小6算数を進めていますが、効率が落ちてきます。

なぜなら、、難しい~~からです。
何が難しいかというと、今ままで習ってきたことを総合的に使用する場面が増えてきたためです。

WS000228

スタディサプリの進捗状況です。
最近、頑張っているのは、「並べ方と組み合わせ」「速さ」です。


並べ方と組み合わせ

低学年の応用問題集なら出てきそうな内容です。
樹形図や表を使って、一生懸命パターンを洗い出します。
数学に入ると数式で解けるようになりますが、樹形図や表を書く勉強になるので、そのまま頑張らせています。

長男が悩んでいたのが、パターンを洗い出すときに樹形図と表形式どちらを使用するかの判断です。

問題:1~5のカードから3つを並べて整数を作ると何通り出来るでしょうか。

このような問題の時は、1,2,3の数字を取り出しても、123や321と並びが違うと違うパターンとして数えれるため、樹形図で数えます。

WS000230

先頭が1の時に12パターンあるので、12×5で60通り。
樹形図を使用した洗い出し方や掛け算は、すんなりと理解してくれました。


問題:1~5のカードから3つカードを取り出します。数字の組み合わせは何通りでしょうか。
123と321は、一通りとして考えます。
スタディサプリでは、色んな数え方を教えていましたが、長男が気に入ったのがこちらの数え方。
WS000231
対象の数字を縦に並べて、3つ取り出すパターンを左側から順番に書いていく方法です。
この方法だと、並びを気にしないでパターンを洗い出すことが出来ます。
全部で10通りですね。

長男には、並び替えて1と数えるなら樹形図を使えば?と教えてみました。。。

問題を解いているうちに、コツが分かったのか自然に出来るようになりましたが、三か月後くらいには忘れてそうな予感です。。


速さ

速さです。
時速、分速、秒速に関する内容を勉強します。

この単元が終わると、お出掛けしたときに、車の時速や、距離からの到着時刻の算出の話が出来るようになりますね♪

ただし、速さは、学習に時間がかかっています。
何に時間がかかるのか、、これまでの復習に時間がかかっています(笑)

問題:車で1時間40分で500㎞進みました。時速何kmでしょうか。

長男の式がこちらです。
500÷100×60=300   時速300km

答えは合っています。
分速から時速に変換するのに気付いたのも偉い!と褒めました。

ただ、少し気になったので、違う解き方を聞いてみました。

私「1時間40分を時間に直せばもっと簡単じゃない?1時間40分って何時間だっけ?」
長男「・・・」
私「少数使っていいよ。割り切れないか・・分数でいいよ」
長男「・・・」

完璧に忘れてますね。。
ということで、時間の単位の変換の問題プリントをネットで探して急遽追加復習です。
最終的には、500÷5/3で解きましたとさ。。

次のケースでは、、、

問題:分速300mで進みます。4分で何Km進むでしょうか?

長男「1200m」
私「問題文見てみて?単位違うよ。」
長男「12㎞」
私「ん?1㎞何メートルだったっけ?」
長男「1000m」
私「じゃあ1200mは、何Kmだっけ」
長男「・・・・」
私「少数忘れたかな?2000mから2kmに変換するとき頭で何してる?」
長男「1000で割ってる。」
私「じゃあ1000で割れば簡単だよね。」

という単位変換に伴うやり取りを色んな問題で3日続けて指摘して、3日目に怒ってしまいました。。。(≡ω≡.)
ついイラッっと。。。('д` ;)

最終的には、「長さの単位変換の問題」に絞った問題をネットで見つけて集中的に復習させたら解決しました。
というように、「速さ」というよりは、単位変換に手こずる結果になっています。
最レベ算数問題集等で重点的に鍛えるのが良さそうです。


反省点

それにしても、新しい単元を勉強するとき、スタディサプリの動画授業で勝手に学んでくれるのは、非常に助かります。
小学1年生なので、フォローは必要ですが、それでも大助かりです。

  
スタディサプリお勧めですよ♪

単元を定着させるために追加の問題集として教科書ワークを使用しています。

こちらも、お勧めすよ♪

今回の最大の反省点は、怒ってしまったことです。
単位変換についても、怒る事より復習問題プリントをさせる方が何十倍も効果がありました。

自己嫌悪のあまり、長男には、「勉強時間に今度パパが怒ったら好きな物3つ買ってやると約束しましたとさ。。。」

本当、反省です。。( p_q)
ではでは(*・ω・)ノ

▼クリックして頂けると嬉しいです!o(≧▽≦)o▼

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村        ブログランキング