D51 63のアルヴァム

趣味の鉄道写真・切符蒐集について発信していきます

さよなら5225F

今年小田急では3月16日に5000形×2・10000形(HiSE)×1・20000形(RSE)×2が引退しますが、そのうち5000形は5255Fと5063Fが残っていて5255Fは一足早く本日1月18日をもって営業運転は終了となりました。
というわけで私は撮影に行ったのですが午前中は睡眠が足らないせいかやる気になれず午後から撮影しました。
5255Fの運用は小田急のホームページThe Last Runningの引退発表によるとお客さまセンターでおしえていただけるということでした。

まず最初に
撮影したのは新宿13:31発急行小田原行
500形4連は3000形の新宿寄りに連結されているので後追い撮影です。
鶴巻温泉で撮影しましたが特に後追いがキレイに撮れるといわけではなくRSEやHiSEの上り列車をきれいに撮りたかったためです。
hise
HiSE―NSE・LSEと受け継がれた3代目の展望席
rse
RSE―JR東海の371系と一緒にお別れです
mse
MSE
5255-1


そしてやっときた5255F
伝統の小田急顔は5000形で最後となりますが5000形の静態保存を海老名かどこかでやってほしいものです

その後厚木で小田原からの折り返しを撮影
と思ったら2,3分遅れで本厚木を出たため橋の上で対向の急行と被ってしまった(涙)
なのでずいぶん広角な構図で撮影しました。
5255-2
ヘッドライトは1つだけつけるのが常用なのですが2つついています
5255-3
意識したわけではないのですが流し撮り風になりました





小田急―New Year Express

☆::*Happy-New-Year*::☆
明けましておめでとうございます今年もD5163のアルヴァムをよろしくお願いします

さて本日1月1日本当は家でゆっくりと初日の出を楽しみたいところなのですが前記事でもお伝えしたとおり本年3月をもってHiSEが引退となります。
小田急は毎年大晦日から元日にかけて『New Year Express』を運転しています。
なので今年のニューイヤーエクスプレスがHiSEにとっての最後の年越なのです(`・ω・´)
ということで新年早々朝3:30に家をでて新百合ヶ丘まで撮影に行ってまいりました\(^o^)/
1
多摩線の終夜運転は余りにもひどい∑(>д<) !!一時間間隔ってどゆことΣ(゚д゚;)
今年は 新宿始発で       片瀬江ノ島行き  8本
           
      小田原行き
     2本
     北千住
始発で    片瀬江ノ島行き1本
     本厚木
始発で    新宿行き    1本
     片瀬江ノ島
始発で 新宿行き     1本
という感じです。
そのうちHiSEが充当されるのは新宿4:15発小田原5:26着のニューイヤーエクスプレス15号☆彡
そこまで深夜すぎなくてよかったです(#^.^#)

真っ暗ななかでの撮影なのでもちろん走行写真は撮れるわけもなく新百合ヶ丘駅で停車する電車を撮影しました。
ニューイヤーエクスプレスを撮影したのは初めてで、さすがにこの年末年始の忙しいときにわざわざ撮影する人なんて全然いないだろうと思い13号の到着する4:21分の10分前に行きましたがなんと多摩線ホームの小田原より端は大混雑黒いジャンパーを着た小田急ファンの方々で埋められていました。しかも2分の1はホームで三脚を立てるマナーのなってない人たち(;>_<;)なんとかして欲しいものですm(_ _)m
人垣になって撮影されていたので最後尾でカメラを構えます。やはり狭いのでそこまでいい撮影地ではないのですがしょうがありません(ノω;)
3
早速来た13号。VSEが入ります。シールのヘッドマークが張り付けられています
4
そして今回の目玉HiSE運用の15号(*^^)v
HiSEの迎える最後のお正月
となります゚(゚´Д`゚)゚
HiSEにはニューイヤーエクスプレスの幕が付いていないためニューイヤーエクスプレスの前身である初詣号の幕を使用しています(写真じゃわかんないけど(´∀`*))
5
LSEが走る17号。旧塗装車両が入ってくれました(*^^)v
LSEはニューイヤーエクスプレス専用の幕があります。
6
続いてMSEが走る北千住始発のメトロニューイヤー19号
なぜか電光表示を見ると「NEW YEAR」とは表示させず「臨時」となっています
7
新宿始発の最後EXEの走る21号です。
EXEは「NEW YEAR」と表示があります(^^♪

到着直前になって多摩線4番ホームに8両の各停が入線してしまったので急いで5番ホームに移動し撮影しました(◎-◎;)!!






千綿駅(長崎)

千綿駅は大村線の駅で、駅のすぐ横がすぐ大村湾で素晴らしい景色のある駅です。

大きな地図で見る
この駅は快速の通過駅となっうているのですがちゃんと有人駅となっています。
もちろんPOS端末もなく出札業務は手売りで行なっています。
近距離の切符はスタンパーを押すだけの金額式軟券、長距離は補充片道乗車券で出しているそうです。
残念ながら私が訪れたときは窓口はやっていなく、切符は購入できませんでした。
IMG_9060
駅舎は味のある木造となっています。右側が入口で窓口とベンチが設置されています。左側はトイレです。
駅前は比較的交通量の多い道路で車の通りが絶えません。
IMG_9055
ホームから撮った写真です。私が乗ってきた国鉄色のキハ66ですが見てわかるように線路を越えるとすぐ海になっています。
千綿駅の駅前から彼杵方面に線路沿いにある小さめの道路に入ると線路に非常に接近した場所があります。
そこから下り普通列車を撮影しました。
IMG_9073
シーサイドライナー塗装のキハ67。ホーム進入前です。
IMG_9081
続いて撮影場所を変えます。先程の線路沿いの小さな通りをさらに彼杵方面に進むとやがて千綿駅前を通っていた交通量の多い道路とぶつかります。
交通量の多い道路は比較的高いところを走っているので、線路沿いの小さな道はその付近上り坂になっています。そこから見下ろす感じで撮影しました。
下り快速シーサイドライナーです。
IMG_9093
同じくシーサイドライナー塗装のキハ67です。
IMG_9099
同じ場所から上り普通列車も撮影しました。
IMG_9116
ハウステンボス塗装のキハ200です。
IMG_9120
若干ススキが邪魔ですがまぁそういうのもアクセントになってよいかと。
そして駅に戻り国鉄色のキハ66で長崎に帰りました。
IMG_9164
駅ホームからみた日の入り。とても綺麗です。IMG_9169
これが帰りに乗った電車。大村線は千綿だけではなくずっと大村湾に沿って走っていきます。

プロフィール

D51 63









QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ