第二東京弁護士会の外岡潤弁護士(29)と知人のコンサルタント会社社長は3日、弁護士が酒類を振る舞いながら法律に関する雑談に応じる「弁護士バー」を今月12日、東京・渋谷に開店すると発表した。

 店名は「リーガルバー六法」。外岡弁護士は無報酬のバーテンダーとして接客し、客から要望があれば、後日、自分の事務所で有料で法律相談に応じるという。

 外岡弁護士は「これまで敷居が高いというイメージがあった弁護士を、もっと身近な存在にしたい」としている。

 一方、所属する第二東京弁護士会では、昨年12月に外岡弁護士が計画を公表した段階から、「事実上、店による弁護士業務の仲介に該当し、弁護士法に抵触する疑いがある」として撤回を求めており、中條高昭副会長は「実態を調査し、内容によっては弁護士会として懲戒請求することもあり得る」と話している。

<国立がんセンター>収納ミスを隠ぺい 職員15人を処分(毎日新聞)
子ども手当受給の外国人、22年度中に把握(産経新聞)
宗教施設など6棟燃える(産経新聞)
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割-看護師意識調査(医療介護CBニュース)
09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)