岡田克也外相は12日午後の記者会見で、核持ち込みなど日米間の密約を外務省の有識者委員会が認定したことに関し、「マル、バツ、サンカクとレッテルを張るのはそう簡単ではない」と述べ、現時点では密約の有無をめぐる政府の公式見解を出す考えはないことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も(医療介護CBニュース)
<JR東日本>4月から京浜東北線・根岸線に「女性専用車」(毎日新聞)
<民主>複数人区、擁立進まず 「政治とカネ」が影(毎日新聞)
<トキ9羽襲撃死>犯人はテン、足跡から判明 環境省(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)