新型インフルエンザの予防接種のあり方を検討する厚生労働省厚生科学審議会の予防接種部会が27日開かれ、予防接種法が定める臨時接種の類型に、弱毒性ウイルスに応じた「2類」を創設することで合意した。
 現行の臨時接種は、致死率の高い強毒性新型インフルエンザや天然痘ウイルスを想定。社会経済機能の停滞防止を目的とし、定期接種の「1類」に準じて接種には努力義務が設けられている。弱毒性インフルエンザにはふさわしくなく、新たな枠組みが求められていた。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策
インフルワクチン製造で子会社設立=強毒向け、12年から販売-IHI
訪日外国人、過去2番目の減少=景気後退など響く

マタニティーマークの配布率76%=市町村での普及進む-厚労省(時事通信)
銘酒は名水から 吹雪の中での「寒九の水くみ」(産経新聞)
<菅副総理>「成長戦略を推進」を表明へ 経済演説(毎日新聞)
交通事故 京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが(毎日新聞)
千葉大生殺害 窃盗容疑で男再逮捕、カードで現金引き出す(毎日新聞)