宮崎県で多発する家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)問題で、赤松広隆農相が10日、県を訪れ、東国原英夫知事と防疫対応などについて意見交換した。農相は「国としてやれることはすべてやる」と全面的な支援を表明。知事は「支援に感謝したい」と述べ、感染経路の究明や防疫対策、農家への経済的支援を求めた。

【関連ニュース】
口蹄疫:対策を関係閣僚に要請 平野官房長官
口蹄疫:宮崎の2市町で新たに確認 35例目
口蹄疫:1例目ウイルスはアジア地域と近縁 農水省が確認
口蹄疫:宮崎で12例目 川南町で新たに確認
口蹄疫:11例目疑い 宮崎

東国原知事が小沢幹事長と会談、話題は…(読売新聞)
新種の翼竜化石発見=あごに多数の歯-米大学(時事通信)
<火災>温泉宿泊施設から出火、1200人一時避難 静岡(毎日新聞)
パート女性“虎の子”貴金属1200万盗難(産経新聞)
バイク放火容疑で男再逮捕=連続不審火との関連捜査-千葉県警(時事通信)