くもんの小学生ドリル 3年生の文章の読解」で紹介しました公文ドリルが終わりました。

我が家の勉強時間は、国語15分、算数45分の合計1時間。
国語の時間にする教材が、なくなりましたので探すことにしました。

素直に「くもんの小学生ドリル 4年生の文章の読解」をしてもいいのですが、少し寄り道をすることに。。。。
理由は、「勝手に勉強する楽しさ「賢くなるパズル」」で紹介した宮本算数教室の教材が良かったので、他の教材も試してみたくなったのです。

選んだのがこちら!
71KbOuT4iXL
「算数と国語を同時に伸ばすパズル(入門編)」です。

算数と国語を同時に伸ばすパズル(入門編)

早速内容を紹介したいと思います。
こちらが、本書のホームページでも公開されている例題です。
WS000280

文章を読んで、情報を整理、条件分けしていく推理パズルのような問題です。

本書の特徴として以下の内容が明記されていました。
・文章を正確に読み取る力がつく
・条件を整理する力がつく
・何が問われているかを理解し、考えを組み立て、正解にたどり着く力がつく 
算数の「推理・論理」の単元を強化しつつ、国語も理詰めで論理的に解けるようになる。
そんな工夫がしてあります。
特に、情報を整理するために答え欄に「表」が用意されているのが素晴らしいですよね。
表を、書くのは簡単なんですが、小学1年生には、情報を表で整理しようという意識がありません。
本書の問題を沢山解いていると、情報を表で整理する重要さにきっと気づいてくれるはず!!
(気づいてくれーヽ(TдT)ノ)


難易度は、「入門編」⇒「初級編」⇒「中級編」⇒「上級編」とありますので、ホームページのサンプルページを見て判断するといいかもしれません。
我が家も、買う前に「初級」の例題を解かせました。
WS000279

こんな問題です。
普通に解けたので、「初級編」から始めるか!と思っていました。
思っていたのに・・・・・買ったのは「入門編」v( ̄∇ ̄)v
間違って楽天でポチっと購入してしまいました。。・゚・(ノД`)
仕方ないので、国語の時間に使用しています。
問題数は、
初級問題が8問。
中級問題が8問。
上級問題が9問。
全部で25問あります。
一日4問ずつ解いていくので、すぐに終わるでしょう。
(裏ページの算数パズルも一緒に解いてます。♪)

この後は、様子をみて、「初級編」か「中級編」を購入したいと思います。

宮本算数教室の教材、国語関係もお奨めですよ♪

▼クリックして頂けると嬉しいです!o(≧▽≦)o▼

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村        ブログランキング