英国ピースヘイブン在住のアンジー・ベイカーさん(33)が20日までに、過去18回にわたる流産を乗り越えて、念願の赤ちゃんを出産した。

 まさに「やったぜベイビー!」と叫びたい瞬間が訪れた。実に19回目の「おめでた」だったベイカーさんは、ロンドン市内の病院で7ポンド(3175グラム)の女児を出産した。母子ともに健康。これまでの医師は、流産について「仕方のないこと」とくり返すばかりだったが、今回のセントヘリアー病院のハッサン医師は、手厚いケアを施して無事に出産を実現させた。

 念願の我が子と対面したベイカーさんは「流産はローラーコースターに乗るような気分だったけど、私はあきらめなかったわ。赤ちゃんは、私の小さな奇跡。まるで夢みたいね。ほっペたをつねらなきゃ」と喜びを語っている。

 【関連記事】
おめでた ベイカー ロンドン を調べる

提言のとりまとめに向け、議論を開始―データベース懇談会(医療介護CBニュース)
高木美帆のご近所のすし屋「ミポリン巻きずし」考案中(スポーツ報知)
氏名確認せず携帯電話貸す=「090金融」グループに-容疑で経営者ら逮捕・警視庁(時事通信)
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め(産経新聞)
平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)