赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

【赤バイクの知蔵の独り言】 《その壱》名峰「富士」を麺に見立て、裾野の先にある「駿河湾」をつけ汁に見立てた。そんな〝つけ麺〟の姿が美しい。《その弐》「麺」が中太以上の男なら、「つけ汁」は濃厚な女であれ、女は大きな包容力で受け入れてくれるだろう。その瞬間が、男を浸す醍醐味である。《その参》麺(主演)とつけ汁(助演)を自分好みで浸して楽しむがいい。あくまでも、薬味・具・味変アイテムはエキストラでいい。最後のお楽しみ、スープ割も忘れずに………『つけ麺』をもっと世界へ!!!!!

もみじ@三軒茶屋

15753412230351575339570651
麺処
もみじ 
☆☆☆☆.1(三軒茶屋)
つけ麺850円

Japanese Maple Acerjaponicum 
☆☆☆☆.1もみじ(三軒茶屋)850円
つけ麺
(油少なめ)戴きました。
1575340150568
麺は平打中細ストレートのエッジに尖りがある菅野製麵所製で、最近オープンした新宿のお店の麺に似たタピオカ粉でも配合されている様なツルモチな食感をした啜り心地の気持ちいい長めの麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
15753400736121575339590168
つけ汁は酸味と辛味と粘度の無いオイリー感超微アリな淡麗醤油味で、大山鶏を使用したスープにカエシを合わせた少し濃いめの醤油味のつけ汁に仕上がっています。
15753400997971575340092601
具は材木太甘口メンマ2本と低温調理された厚さ2.5㎜にカットされたレア豚肩ロース叉焼1枚が麺を覆う様に置かれ、W葱(アーリーレッド・長葱)と三つ葉がフラワーバスの様につけ汁の表面を覆い角切り叉焼数個が沈んでいます。
1575340189743
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌を薄っすらと琥珀色に染め上げアーリーレッドと長葱を従えながらツル・ツルツルっと美味しく啜れました。
1575340716231
スープ割はブーメラン方式に鶏出汁スープが注がれ、陶器製の白い蓮華でアーリーレッドを掬いながら美味しく戴けました。
15753402213351575349250786
お店は三軒茶屋の三角地帯と呼ばれているエコー仲見世商店街の世田谷通り側に佇んでいて、つけ麺1杯でも抽選できる福引券で「三軒茶屋」の刻印入りのお煎餅(末等)が当たりました。
1575339595061
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13237041/


くろ渦@新宿

 2019.11.22 グランドオープン!
 はやし田の兄弟店とのことです。

1574482093969
らぁ麺
くろ渦(クロウズ)
☆☆☆☆.3(新宿)
つけ麺500円(オープン記念)通常850円 

Black Whirlpool
☆☆☆☆.3くろ渦(新宿)500円通常850円
つけ麺
戴きました。
15744827376801574482240810
麺は平打中細ストレートのエッジに尖りがある菅野製麵所製で、タピオカ粉が配合されツルモチな食感を表現したとても啜り心地の気持ちいい喉元を駆け抜ける喉ごしが十分楽しめる麺です(麺量:茹で前225g位で腹8.5分目といったところです)。
1574482644032
つけ汁は酸味と辛味と粘度の無いオイリー感弱アリな淡麗醤油味で、丸鶏に鴨ガラ・鶏ガラを加えて炊き出したスープに生揚げ醤油をブレンドさせた表面を覆う鶏油をも軽くしてしまうカエシとスープのバランスが素晴らしいつけ汁にまとめられています。
15744827069621574482655938
具は青椒肉絲仕様を叩きあげた極細メンマ10数本とW葱(九条葱・長葱)がつけ汁に入れられ、鶏ムネ肉と豚肩ロース肉の低温調理されたレア肉が各1枚と青菜(野沢菜?)と黒ナルト1枚が麺の上のセンターに重ねられています。
1574482758093
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌を薄っすらと琥珀色に染め上げ九条葱を纏わり付けながらツル・ツルツルっと美味しく啜れました。
1574483371549
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で目の前の厨房内で薄くカットされている九条葱の有難味を感じながら表面の九条葱を掬いながら美味しく戴けました。
1574482363022
お店は新宿は三丁目の寄席「末廣亭」の目の前に佇んでいて、間口がとても狭く開店祝い花が無いと通り過ぎてしまいそうなお店でした。
15744821836301574482134500
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13241664/



トランキーロ!@西新宿五丁目

1574131542806
トランキーロ!
☆☆☆☆.1
(西新宿五丁目)
つけ麺800円

Settled Down
☆☆☆☆.1トランキーロ(西新宿五丁目)800円
つけ麺
(小、ヤサイ・ニンニク)戴きました。
15741322881001574131659163
麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたカネジン食品社製で、気持ち軟茹でされているせいか喉ごしが優しくJ系の麺としてはゴツゴツしていないく顎が疲れないとても啜り易い麺です(麺量:茹で前150gで腹6分目といったところですが、ヤサイで腹8.5分目まで膨らみます)。
1574132099795
つけ汁は辛味と酸味と粘度が無い背脂たっぷりオイリー感アリな乳化弱めな豚骨醤油で、表面に漂う「背脂」と独特な「カエシ」が奏でる旨味の滲み出たつけ汁に仕上がっています。
15741322165121574132199222
具はメンマは無く大量のヤサイ(モヤシ8.5:キャベツ1.5)と軟らか巻き巻き太バラ叉焼2つと蓮華1杯分の刻みニンニクが麺の上にてんこ盛りに乗せられ、長葱がつけ汁に散らされています。
1574132326788
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、背脂と長葱が麺に絡み麺肌をテカテカに輝かせズズ・ズルズルっと啜れました。
麺を啜った後は大量のモヤシとキャベツをつけ汁に浸して「しゃぶしゃぶ」の様に戴きました。
1574133203873
スープ割はブーメラン方式に豚骨スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華でモヤシの破片を追いかけながら戴けました。
1574131652816
お店はカウンター6席のこじんまりした佇まいですが、J系を求める男性(来店時、男性100%)が店外に列を形成していました。
1574131586223
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13231133/


MENSHO SAN FRANCISCO@新宿

1573877778279
MENSHO
SAN FRANCISCO(メンショウサンフランシスコ)
☆☆☆☆.3(新宿)
エビとトマトのベジつけ麺1000円

麺庄 桑港
☆☆☆☆.3メンショーSan Francisco(新宿)1000円
エビとトマトのベジつけ麺戴きました。
15738784851911573878141905
麺は角中細ウェーブのエッジに尖りがある自家製麺?で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養価の高い、麺だけ啜れば喉ごしと少しモチっとする食感が楽しめる麺です(麺量:茹で前180gで腹7分目といったところです)。
1573878342205
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリな甲殻系エビ風味とトマトの甘味が奏でるオレンジ色した濃厚アメリケーヌ風エビトマト味で、中央にエスプーマされたエビ風味の泡がアイランドになっている粘度はありますが、ベトベト感や濃厚味での食べ飽き感が襲ってこない大人のつけ汁に仕上がっています。
1573878383439
具はメンマは無く、少しレア感残る鶏ムネ肉叉焼3枚と味玉半分と輪切りされた南瓜の素揚げ1枚と銀杏切りされた赤大根10数枚とW青菜(カイワレと水菜のミックス)とナッツ&粉チーズが麺の上にと彩り冴える様に配置されています。
1573878520202
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌にドッブリとエビとトマトのつけ汁が絡みズズ・ズルズルっと汁跳ねに注意しながら時折、赤大根のシャキシャキサッパリ感で箸止めしながら美味しく啜れました。
1573878902174
途中、W青菜やナッツ&粉チーズを混ぜた麺を浸して啜ってみると、ナッツの香ばしさや青菜のシャキシャキ感がエビとトマトのつけ汁に絡みパスタ感覚で楽しめました。
1573879242769
スープ割はブーメラン方式に何か分からないスープかお湯が注がれ更にW青菜とドライパセリが追加され粘度が無くなり、プラスチック製の白い蓮華で底で沈んでいるナッツと共に美味しく戴けました。
1573877953579
お店は新宿駅から直結のミロード7Fのレストランフロアーに佇んでいて、庄野さんの人気度が分かる母親と娘の親子連れなど女子率の高いお店でした。
1573877652835
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13223993/

大番くっく@上板橋

1573353842576
東京ラーメン
大番くっく
☆☆☆.9(上板橋)
つけ麺600円

Big Pair Cook 10
約半年ぶりに伺い、
☆☆☆.9大番くっく(上板橋)600円
つけ麺
戴きました。
1573354170037
麺は角中細ウェーブのエッジに尖りのある大番グループのセンターキッチンで製造されたおそらく自家製麺で、今回はヌメリが少しだけ残こった麺が喉ごしを楽しませてくれて日曜の遠出のめんどくささを救ってくれます(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。
1573354094782
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな優しいうっすら東京豚骨醤油で、今回は豚骨とカエシのバランスがカエシ主体のつけ汁に仕上がっています。
1573354135460
具はメンマ10本位とパサパサだけど厚手にカットされた肩ロース叉焼1枚分とモヤシとワカメと彩りが良い緑の部分の長葱がつけ汁の中にギュウギュウにいつも通り押し込まれています。
1573354200141
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面を覆っている油が麺肌を艶々にしシャバ系つけ汁がサラッと絡みツル・ツルツルっと喉ごしを楽しみました。
15733547528941573354025852
スープ割は配膳時にピカピカな小さい銀色ヤカンに少し半白濁した臭みの無い豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で温かさを取り戻したスープ割を美味しく戴きました。
1573353906728
いつもながら、店内はお一人様の初老の男性がお昼から飲ってました。
1573353948741
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13117054/


一燈@新宿

1573097891136
つけ麺
一燈(イットウ) 
☆☆☆☆.2(新宿)
鶏魚介つけ麺830円

In the light of Corner SHINJUKU 
☆☆☆☆.2一燈(新宿)830円
鶏魚介つけ麺
戴きました。
1573097339798
麺は角中太ストレートのエッジに尖りがある心の味食品社製で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養価の高い喉ごしと共に歯で噛んでも食感が楽しめる妥協知らずの麺です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところです)。
1573097283786
つけ汁は辛味と酸味とオイリー感の無い粘度微アリな鶏主体の濃厚鶏魚介味で、鶏の旨味に魚介がシンクロした濃厚豚骨魚介の「また、お前も系」とはひと味違った味わいのつけ汁に仕上がっています。
1573097295436
具は材木太メンマ2本とW葱(長葱・青葱)と魚粉がつけ汁に入れられ、少しレア感残る豚肩ロース叉焼1枚が麺の上に小さいけれど鎮座されています。
1573097373605
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌に薄っすらと鶏魚介のつけ汁が絡みズズ・ズルズルっと青葱や微塵長葱と共に美味しく啜れました。
1573097748680
スープ割はお願いすると魚介系スープが入ったポットが提供され自分好みに調整し、プラスチック製の白い蓮華で微塵長葱や青葱と共に美味しく戴けました。
1573095731289
お店はラーメン激戦地新宿は小滝橋通りに面した「ajito ism」の跡地に佇んでいて、近くの会社員が押し寄せていました。
1573095375780
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13240964/


まちかど@恵比寿

15725839929671572585158405
真鯛らぁめん
まちかど
☆☆☆☆.3(恵比寿)
真鯛つけ麺660円通常1100円 

Street Cormer
☆☆☆☆.3まちかど(恵比寿)660円通常1100円
真鯛つけ麺
戴きました。
1572584541162
麺は中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた大栄食品社製で、生パスタの様なモッチリとした食感による喉ごしの滑らかさに加え噛んだ時の麺の弾力が楽しめるセモリナ粉とオリーブオイルを配合した冷水で〆ていないヌル盛仕様の麺です(麺量:茹で前180gで腹7分目といったところです)。
1572584473593
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感と粘度が微アリな愛媛県産の真鯛の頭と中骨をふんだんに使用した濃厚真鯛白湯味で、豚や鶏等の動物系は使用せずにドライトマトやセロリ等の香味野菜類に白ワインやシチリア産の塩で整えられた旨味が凝縮された無化調の鯛白湯に仕上がっています。
1572584486640
具はメンマは無く軽くほんのり昆布締めされた皮付きの真鯛の刺身3枚と緑色が冴える青菜と大根とセロリの縦塵切とスライスカットレモン1枚が麺の上を彩り、白胡麻がつけ汁に軽く散らされています。
1572584571997
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、お魚特有の独特な臭み混じりが口内を攻めてきましたが、啜り続けるうちに独特な癖が旨味に変化しズズ・ズルズルっと美味しく啜れました。
1572585005225
スープ割はブーメラン方式に鯛スープが注がれ、木製の木目調した蓮華で真鯛と香味野菜の甘味を感じながら美味しく戴けました。
1572584122199
お店は以前、駒沢大学にて営業していて恵比寿に移転し、本日は得なグルーポンを使用して伺いましたが、駒沢大学時代同様「平井堅さん」似の物腰の軟らかい店主さんも健在でご活躍されていました。
1572584001785
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13228610/


笑梟@西新宿五丁目

1572145325424
肉そば家
笑梟(フクロウ) 
☆☆☆☆.2(西新宿五丁目)
つけ中華820円

Owl
☆☆☆☆.2梟(西新宿五丁目)820円
つけ中華
戴きました。
15721460798971572146814304
麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた大橋製麵多摩製で、気持ち硬めに茹でられているにもかかわらずパツパツ感よりもツルツル感が喉元を刺激し啜り心地を誘導させ気持ち良く啜れる麺です(麺量:茹で前250g位で腹8.5分目といったところです)。
1572145937821
つけ汁は辛味とオイリー感と粘度が無い酸味超微アリなアッサリ鶏魚介醤油味で、丸鶏や鶏ガラにサンマやサバ節をアクセントさせたカエシの尖りが無いどこか懐かしい醤油味のつけ汁に仕上がっています。
1572146030727
具は材木太メンマ2枚とスライスされた皮付き鶏もも肉3・4枚と半熟茹で玉子半分と薄く薄くスライス長葱がつけ汁に忍ばされています。
1572145738877
この皮付き鶏もも肉が「肉そば」の由来で、「豚」ではなく「鶏」が主体の山形県寒河江市・河北町の名物料理だそうです。
1572146104545
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中細麺に薄くスライスされた長葱と共に鶏の旨味凝縮のつけ汁が絡みツル・ツルツルっと美味しく啜れました。
15721466349101572146602097
スープ割は取っ手の付いた陶器製の別碗に鶏スープが提供され自分好みに調整でき、プラスティック製の黒い蓮華で鶏を感じながら滋味深く戴けました。
15721455267521572145340538
お店は新宿西口公園の十二社通りに面して佇んでいて、日曜日にもかかわらず行列が形成されていました。
15721452862941572145269458
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13115476/



新旬屋@山形・新庄(大つけ麵博)

15715439448831571543176229
鶏中華
新旬屋(シンシュンヤ)本店
☆☆☆☆.3(山形・新庄) 
金のつけ鶏中華870円
New Season Shop
☆☆☆☆.3新旬屋(山形)870円1571544414986
金のつけ鶏中華戴きました。
1571544547323
麺は平打極太ウェーブのエッジに丸みを帯びた超多加水麺で、極太麺でも手櫛で綺麗に整えられたとても食感が独特な国産小麦「ゆきちから」を使用した芳醇な香りが楽しめるモチモチ感と旨味のある麺です(麺量:茹で前180g位で腹6.5分目といったところです)。
1571544465849
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな透明感のある鶏の様々な部位が奏でる醤油味で、鶏油が表面を覆いますが鶏の旨味が凝縮した黄金色に輝くつけ汁に仕上がっています。
15715444778071571544523846
具はメンマは無く、ロースハムの様な薄切り肩ロース叉焼1枚とナルト1枚と海苔1枚とが麺の上に飾られ、鶏モモ肉スライス4・5枚とキンカン(卵巣)1個がつけ汁の中を賑わせ、青葱が別添えされています。
1571544573996
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打極太麺に凝縮された鶏の旨味が絡みムシャムシャっと美味しく啜れました。
1571545005903
スープ割はブースに戻りブーメラン方式に鶏スープ注がれ軟らか鶏ムネ肉が数個投入され蓮華なしで軟らか鶏ムネ肉を戴きながら美味しく戴けました。
今回は「大つけ麺博」で戴きましたが、まだまだ全国には美味しいつけ麺が沢山あるのですね。
1571543967589
お店情報はこちら
https://tabelog.com/yamagata/A0604/A060401/6009816/

かつら木@池袋

 2019.10.18 グランドオープン!
1571455988139

かつら木(カツラギ) 
☆☆☆☆.2(池袋)
つけ麺500円通常850円 

Wig Tree
☆☆☆☆.2かつら木(池袋)500円通常850円
つけ麺
戴きました。
15714566498291571456036496
麺は角中細ストレートのエッジに尖りがある菅野製麵所製で、提供前に手櫛で綺麗に折り畳まれた中細麺の啜り心地の良さと喉ごしが嬉しいサラッと喉元を駆け抜ける長めの多加水麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
15714565890841571457234729
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな透明感のある鶏と魚介が奏でる醤油味で、豚や煮干しを煮詰めた濃厚なつけ汁ではなく国産鶏ガラや煮干し・貝節などを丁寧に炊いた淡麗なつけ汁に仕上がっています。
1571456616050
具は青椒肉絲仕様な細メンマ10本位と薄切り肩ロース叉焼1枚とホウレン草と長葱がつけ汁の中を賑わせています。
1571456676245
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、絡みは少ないけれど鶏や魚介の風味を纏った麺をツルツルっと美味しく啜れました。
1571457188487
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープ注がれ、陶器製の白い蓮華で長葱を追いかけながら滋味深く美味しく戴けました。
1571456301484
お店は以前伺った事のある「檸檬ラーメン」を提供していたお店の跡地で、池袋西口からは地下ショッピングセンターを抜けると徒歩1分掛からない好立地ですが、あまり人通りが無い悪戦苦闘しそうな路地に佇んでいます。
15714561452931571455944463
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13240216/



↓これ、ポチッと↓
くる天 人気ブログランキング
☆エリア別・麺種別で検索できます▼▼▼
お店の名前で検索できます
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ミニギャラリー
  • もみじ@三軒茶屋
  • くろ渦@新宿
  • トランキーロ!@西新宿五丁目
  • MENSHO  SAN FRANCISCO@新宿
  • 一燈@新宿
  • まちかど@恵比寿
livedoor

赤バイクの知蔵

HONDAフォルツァで'80年代のユーロビートを聴きながら走りまくる。

”つけめニストの流儀”
【入店】
・戸は閉めること。
・五千円札,一万円札は使ってはならない。
・クーポンがあれば使うこと。
【実食】
・食す前に水を摂らないこと。
・まず、麺を生(き)で一本食すこと。
・つけ汁を箸でよくかきまぜ一舐めすること。
・つけ汁碗は持って食すこと。
・音を立てて豪快に食すこと。
・海苔は千切って食すこと。
・具はメンマから食すこと。
・薬味(一味等)は半分以上食したら入れること。
・スープ割を戴く前に、口を水で清めること。
・ティッシュは綺麗に小さく畳むこと。
・麺碗,つけ汁碗は片付けること。
【退店】
・美味しければ「ご馳走さま」を忘れずに。
・戸は閉めること。


   採点は☆☆☆☆☆:満点です。
   ☆☆☆☆.1が標準です。

赤バイクの知蔵の脳内 ブログ王 ブログランキング 人気ブログランキングへ 食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板東京都 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル このエントリーをはてなブックマークに追加
公認グルメブログ by livedoorグルメ
【PR】おすすめグルメ情報
ぐるなびぐるなび 公認グルメリポーター 認定カテゴリ:東京×ラーメン

ジオターゲティング
ギャラリー
  • もみじ@三軒茶屋
  • くろ渦@新宿
  • トランキーロ!@西新宿五丁目
  • MENSHO  SAN FRANCISCO@新宿
  • 一燈@新宿
  • まちかど@恵比寿
  • 笑梟@西新宿五丁目
  • 新旬屋@山形・新庄(大つけ麵博)
  • かつら木@池袋
  • ぼうず@徳島
  • 大勝軒@長崎
  • 四代目@函館
  • 吉壱家@元町・中華街
  • onisobafujiya~PREMIUM~@渋谷
  • ひろし@下板橋・大山
  • 先ずは@新宿
  • 和渦@北品川
  • 竹川@渋谷・神泉
  • 壱蔵家@大久保
  • 流川@新宿
  • らせん@東長崎
  • 札幌本舗@新宿
  • うさ担@上板橋
  • Tonari@神泉・渋谷
  • 博多天神@新宿
  • Renge no Gotoku@渋谷
  • せい家@上板橋
  • DAI@代々木
  • かぶ吉@大久保・落合
  • Nii@大塚
CoRichブログランキング
  • ライブドアブログ