長崎市の伊藤一長前市長が銃撃されて丸3年を迎える17日、市は事件現場となったJR長崎駅前に献花台を置いた。午前中から前市長の死を惜しむ人々が訪れて冥福を祈った。

 前市長を個人的に応援していたという長崎市岩見町の三浦登志子さん(76)は「惜しい人を亡くした。本当にいい人」と目を潤ませながら話した。献花台前で手を合わせた後、こらえきれずに手で顔を押さえ「伊藤さん、生き返ってもう一度、市長せんですか」と涙声で呼びかけた。

 市は命日の18日も献花台を午前9時~午後5時半に設ける。

疼痛治療薬に関するライセンス契約が終了―持田製薬(医療介護CBニュース)
明石事故、真実の解明望む遺族…元副署長起訴へ(読売新聞)
うつ病チェック、健診で…来年度から実施へ(読売新聞)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷-東京(時事通信)