ニューヨーク駐在英語

アメリカでの生活の中で拾った教科書に載ってない言い回しなどを中心にご紹介していきます。

December 2012

Uncle Sam

blogkijititle2

下の絵は第一次大戦のときの軍隊への勧誘ポスターですが、このおじさん、どこかで目にした事ありませんか?

この人、
実は架空の人物なんですが、アメリカ合衆国そのもののシンボルとされる「Uncle Sam」というキャラクターなんです。日本人にはあまりなじみが無いと思うんですが、アメリカ人にとって祖国のアイデンティティーとしてとっても大事にされてます。日本人にとっての富士山みたいなものでしょうか?



us


こちらは彼の全身イメージ。赤・青・白3色でコーディネートされ、☆のマークや紅白の縞模様をあしらって、アメリカ国旗を身にまとったようなスタイルです。
us2

また、名前の「Uncle Sam」はイニシャルにすると「U.S.」ですね。

ただ、彼がアングロサクソンの白人そのもの、といった顔立ちをしているように、このSamおじさんのイメージを特に愛しているのは、白人WASP(過去記事参照保守派、共和党支持者の方たちが中心で
アメリカ人全体ではありません。

さて、アメリカの保守派といえば、その主義の中に個人の銃の所持の権利を守ることがありますが、先日のコネチカットの小学校での銃乱射事件でアメリカ国内では銃の所持を規制しようとする動きが一気に加速しています。

これに対保守派所有の権利を守りたい人達の
危機感は非常に強いものがあり、
私の知り合いのアメリカ人保守派は、銃規制に前向きなオバマ大統領を敵視しています。仮にオバマ大統領が個人の銃規制に成功したら、暗殺されかねないと思うほどの激しさです

個人の銃保持の権利を主張する団体として非常に有名なのが、会員400万われるNRA=National Rifle Association (全米ライフル協会)です。このNRACEO最近の銃規制の動きに対し「学校に銃を装備した警備員を配置すべき」というメッセージを発信しています。

どうして彼らが個人の銃の保持にこだわるのか、その一つの理由には白人保守層の恐怖心があるのだと思います。もし彼らが丸腰になると、いままで差別・抑圧してきたマイノリティーに仕返しされるんじゃないか?という漠然とした恐怖心です。これは
根の深い問題です。また、こういった事件が起きるたびに、身を守るために銃を買う人が増え、銃が売れるという皮肉な状況になっており、銃の製造・販売ビジネスに携わる関係者は絶対に銃規制を許してはならないという思いがあるはずです。

個人と個人も国と国もそうですが、暴力に頼っていてはやられたらやり返す」の繰り返しで進歩が無いと思うのですが、、。学校を銃で武装したガードマンで守ったところで、ショッピングモールや映画館で銃を乱射されてしまっては意味がありません。まあNRAは、ショッピングモールや映画館にも武装したガードマンを配備せよと言うのでしょうが・・。

個人的にはアメリカで銃所持の規制が進む事を祈ってます。


「ブログランキングへの投票ワンポチッ」
よろしくお願いしま〜す!
Shinbye




赤鼻のトナカイ

blogkijititle2

2012年もあっという間にクリスマスを迎えてました。今回はクリスマスソング「赤鼻のトナカイ」の英語歌詞で、英語のお勉強でーす。

こちらは
新田 宣夫さんによる有名な日本歌詞です。

 真っ赤なお鼻の  トナカイさんは
 いつもみんなの  笑い者
 でもその年の   クリスマスの日
 サンタのおじさんは言いました

 暗い夜道は    ピカピカの
 おまえの鼻が   役に立つのさ
 いつも泣いてた  トナカイさんは
 今宵こそはと   喜びました


英語の原題は「Rudolph the Red-Nosed Reindeer」で、作詞・作曲はニューヨーク出身のクリスマスソングライターJohnny Marksさんです。


Rudolph, the red-nosed reindeer had a very shiny nose. And if you ever saw him, you would even say it glows.

=赤い鼻のトナカイとして知られるRudolphの鼻はピカピカだった。もしもあなたがRudolphを見ることがあるとすれば、あなたはそれ(鼻)が発光してるとさえ言うかもしれない。

赤鼻のトナカイさんは、Rudolphという名前だったんですね。なかなかカッコいい名前です。「トナカイ」はアイヌ語だって知ってました?英語ではReindeerです。Shinyは光が反射している様子で、Glowはそれ自体が発光している様子という違いがあります。「if you ever saw him」は、everを入れ、seeを過去形にすることで「見る事はまずないだろうけど、もし見たとしたら」というニュアンスの仮定法にしてます。

All of the other reindeer used to laugh and call him names. They never let poor Rudolph join in any reindeer games. 

他のトナカイ達は皆、彼を笑い罵っていた。彼らは
トナカイの遊びの中に、哀れなRudolphを決して入れてあげることがなかった。

「Call 〜 names」は「〜を罵る」「〜に悪口を言う」という意味の重要熟語です。「poor Rudolph」みたいにpoorをつけると「哀れな〜」ということになります。


Then one foggy Christmas Eve Santa came to say:
"Rudolph with your nose so bright, won't you guide my sleigh tonight?"

すると、ある霧の濃いクリスマスイブの日、サンタが来てこういった「Rudolphよ、おまえのその明るい鼻を使って、今夜私のソリを先導してくれないか?」

「Sleigh」はトナカイが引っぱるサンタの乗り物「ソリ」のことです。「Bobsleigh」(=ボブスレーのSleighです。

Then all the reindeer loved him as they shouted out with glee, Rudolph the red-nosed reindeer, you'll go down in history! 

これを聞いてトナカイ達は皆、彼のことを認めて喜びながらこう叫んだ「赤鼻のトナカイRudolph君、キミは歴史に名を残すぞ!」


「Glee」は「歓喜」で
Go down history」は「歴史に残る」という意味のイディオムです。

↓コチラでご確認ください



皆様良いクリスマスをお過ごしください!

「ブログランキングへの投票ワンポチッ」も、
よろしくお願いしま〜す!
Shinbye






VEGAN

blogkijititle2

aa

この漫画で出てくる
Vegan
っていう単語、よく雑誌等で目にします。

Veganというのは
「純粋菜食者」とか「完全菜食主義者」という訳になりますが「Veganism」のフォロワーを指し、牛乳・蜂蜜・卵なども食べない主義の方たちのことです。ベジタリアンの中でも制限が厳しいです。

以下、Wikipediaによるベジタリアンの分類です。


Lacto-ovo-vegetarian

乳卵菜食
乳製品と卵は食べる。

Lacto-vegetarian
乳菜食者
乳製品は食べる。チーズは乳製品であるが、牛を屠畜して胃を取り出して消化液を集めたレンネット(凝乳酵素)を使用して作成されたものは食べない。

Ovo-vegetarian

卵菜食者
卵は食べる(鳥や魚介類などの違いは問わない)。無精卵に限り摂る人もいる。

Vegan

純粋菜食者 完全菜食主義者
倫理的、環境的な理由で 乳製品、蜂蜜等も含む動物性の食品を一切摂らず、革、ウール製品、そして娯楽等食用以外の動物の使用も排除する哲学、人々。

ということで、Veganの方達は凄く動物や環境に優しく、自身の健康のためにもストイックな人たちというイメージがあり、お肉大好きな大多数のアメリカ人の中では修行僧のような感じで見られてるんじゃないかと思います

漫画の女性は、Veganとなってダイエット中だと言ってますが、その中身はコーヒーとタバコとダイエットコーラというとっても不健康なもの、それが笑いのツボのようです


こんなジョークもありました。

vv
訳:「ワタシ動物が大っ嫌いだから。それだけの理由でVEGANなの。」


「ブログランキングへの投票ワンポチッ」も、
よろしくお願いしま〜す!
Shinbye






フルーツ

blogkijititle2

仕事の話をしてるとき、アメリカ人がよく使う言葉で
Low hanging fruit
ってのがあります。

「Fruit」には「果実」の意味の他に「成果」とか「結果」「収益」「報酬」といった意味があります。果物の木を大切に育てて大きくしていく、実りをつけてくれるところからこういった意味が出てきたのだと思います。

そんで、この「Lowe hanging fruit」というのは「低いところにぶら下がっている果実」ですので、木によじ登る努力をしなくても、地面に立ってひょいっと手を伸ばせばすぐもぎ取ることができます。そこからビジネス上では「簡単に手の届く成果」という意味で使われてます。

たとえば、安くて性能の良い商品を持っている会社が、いままで手薄だった場所に営業所を出して、ライバル会社のシェアをガンガン奪っているようなケースを指して使ったりします。

なんか羨ましー感じのする言葉ですな〜。
どっかにぶら下がってないかしらん。

image


「ブログランキングへの投票ワンポチッ」も、
よろしくお願いしま〜す!
Shinbye






映画館ポスターで英語のお勉強です

blogkijititle2

こないだ映画館で観た「ARGO」という映画。信じられないような実話を基にしたストーリーにハラハラドキドキ、、とても面白かったです。(かなり実際の話とは変えてあるようですが

今回は、そのとき
映画館に貼ってあったポスターで英語のお勉強で〜す。


IMG_0720
GUILT TRIP
という題名の映画です。この「Guilt Trip」というのは慣用句(イディオム)で「罪悪感を感じされた状態が続いている様子」という意味です。「Be on a guilt trip」で「罪悪感を感じてる」となりますが、「Lay a guilt trip on〜」で「〜に罪悪感を感じさせる」という意味の熟語があり、この形で使われる事が多いようです。ポスターの写真を見る限り、Seth Rogenが演じる役の男が、女性に罪悪感を持たされているように見えますね。ちなみにこのSeth Rogenさん、いろんな映画で笑わせてくれますが、品がある感じで大好きです。


IMG_0721
SUCKER
は「だまされやすいヤツ」とか「何かに夢中になりすぎているヤツ」という意味のスラング。ポスターの言葉は「これがだまされやすい男の顔ですか?」と言ってます。Identity Thiefという題名の映画で、身分証明をだまし取られた男の話のようです。

IMG_0722
A HAUNTED HOUSE
Haunted 「幽霊にとりつかれた」という意味。ディズニーランドのホーンテッドマンションでおなじみですね? ちなみにMansionは英語では「豪邸」の意味です。日本で言うマンションのはCondominiumと呼びます。上の方に書いてある$*%!というのは放送禁止用語という感じで伏せ字になってます。たぶん「shit」のことだと思いますが・・。


IMG_0723

THE SORT-OF SEQUEL TO "KNOCKED-UP"
とあります。「Sort of」は「Kind of」カインダと聞こえます。コチラの過去記事参照)と同じく「〜みたいな」といった意味。「Sequel to」というのは「〜の続編」ということです。なのでKnocked-upの続編みたいなもの」となります。この「Knock up」ですが、映画・ドラマでよく使われる重要スラングで「妊娠させる」という意味です。「I knocked her up.と言うと「彼女を妊娠させちゃった。」という訳になります。

いかがでしたか?映画って本当にいいもんですね〜。それではサヨナラ・サヨナラ・サヨナラ。


オマケ:映画評論家、淀川長治さんのちょっとイイお話。Wikipedia より転載)
淀 川が若かりし頃、ある所へ講演に行った際、会場の出口で出待ちをしていたファン達と握手を交わした後、車に乗ろうと歩いていたら列の最後尾に居た一人の少 年が「握手して下さい」と左手を差し出してきた。腹を立てた淀川は「君、握手は右手でするもんだよ。左手で握手を求めること程失礼なことは無い!」と言い 放ち、少年と握手することなく車に乗り込んだ。しかし、車を発進させた直後、ルームミラーに少年の寂しそうな表情と、右腕が無い様子が目に入った途端、す ぐに車を止めさせた。大慌てで車から飛び降りて少年のもとに駆け寄った淀川は、号泣しながら自分の非礼を詫び、驚いた少年もその場で泣きだした。少年は、 不慮の事故で右手を失ったことと、講演が聴けなかったので、せめて握手だけでもしたいと思い、淀川と握手がしやすいよう、列の最後尾にいたことを、淀川に 語った。淀川は次の講演をキャンセルして、その少年と長い時間語らいを続けたという。


「ブログランキングへの投票ワンポチッ」も、
よろしくお願いしま〜す!
Shinbye





にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村
記事検索
ブログ管理人 ☆ Shinです

ニューヨーク→カリフォルニア→ニューヨークと引っ越しながらアメリカ駐在中のサラリーマンです。教科書に載らない英単語やスラング表現をブログとツイッターにて発信中。下ネタ&危険ワードもあり(笑)。アメリカのリアル英会話を一緒に学びましょう♡

フェイスブックに「いいね!」していただければ、Shinのアメリカ街角写真、英語の面白ニュース、ブログ記事更新情報など、皆様のフェイスブックに自動配信されます。よろしければ「いいね!」をワンポチッしていただけると嬉しいです。
Twitter

ブログ記事から厳選したお役立ち英語表現や、英語でつぶやかれた面白Tweetを和訳と一緒にお送りする「翻訳RT」など、面白くてためになるつぶやきをお届けします。フォローよろしく!
Twitter




当サイトはリンクフリーです。
掲載文書の転載については
記事にコメントください。

itioshi
itioshi
itioshi
カテゴリを選んでね!
itioshi
  • ライブドアブログ