅で治す方法の調査を進める中で、やはり身近な成功例が一番気になる

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔