青森、岩手、宮城、福島各県で偽一万円札が相次いで見つかった事件で、偽札の記番号が一致していることが29日、分かった。各県警は同一人物か同一グループが偽造して使用した可能性が高いとみて、割り出しを進めている。
 見つかった偽札は同日までに少なくとも計50枚以上に上る。いずれも個人商店などの小規模な店で使われており、青森県では1000円未満の少額商品が購入されていた。 

【関連ニュース】
東北各地で偽一万円札見つかる=35枚以上、青森では男が逃走
一万円札偽造容疑で2人再逮捕=飲食店利用か
偽一万円札使用容疑で男逮捕=大量印刷、1枚目で発覚
偽札使用容疑で仏国籍の男逮捕=都内で20枚見つかる
虚偽証言で捜索、署長が謝罪=偽千円札使用事件

桜開花予想 都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に(毎日新聞)
普天間移設「ゼロベースで検討」…首相言及(読売新聞)
教員免許更新講習 受講者9割「よい」(産経新聞)
報告書「大久保秘書に見せた」=石川議員が供述-提出前、「内容了承」(時事通信)
米軍ヘリパッド問題 国が反対派の妨害禁止求め提訴(産経新聞)