バンクーバー五輪スピードスケート代表の高木美帆選手(15)の姉、菜那選手(17)=北海道帯広南商高2年=が3月12~14日にロシア・モスクワで開催される世界ジュニア選手権の切符を手にした。

 美帆選手も既に世界ジュニア選手権の出場を決めている。菜那選手は14日、代表入りをかけて明治北海道十勝オーバル(帯広市)で開かれた全日本ジュニア選手権に出場。代表権は4種目の総合得点で争われ、やや苦手とする最終種目の三千メートルでは終盤にペースが落ちたが、東出俊一監督が「美帆が待ってるぞ」と叫ぶと、負けん気を発揮。自己ベストの4分25秒18のタイムで3位に食い込み、総合得点では2位に浮上して代表に選ばれた。

 15日には市役所を表敬訪問。妹から「一緒に行こう」と誘われていた舞台だけに、「目標を達成できてうれしい」と喜びを語った。17日には家族とともにバンクーバーに応援に向かう。大一番を迎える妹については「美帆らしい滑りで頑張ってほしい」と話した。【田中裕之】

【関連ニュース】
五輪スピード:高木まずまず 岡崎スタートでミス 記録会
高木美帆選手:万能15歳 サッカーも陸上もダンスも
スケート:高木美帆選手、高校推薦入試前倒し 五輪出場で
スピードスケート:初々しく意気込み 中3五輪代表の高木
スピードスケート:バンクーバー五輪日本代表19人を発表

続投に国民の厳しい評価、小沢氏は強気の姿勢(読売新聞)
<個所付け>民主、資料の一部を野党に提出(毎日新聞)
<道路予算>3府県で10%以上増、参院選事情も反映?(毎日新聞)
龍馬伝にも登場、弥太郎・母「へそくりつぼ」発見(読売新聞)
<朝日新聞>大分、佐賀県で夕刊廃止 3月末で(毎日新聞)