2009年11月11日

BMW Z4クーペとポルシェケイマン

先週末、ひそかに次期マイカーとして狙っている

BMW Z4クーペとポルシェケイマンを

大阪市内の某高級外車中古専門店まで

見に行ってきた。

地元の福井ではZ4クーペやケイマンの実物を

見ることなどできないので、大阪にいる間に

実物をぜひ見ておきたかった。

その店には両方の在庫があり、Z4クーペは

2006年式で320万円、ケイマンの年式は

忘れたが、価格は510万円だった。

両方とも試乗はできなかったがシートに

座ってエンジンをかけるまではOKだった。

印象としてZ4クーペはシートのリクライニング幅が

非常に少なく、シートを倒して休憩などは

絶対できない。

また通常のドライビングポジションも背もたれが

かなり立った、いわゆるレーシングポジションを

強制される。

それに前期モデルのZ3で気になったトランスミッション

の出っ張りによる右足への圧迫もやはりあった。

Z3ほどひどくなないが、気になるレベルではある。

結論から言えばロングドライブは不可能なクルマで

外観はとっても好みでかっこいいのだが

実用性に欠ける。

オレはロングドライブが趣味なので正直Z4クーペで

長時間の運転はちょっと無理がある。

実物を見て初めて分かったのだが、やはりZ4クーペ

は買うべきクルマではないのだ。

非常に残念。

もう一台のポルシェケイマンはZ4クーペと違い

ドライビングポジションに全く不満は無い。

運転姿勢もリクライニングも全然OKである。

さすがポルシェ。

しかし・・

後ろのトランクを開けても、荷物を置く場所が

全くない。

いや、あるのだが、旅行カバンひとつ入れる

だけども四苦八苦するくらいの狭さ。

やはりロングドライブには向かない。

ケイマンは個人的に思い入れのあるクルマで

ぜひ欲しかったのだが、実物を見てやはり

購入すべきではないんだな、と思い残念至極

であった。

こうなると、次の購入候補はBMWの3クーペ、

3000ccのツインターボモデルとなる。

こちらはまだ実物を見つけていないのだが、

今度中古車雑誌を熟読してどこかで見つけようと

思う.

まあ、クルマは欲しいと思ってるうちが楽しくて

買ってしまえばゼニが減ってがっかりするものだ。

いまBMWが欲しいと言っているが

それも出世して年収が700万円以上になったら

の話である。

正直ボーナスゼロの今、年収は700万円に

笑ってしまうほど遠く及ばない。

でも願望としては、あと2年以内に出世して

年収700万円をゲットしたい。

そうしたらBMWぐらい乗ってもいいかな、と

自分で自分を納得させられる。

そのためにも、仕事を頑張らねば。

300馬力のBMWターボに乗りたいゾウ。



d4y2 at 22:45コメント(2)トラックバック(0) 
生活 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Regain   2009年11月14日 02:04
ケイマン、かっこいいですねー。
スポーツカーは男のロマンですな。

自分は、タコマに乗りたいですが、日本じゃ乗れるような置く場所も走る場所も安いガソリンもありません。
2. Posted by 工員   2009年11月14日 16:20
>Regainさん
タコマ、Xランナーもダブルキャブも
かっこよいですな。
国内のハイラックストラックよりさらに
でかくて、全長はまさにトラック並?

駐車場に困りそう。
でも荷台で車座で宴会できそうで
楽しそうですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星