愛知県警は、同県岡崎市藤川町河原、無職斉川俊勝容疑者(73)を偽造通貨行使の疑いで緊急逮捕し、23日、名古屋地検豊橋支部に送検した。

 発表によると、斉川容疑者は今月15日午後6時過ぎ、同県豊川市の服仕立て業の女性(65)方で、偽造した2000円札5枚を渡し、1万円に両替した疑い。

 調べに対し、「自宅のパソコンのプリンターで作った。生活費が欲しかった」などと容疑を認めているという。

 斉川容疑者は逮捕時、偽2000円札約40枚を所持していたほか、自宅からも70枚~80枚が見つかった。愛知県豊橋、豊川、岡崎市では今年2月頃から、20数件、約40枚の偽2000円札が見つかっており、県警が関連を調べている。

<器物損壊>消火器の投げ込み続発 神戸などの教会被害(毎日新聞)
<雑記帳>大好評「商店街スゴロク」 秋田(毎日新聞)
戦国武将に学ぶ「人間力」 7月、大和ハウスでフォーラム(産経新聞)
邦人1人が軽傷=タイ爆発事件(時事通信)
学校に落語家ら派遣=子どもの対話力向上図る-文科省(時事通信)