平野博文官房長官は18日午前の記者会見で、沖縄県名護市長選の結果が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に及ぼす影響に関し、「5月までに(結論を)何とかしたいという気持ちには変わりはない」と述べ、選挙結果にかかわらず5月までの決着を目指す考えを強調した。 

【関連ニュース】
第174通常国会召集=「政治とカネ」で与野党激突へ
基地争点も、薄い政党色=民主は「自縄自縛」警戒
名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相
3新人が届け出=宮崎市長選
稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点

福岡の裏金接待、知事名で職員に回答命令書(産経新聞)
日米同盟深化、年内に成果…安保50年で首相談話(読売新聞)
別の客とトラブル、殴られ大学生が死亡 大阪(産経新聞)
参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針(医療介護CBニュース)