平野博文官房長官は2日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する鳩山由紀夫首相と関係閣僚の協議を同日中にも行う考えを示した。「本日中か」との質問に、「その方向でやらなきゃいけない」と答えた。
 協議には平野長官のほか、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司沖縄担当相が出席する見通し。首相は、訪米を終えて同日帰国した岡田外相の報告などを踏まえ、移設先に関する政府案の調整を急ぐ考えだ。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<知財高裁>「コーヒー豆名は商標」エチオピア政府が勝訴(毎日新聞)
郵政改革「最終案」で首相、閣僚懇で調整(読売新聞)
霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
太陽の塔 黄金の顔の目、40年ぶり点灯 大阪・万博公園(毎日新聞)
阿久根市長、市職労に事務所の明け渡し通告(読売新聞)