交際していた女性に嫌がらせのメールを送ったなどとしてストーカー規制法違反と脅迫罪に問われた大手化粧品会社「ノエビア」=神戸市=元副社長、大倉尚被告(43)の初公判が19日、神戸地裁(三宅康弘裁判官)であった。大倉被告側は「起訴状ではメールを送った目的が明確にされていない」として認否を留保した。

 起訴状などでは、大倉被告は交際していた20歳代女性から別れを告げられたことに立腹。女性が結婚後の昨年10月2~5日ごろ、女性に「あんたの悪事を暴くよ」などのメール約50通を送ったほか、昨年10~11月、女性の夫にも嫌がらせのメール約60通を送ったとしている。

 大倉被告は同社副社長のほか、子会社の常盤薬品工業(大阪市)の社長を務めていたが、今年2月逮捕され、辞任した。【重石岳史】

【関連ニュース】
防犯教室:痴漢、ストーカー対処法 署員が生徒に護身術伝授--四国中央 /愛媛
清水署警部補の情報漏えい:容疑で書類送検の警部補、不起訴 /静岡
県警:「安全対策係」発足、出陣式 子供と女性、安心して暮らせる町を /千葉
徳島市:不祥事防止対策会議を設置 /徳島
ストーカー規制法違反:容疑で予備校経営者逮捕--松江署 /島根

普天間移設で抗議集会=鹿児島(時事通信)
670年ぶり開門 東寺の東大門(産経新聞)
九州電力設備に車突っ込む、長崎中心部で停電(読売新聞)
アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)