「途中何度も泣きそうになったけど完走できてうれしいです。就職活動もマラソンも一歩一歩進まなきゃゴールできない。きっと就活も頑張れると思います」

  [フォト]コスチュームランナー、いろいろな思い胸に東京マラソン楽しむ

 大学3年生の松永悠未さん(20)=東京都=は就職活動の真っ最中。すでに20社以上を受け、前日の27日も泊まりがけで石川県で就職試験。「不況で採用を取りやめる企業も多く苦戦中です。特に女子は厳しい。将来が見えず不安な気持ちになります」

 しかし、走っている間だけは、何も考えず気持ちが前向きになれたという。

 「私はのんびりした性格でマラソンも未経験。一緒に練習してくれた母に感謝の気持ちを伝えたい」

 この日のために用意したディズニーの人気キャラ、ミニーの衣装は松永さんの母親の手作り。「少し恥ずかしかったけど、やっぱり女の子なのでかわいい服で走るのはうれしい。コースの先々で両親がいてくれて…」

 きょう1日は朝から筆記試験で岡山県へ。「筋肉痛が心配ですが、今度は内定というゴールを目指して完走してきます!」

【関連記事】
重度の障害乗り越え…堤散歩さん、一歩一歩ゴールへ 東京マラソン
大津波警報で東京マラソン応援の屋形船欠航「大変残念」
東京マラソン 危険と隣り合わせのタレントランナー事情
転売ビジネスも…東京マラソン困った“不正出走”続々
「3日後に東京が一つに」 東京マラソンで石原慎太郎知事

水俣病 関東移住の未認定患者23人が提訴(毎日新聞)
<五輪フィギュア>小塚選手に声援 中京大キャンパス(毎日新聞)
<地震>山口県で震度4=午前11時50分ごろ(毎日新聞)
リスニングでミス 都立高入試実施(産経新聞)
五輪フィギュア 浅田が通った飲食店主がエール 名古屋(毎日新聞)