鳩山由紀夫首相は15日朝、衆院選マニフェスト(政権公約)で子供ひとりあたり月額2万6000円を支給するとした子ども手当について「(平成)23年度は当然予定通り、満額をやる。そのための財源も、歳出削減を徹底的にやって生み出していく」と述べ、23年度は22年度のように半額実施ではなく全額支給する方針を強調した。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は14日、首相のブログ読者を対象にしたお茶会「リアル鳩カフェ」で、参加女性から子ども手当の財源について「子供に借金を残すのではないか」と懸念が示されたことを受け、「財源は無駄を削減するなかで、余裕ができた分だけやる仕組みを作ろうと思っている」と述べ、満額支給にこだわらないと受け取れる発言をしていた。

 首相は15日、記者団から「ぶれているのでは」と問われ、「全然ぶれていない」と反論。前日の発言の真意について「財源はあくまでも歳出削減。その決意を申し上げた。それは変わらない」と釈明した。

【関連記事】
子供の成長に待ったはない バラマキやめ根本議論を
首相がブログ読者集めお茶会 子ども手当に感謝の声続出
“マニフェスト違反”で攻防 政治とカネに続く難問?
子ども手当、11年度から満額は困難 野田副財務相
給食費未納者の子ども手当減額、首相「検討してみたいな」

沖縄基地検討委の延期申し入れへ=与党3党国対委員長(時事通信)
<訃報>山澤由江さん50歳=寄席三味線奏者(毎日新聞)
痛烈に響くヤジ 小沢氏に「辞めろー」(産経新聞)
中川昭一氏再評価の声 2010年カレンダー注文殺到(J-CASTニュース)
死体遺棄容疑で74歳の無職男逮捕 兵庫県警(産経新聞)