橋下徹大阪府知事は13日夜、自民党の舛添要一前厚生労働相から電話があり、大阪全体を経済特区とする構想の説明を受けたことを明らかにした。その上で、同知事は「僕は地域政党でやりますと話した。一緒にとかいう話は全くない」と述べ、舛添氏から国政レベルでの連携を打診されたが断ったことを示唆した。大阪府庁で記者団の質問に答えた。
 舛添氏のこうした行動をめぐり、一部報道機関が新党を視野に橋本氏との連携を模索していると報じたことについては、同氏は「(舛添氏の)離党はないんじゃないか」と述べた。 

【関連ニュース】
小沢氏と碁の対局約束=自民控室では言葉なく
地域医療強化、4年で4兆円=自民
両院議員総会長に木村氏=自民
自民、21日に党紀委
公約変更「国民は納得せず」=たちあがれ日本との連携否定

技術協力へ連携強化=温暖化対策で中国高官と会談-環境相(時事通信)
<都ぼったくり条例違反>初摘発 風俗店経営者ら(毎日新聞)
高校2階、手すりと共に落ち生徒2人重軽傷(読売新聞)
兜町のカード決済代行会社強盗、容疑の男3人逮捕(産経新聞)
<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)