2005年12月06日

冬桜の時間感覚

2496bfae.jpg冬桜は、1年に2度(春と秋)咲くらしい
まるで、他の花に比べて2倍の時間を持っているようだ

こう思った瞬間に、最近、何故だろう・・と考えていた疑問の答えを導くヒントが見つかった!

最近、自分が以前よりも、時間的な余裕や充実を
感じていたけれど、その理由がわからなかった

もちろん、自分を取り巻く環境が日々の睡眠・移動時間を
短縮し物理的な時間を新しく生んでいることは間違いなかったが

でも、それだけじゃない・・何か、こう満ち溢れた感覚
時間があるという充実感で溢れていた

そして、納得できる解が見つかった!


それは、目標がはっきりしたことからくる
“精神的な変化”と“集中”だった

これまでの日々のぼんやりとした透明の時間が
はっきりとした色のついた時間に変わったことからきていた

人生って目標がなくても、きっと生活していけるけれど
「こうありたい」という目標やセルフイメージがはっきりすればするほど

目標に向かう集中力を高め、人生に濃い時間を与えてくれるのだろう

きっと、冬桜に流れている時間は咲くことだけをイメージし
持てるすべてをその目標に注ぎ込む充実した時間なんだろうな・・

だから2回も咲く・・・そう。
きっと、そうに違いない・・・科学的な根拠ゼロだけど。(笑)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/d328/50255243