長男は、もうすぐ卒園式です。
4月には、小学校の入学式です。
小学5年生の算数は、大きな山場になるであろう「分数」を頑張っています。

進捗状況

スタディサプリの進捗状況です。
1月25日にリニューアルしたため、画面表示が変わっています。

WS000082


5年生は30講座あるため、ようやく半分超えた程度です。
まだまだ先は長いですね。

5年生の算数の単元は、分数関連が沢山あります。(・∀・)

・分母の違う分数の足し算、引き算
 (通分、約分)

・分数と整数の掛け算、割り算

・少数と分数の関係。

・割り算を分数で表す。

・単位の違う数字を分数で表す。
 ⇒20秒=1/3分 等

これまでの帯分数や仮分数、公倍数、公約数の知識含めて色々問われる内容です。
足し算、引き算、掛け算、割り算 フル活用v( ̄∇ ̄)v
先取り学習が、復習にもなる瞬間ですね。

まずは、スタディサプリで、テキスト問題とウェブ問題を解きます。
image
足し算

image
引き算

image
掛け算
image
割り算

WS000083
スタディサプリウェブ問題♪
単元毎に複数問題でます!!


スタディサプリと並行して、教科書ぴったりテストです。
image


image

image
等々、全部載せてませんが、沢山問題解きました♪

分数は、難しいので、「NHK for School」の分数動画を見せたり、スタディサプリで小学4年生の分数を復習(WEB問題だけ解く)をしたり、多方面から攻めてみました。
頑張っただけあって、理解は出来た模様。

ちょこちょこ間違いもありますが、これからの小学校での勉強、学研ゼミのワンダードリル、
先の学年の問題を解く中で、総合的に復習していければいいと思います。

後は、お手製の問題で、定期的に確認していきたいと思います。
これは、覚えた事をすぐに忘れる対策として、最近始めました。
勉強を始めた最初の5分にお手製の小テストをするのです。

ちょっと前にした少数の割り算を1問。
分数の分母の違う足し算、引き算、掛け算、割り算を1問ずつ4問。
合計5問の小テストを5分で解かせる。

これが意外に、効果有
この習慣は続けてみたいと思います。
良かったら、皆さんもしてみてください。

最後に教材の紹介です。

今回もメイン教材はスタディサプリを使用。
▼スタディサプリ無料体験▼


我が家では、ワンダードリルを使用していますが、
最近は、スマートドリルで色々機能が追加されている学研ゼミ。
本気でスタディサプリの牙城を崩そうとする姿勢が見えます。
しかも、幼児~小学3年生とスタディサプリで勉強出来ない範囲もカバー。
6年生の学習からは、スタディサプリとスマートドリルの二本でするのもいいかもしれません。

▼学研ゼミ無料体験▼


ではでは( -д-)ノ 

応援クリックお願いします。!o(≧▽≦)o

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村        ブログランキング