偽造クレジットカードを使って買い物をしたとして、警視庁組織犯罪対策特捜隊などは、不正作出支払用カード電磁的記録供用と詐欺の疑いで、ナイジェリア国籍、埼玉県所沢市東所沢、自称自動車部品輸出入会社役員、ウオケジ・チャールズ・チュクス容疑者(41)らナイジェリア人の男3人を逮捕した。同隊によると、ウオケジ容疑者ら2人は容疑を否認、残る1人は「他人のカードを使った」とおおむね容疑を認めているという。

 同隊の調べによると、ウオケジ容疑者らは昨年7月1日、福島県白河市のディスカウントショップで、韓国に住む韓国人女性の磁気データが入った偽造クレジットカードを使い、腕時計や指輪など7点(計約55万円相当)をだまし取った疑いが持たれている。

 3人は複数の外国人名義のカードを使って昨年5月から昨年夏にかけ、ゲーム機など約110万円を購入していたとみられる。同隊は3人が商品を換金し、現金を得ていたとみて捜査するとともに、磁気データの入手先を調べている。

【関連記事】
指南役は中国人…偽造クレジットカード3千枚押収、14人逮捕
カード偽造工場を摘発 組織的に「買い回り」?
関西の鉄道で使えるプリペイドカード偽造 韓国人犯罪グループ摘発
偽造乗車カード使用容疑で男2人逮捕 大阪府警
偽造カードで買い回り 暴力団組員ら5人逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

ローソン本社に脅迫文、3000万円要求(読売新聞)
大田区の住民 用地取得費5億に疑問 損害補填求め監査請求(産経新聞)
<郵便不正裁判>団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
苦手分野に重点=実用問題も多数-学力テストが終了・文科省(時事通信)
キャンベル米次官補が27、28日に来日 普天間問題を協議(産経新聞)