人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーについて虚偽の転居届を出し、無職の男がメンバーあての郵便物を受け取る事件があり、郵便事業会社は17日、4月から転居の確認を強化すると発表した。
 郵便局への転居届は、本人か第3者が窓口で手続きする方法や、はがきやインターネットで出す方法がある。
 これまでは、窓口に来た人の本人確認だけで、転居届の対象者が実際に旧住所から引っ越したかどうかは確認していなかった。
 4月からは本人確認資料に加え、転居者の旧住所が分かる資料の持参が必要になる。それがない場合、郵便事業会社は現地調査とともに、旧住所に確認書を投函(とうかん)。3日以内に連絡がなければ新住所への転送を開始する。 

【関連ニュース】
金融2社に「3分の1超」出資へ=改革新法で
チリ義援金、書留料金免除
トヨタのPHV10台を導入=日本郵便
小沢氏あて実弾?入り封筒=郵便局で発見
日本郵便の宅配事業見直し認可へ=総務省

「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)
生方副幹事長に辞任迫る=執行部批判を問題視-民主(時事通信)
自民・谷垣総裁「極めて独裁的」…民主解任方針(読売新聞)
海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ-神奈川県(時事通信)
警察手帳4冊を紛失=退職予定者から預かり保管中-兵庫県警(時事通信)