ニューヨーク駐在英語

アメリカでの生活の中で拾った教科書に載ってない言い回しなどを中心にご紹介していきます。

February 2009

理解できねー

Make sense
は、受験英語でも習う熟語で「〜がよく理解できる」とか、「〜は道理にかなっている」という意味です。これ、アメリカ人は会話でとってもよく使ってます。

誰かが何か言ったことに対して「Make sense!」とか「That makes sense!」と言えば「納得!」とか「なるほど!そうですね。」という意味になります。この場合のThatは相手が言った内容を指します。つまり、Make senseの前に来る主語の部分(ここではThat)が理解できる、道理にかなっている、という意味になるわけです。

否定形もとてもよく使われてます。
今日も私の会社のオフィスで、一緒に働いているアメリカ人が
It doesn't make any sense!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
と言ってました。 Make senseを否定形で使うと、「〜は道理に合わない/理解できかねる」という意味になりますので、上の例ではanyで強調されて「全く理解できねー!」という意味になります。

ニューヨーク駐在英語
(ランキング参戦中。1日1回、下の「ワンクリック!」ボタン1
ポチッよろしく! By Shin
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

グッドクエスチョン

アメリカ人に何か質問した際、相手が

It's Good question.

とか、
That's great question.
とか言って返してくることがあります。 


私は以前「それはいい質問だね。」という意味で言われているんだと思っていたんですが、実は質問に対する答えを知らない場合に使う返し言葉だということに気がつきました。


アメリカ人は(特にビジネスの場などでは)自分が何でも知っていて答えられるように見せたい、いいカッコしたい、という気持ちが強いことから、シンプルに「判りません=I don't know.」と言うのに抵抗があるように思います。


よって、この「Good question」とか「Great question」っていうの

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

は、ちょっと相手を持ち上げたような感じで「いいところに目をつけた質問だね」と言いながら、「いままで自分自身では疑問に思ったことが無かったので私が答えを知らないのも当然だよね、、」と言うニュアンスが伝えられて、とっても重宝している言葉のようです。

ニューヨーク駐在英語
(ランキング参戦中。1日1回、下の「ワンクリック!」ボタン1
ポチッよろしく! By Shin
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

Awesome

初めてアメリカに出張に来たとき、私がアメリカ人に「ねえ、こんなアイデアがあるんだけど、どう思う?」と聞いたら、

That's awesome!

(ザッツ アウサム と聞こえました。)と言われて、意味がわからなかったことがありました。「Awful(オーフル)=ひどい」は知っていて、それと似たような意味なんだろうと思ってちょっとブルーになったんですが、だいぶたってから全く逆の意味で「それはとってもいいね!」と言ってくれていたんだと知りました。


意味がわかるとよく耳に残るものですが、アメリカ人の会話で「Awesome」はとても頻繁に使われています。


あと、何か笑える面白い話を聞いたときにも「That's awesome」とかも言います。同じ用途で、話を聞いてひとしきり笑った後

That's (so) funny.

とか

It's hilarious.

(ヒラリアスと聞こえる)

と言ったりします。「あーおかしい」「超笑える!」といったような感じでしょうか。

「爆笑させる」という意味で

crack up

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

という熟語もあり、「あいつにはいつも爆笑させられる」というのは、

He always cracks me up.

って言ったりします。結構良く聞きますが、「crack up」なんて英語の教科書に載ってないように思います。


ニューヨーク駐在英語
(ランキング参戦中。1日1回、下の「ワンクリック!」ボタン1
ポチッよろしく! By Shin
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

What's going on?

アメリカ人が初対面の人に会ったとき「はじめまして」の
Nice to meet you.

を言っているのは良く聞きますが、英語の教科書に良く出てくる

How do you do?

は聞いたことがありません。


知っている人に会ったときは、
定番の

How are you?

はやはりよく聞きます。また、
How are you doing?

(ハユドュイング、と聞こえる)
も多いです。

あと、仲のいい人同士でくだけたかんじでは、
What's up?

(ワサップと聞こえる)
What's going on?

(ワッツゴーンゴンと聞こえる)
なんかも良く聞きますが「おっす。最近どう?」みたいな感じです。

Howがつく挨拶の返しには

I am fine, thank you.

という教科書の定番も良く使われてますが、

I'm good.

とか、ただの

Good

なんかも非常に良く聞きます。ちょっと変わったところでは

Fantastic

とか

Excellent

なんかの1語も使われてます。

What'sがつく挨拶は「最近何か変わったことあった?」というような意味の問いかけなので

Not much

(別に、、いつもどおりだよ、の意味)

とかが多い返しです。

英語での会話のスタートには挨拶が非常に重要です。というのも、アメリカでは相手が嫌いな場合は別にして、大きな声で挨拶しない人はほとんどいないからです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

「会話して大丈夫かな?」と相手を不安にさせないように、にっこり笑って大きな声で挨拶しましょう。


ニューヨーク駐在英語
(ランキング参戦中。1日1回、下の「ワンクリック!」ボタン1
ポチッよろしく! By Shin
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


はじめまして

このブログに来ていただいてありがとうございます。
私はNYに駐在している者で、英語で仕事をしています。
まだまだ勉強中の身ですが、留学経験や英会話学校に通ったことの無い自分なりに、いままで英語を使えるように試行錯誤してきたことを皆さんにお伝えして行きたいと思います。少しでもお役に立てれば幸いです。

私もそうでしたが、日本で中学、高校の授業で英語を学習してきた経験だけで勝負しようとすると、読み書きよりも、聞いたり話したりするほうが断然難しいです。

日本の英語の教科書にのっているような内容の言葉づかいは、NHKのアナウンサーがしゃべっているような標準語の非常に丁寧な言葉だけなのが問題なのかもしれません。

実際の会話では、くだけた言い方が多くなるので、まずそこで「えにほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へっ」となります。難しい単語は使っていない場合が多いのですが、、。

そこで、まずは良く使われる言い回しで、教科書であまりみかけないような英語の言い回しをピックアップしていきたいと思います。

ニューヨーク駐在英語
お手数ですが、ワンクリックお願いします! 
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村
記事検索
ブログ管理人 ☆ Shinです

ニューヨーク→カリフォルニア→ニューヨークと引っ越しながらアメリカ駐在中のサラリーマンです。教科書に載らない英単語やスラング表現をブログとツイッターにて発信中。下ネタ&危険ワードもあり(笑)。アメリカのリアル英会話を一緒に学びましょう♡

フェイスブックに「いいね!」していただければ、Shinのアメリカ街角写真、英語の面白ニュース、ブログ記事更新情報など、皆様のフェイスブックに自動配信されます。よろしければ「いいね!」をワンポチッしていただけると嬉しいです。
Twitter

ブログ記事から厳選したお役立ち英語表現や、英語でつぶやかれた面白Tweetを和訳と一緒にお送りする「翻訳RT」など、面白くてためになるつぶやきをお届けします。フォローよろしく!
Twitter




当サイトはリンクフリーです。
掲載文書の転載については
記事にコメントください。

itioshi
itioshi
itioshi
カテゴリを選んでね!
itioshi
  • ライブドアブログ