赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

【赤バイクの知蔵の独り言】 《その壱》名峰「富士」を麺に見立て、裾野の先にある「駿河湾」をつけ汁に見立てた。そんな〝つけ麺〟の姿が美しい。《その弐》「麺」が中太以上の男なら、「つけ汁」は濃厚な女であれ、女は大きな包容力で受け入れてくれるだろう。その瞬間が、男を浸す醍醐味である。《その参》麺(主演)とつけ汁(助演)を自分好みで浸して楽しむがいい。あくまでも、薬味・具・味変アイテムはエキストラでいい。最後のお楽しみ、スープ割も忘れずに………『つけ麺』をもっと世界へ!!!!!

ひろし@下板橋・大山

1503373029685
中華
ひろし
☆☆☆.9(下板橋・大山)
つけ麺550円

HIROSHI
9ひろし(下板橋)550円
つけ麺
戴きました。
1503374081408
麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある少しくっつき気味な街中の中華屋さんでたまに見かける低加水の細麺で、細麺だけれどコシのあるモチっと感もあるつけ汁に浸すと「くっつき」が解(ほぐ)れ啜り心地も楽しめる喉ごしの良い、初老の店主さんが選び抜いた拘りが伝わってくる麺です(麺量:茹で前250g位で細麺なので膨張率が低く腹7分目といったところで、午後2時までは麺類・ご飯物の大盛サービスですがアナウンスがないので気が付くのが遅かったです。きっと大盛なら満足いける満腹感が得られたでしょう)。
1503373996152
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな魚介の香るこげ茶濁した醤油味で、この手の街中の中華屋さんでは酸味の効いた昔ながらの「大王系」の甘辛酸タイプのつけ麺が登場すると期待していたのを裏腹に、つけ汁にも何か拘りが感じられる鰹や鰯の香りが心地良い仕上がりになっています。
1503374027371
具は軽く醤油味の付いたメンマ5・6枚と軟らか巻き巻きバラ叉焼1枚とギザギザな飾り包丁の入った茹で玉子半分とホウレン草と海苔1枚が麺の上に橋渡しの様に並べられ、W葱(長葱・青葱)がつけ汁に散らされています。
1503374100099
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、くっついた麺つけ汁に運ぶのが少し億劫になりますが、その後につけ汁の中で解れ魚介風味を纏いズズズっと軽快に美味しく啜れました。
1503374554035
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華でW葱を追いかけながら滋味深く戴きました。
1503373134989
お店は東武東上線の下板橋駅から550m位か大山駅から700m位と立地的には恵まれてはいませんが、ご近所で働いている方々がチラホラと来店していました。
15033731015051503373043794
店内のBGMは「ヒロシです。」で流れているペピーノ・ガリアルディの「ガラスの部屋」ではなく、TVで高校野球が放送されていました。

「ガラスの部屋」はこちら⇨
https://youtu.be/8Fik3tQdhKA

今日の一文字
「博」の書き順: http://kakijun.jp/page/1213200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13111131/

東京都庁 第二本庁舎 職員食堂 東京ケータリング@新宿

15032872564701503287590320
東京都庁 第二本庁舎 職員食堂
東京ケータリング
☆☆☆.3(新宿)
四川麻婆つけ麺590円

Tokyo Catering
3東京ケータリング(新宿)590円
四川麻婆つけ麺(大盛)
戴きました。
15032866138901503286338122
麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある、少しくっつき気味喉ごしを求めるよりも啜るというよりも麻婆豆腐に絡めて餡かけ焼きそばの様に戴く啜り甲斐のない生麺ですがチープ感が歪めない職員食堂らしい麺です(麺量:茹で前200g位で腹6分目といったところで、
1503287125789
月曜日はラーメン類は大盛サービスでした)。
1503286538160
つけ汁は酸味とオイリー感が無い辛味弱アリな粘度アリアリな正真正銘の麻婆豆腐で、清湯スープなどで伸ばされているのではなく、まんまお豆腐が転がっているミンチ肉の混じった麻婆豆腐です。
1503286548340
具はメンマ4枚とナルト1枚と茹で玉子半分と長葱とワカメが麺の上をにぎやかに彩られています。
1503286639168
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、くっついた麺に少なめに麻婆豆腐を絡ませムシャムシャっと軽く啜れました。
15032865054951503286220560
スープ割は当然のごとくありませんでした。
15032872133031503285998587
お店は都庁第二本庁舎4Fに700を超える座席が用意された職員食堂で、受付で一時通行証を発行してもらえると一般人も入店できるビッグキャパの職員食堂でした。
15032858508601503287151645
今日の一文字
「都」の書き順: http://kakijun.jp/page/1182200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13207323/



やぐら亭@初台

IMG_0701
支那そば
やぐら亭(ヤグラテイ)
☆☆☆.8(初台)
つけ麺800円

Turret Tei
8やぐら亭(初台)800円
つけ麺
戴きました。
IMG_0710
麺は角細ストレートのエッジに尖りがある麺同士のくっつき防止の為に軽く香味油と冷水が垂らされた、喉ごしが爽やかなとても啜り心地が良い中太麺に飽きた時に啜りたくなる細麺です(麺量:茹で前300g位で腹8.5分目といったところで、ランチタイムには大盛か小ライスのサービスがあります)。
IMG_0708IMG_0702
つけ汁は辛味とオイリー感と粘度が無い酸味超微アリな薄透明な鰹の出汁が効いている醤油味で、無添加な舌に痺れのこない優しくどことなく懐かしい醤油味にまとめられています。
IMG_0709
具はメンマは無く存在感のある鹿児島県産の大きな薄切り肩ロース叉焼1枚と長葱がつけ汁に浮遊され、雲丹トゲ刻海苔が麺に化粧されています。
IMG_0711
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、くっつき予防でパラパラになっている麺の間につけ汁が絡み込みスルスルっと軽快に啜れました。
IMG_0712
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ、木製の茶色い蓮華で長葱を追いかけながら軽い感じで戴けました。
IMG_0704
お店は山手通りから入った昭和を感じさせる不動通り商店街の中に佇んでいて、建物の建て替えもありましたが45年間営業されている身体に優しいラーメンを提供しているお店でした。
IMG_0703
今日の一文字
「櫓」の書き順: http://kakijun.jp/page/yagura19200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13006609/


飛騰@東中野

1502767024923
飛騰(ヒトウ)
☆☆☆.9(東中野)
つけ麺770円

Jump Tengchong
9飛騰(東中野)770円
つけ麺(替玉半分)
戴きました。
1502767596594
麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、小麦度は少ない多加水のツルツル麺で気持ち軟らかめに茹でてあるので(食券を渡すと麺の硬さのリクエストを聞かれます、今回は「普通」でお願いしました)つけ汁との絡みが凄く、ネトっとした絡み方に汁跳ねに注意しながらも喉ごしが楽しめるつけ汁に負けていない麺でした(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで、大盛300gも同一価格で、ラーメン用の細麺ですが替玉は無制限追加料金なしでお替りでき、半玉だけ替玉して腹9分目迄膨らみました)。
1502767486247
つけ汁は辛味とオイリー感が無い酸味超微アリな粘度アリアリな濃厚豚骨で、「また、おま系」の濃厚豚骨魚介とひと味違った豚骨の荒々しさが前面にでた薄茶濁した臭み控え目な豚骨に仕上がっています。
1502767554996
具はメンマ10枚位と肩ロース叉焼1枚と魚粉と長葱がつけ汁に同色化され、海苔1枚と味玉半分が麺にさりげなく置かれています。
1502767616820
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ツルツル表面なんのそので濃厚豚骨に魚粉が溶け込んだ濃厚豚骨魚介に変化したつけ汁が絡みまくりズズズっと勢いよく啜れました。
15027679468211502767913922
スープ割は別碗に白濁した臭みの全く無い豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、赤茶色のプラスチック製の蓮華豚骨の髄を探しながら美味しく戴き、
15027680850071502768043630
3・4口戴いたところで替玉半分をお願いして紅生姜1掴みとおろし大蒜小匙2杯と擂り胡麻2掛けして豚骨スープ割ラーメンを作成し1杯のつけ麺でもう1杯の豚骨ラーメンを楽しみました。
15027672606861502767241570
お店は「瀧本軒」「名越」と入れ代わった場所に佇んでいますが、麺箱が沢山積まれていたり豚骨ベースであったりと何やら看板掛け替えで注目度を集めるチャイニーズ的戦術が見受けられる内装そのままのお店でした。
15027669986101502767147147
1502767100665
今日の一文字
「騰」の書き順: http://kakijun.jp/page/2016200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13210957/




八麺六飛@池袋・要町

1502422904094
生姜醤油らーめん専門店
八麺六飛(ハチメンロッピ)
☆☆☆.9(池袋・要町)
鶏生姜つけ麺780円

Eight Noodles Six Jump
9八麺六飛(池袋)780円
鶏生姜つけ麺
戴きました。
15024235792371502422925608
麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある菅野製麺製で、ツルっとした表面が心地よく喉ごしも楽しめる啜り心地が気持ちイイ平打ならではの啜り感が特徴的な好きなタイプの麺です(麺量:茹で後350gで腹8分目といったところで、大盛510gも同一価格です)。
1502423501882
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度弱アリな薄茶濁した濃厚鶏醤油味で、パッと見そぼろ餡の様な背脂が混じる濃厚な鶏が感じられるのに意外と軽く戴ける面白い醬油味に仕上がっています。
1502423516275
具はメンマは無く麺を覆う様にバーナーで焦げ目を付けた肩ロース叉焼が6枚とナルト1枚とホウレン草が麺の上に置かれ、青葱がつけ汁に軽く乗せられています。
1502423593616
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ねっとりしたつけ汁が背脂と共に平打麺の表面に絡み付きジュルジュルっと啜れ、
1502423509658
半分位戴いたところで別皿提供の「おろし生姜」を投入すると生姜のサッパリ感が鶏醤油に加わり(例えれば、冷奴に最初は醤油だけで食べているところに、薬味の生姜を乗せてみた感じ)更に勢いを増してジュルジュルと啜ってしまいました。
1502423981962
スープ割はブーメラン方式に鶏出汁スープが注がれ、木製の茶色い蓮華で青葱を追いかけながらさっくりと美味しく戴きました。
1502423337109
お店は行列が絶えない人気店の道路を挟んだ正面に佇んでいて、大陸系の店員さんなどで資本系の香りがプンプンしていますが、菅野製麵所の平打麺が美味しく戴ける「生姜醤油らーめん専門店」と看板に謳っていますが豚骨や味噌やタンメンも写真付メニューで飾られるお店でした。
15024230321801502423045220
15024230650071502423076440
こちらに伺う前に、
昨日(8/10)グランドオープンしたお店に伺ってみたところ、
つけ麺の提供が9月~になることが分かり急遽こちらへ伺いましたが、久しぶりに
http://blog.livedoor.jp/dspantai/archives/52033511.html
“しらけん”の兄貴にお逢いできました。

1502418634581
今日の一文字
「飛」の書き順: http://kakijun.jp/page/tobu200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132202/13209856/






花のれん@茗荷谷

1501987714301
生粋
花のれん(ハナノレン)
☆☆☆☆.3(茗荷谷)
鯛昆布水つけ麺900円

Hana Goodwill
3花のれん(茗荷谷)900円
鯛昆布水つけ麺(醤油・夏季限定)
戴きました。
15019872396961501986608081
麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある山口や製で、所々に斑点が見受けられる栄養化の高い全粒粉入りのとても喉ごしが楽しめる、たまに場末の中華屋さんで見かける「山口や」とは思えない北海道の地粉を2種類ブレンドした拘りが感じられる美味しい麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところです)。
1501987167728
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリ淡麗鶏醤油味で、麺を浸すと漏れなく付いてくる鯛昆布出汁が加わり火入れしていない3種類の醤油とコラボして唯一無二の鶏鯛昆布醤油味が徐々に完成されていきます。
1501987178775
具はメンマというよりシャキコリ感のあるタケノコ4本とピンク色が艶やかな低温調理されたロースとバラ叉焼各1枚づつと小松菜と真っ黒で磯の香りが香ばしい海苔1枚が麺の上を彩り鮮やかに配置され、甘味(旨味)のあるとても小さくカットされた豚叉焼4・5個と辛味が心地よい角切アーリーレッド数枚がつけ汁に浮遊しています。
このアーリーレッドには気を付けなはれや!
15019872559891501986592577
麺をつけ汁に浸す前に「お薦めのお召し上がり方」通りに鯛昆布水の麺を戴いてみると、羅臼昆布出汁が先行して天然真鯛出汁が脇役にまわり全粒粉入りの麺に浸透して心地よく啜れ、更につけ汁に浸して戴いてみると、平打気味な麺に漆黒なつけ汁がやんわりと纏わり付きジュルジュルっと優しく美味しく啜れました。
15019875644061501987548682
スープ割は麺を戴き終り残った鯛昆布水を自分好みに注ぎ入れ陶器製の白色の蓮華アーリーレッドを掬わずにやんわりと昆布と鶏と鯛の風味を美味しく戴きました。
15019867688651501986352701
お店は以前「たかぎ」で伺ったことがある春日通りに面した場所に佇んでいて、日曜日のお昼でも開店前から数人が待ち並んでいる身体に優しい無化調な女性が調理担当しているお店でした。
15019866689381501986338334
今日の一文字
「花」の書き順: http://kakijun.jp/page/hana200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13184374/



澤神@新中野

1501818305607
澤神(サワガミ) 
☆☆☆☆.1(新中野)
つけ麺760円

Swamp God
1澤神(新中野)小760円
つけ麺(小盛)
戴きました。
15018190421291501818433492
麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、所々に斑点が見受けられる栄養化の高い全粒粉入りの喉ごしよりも麺自体の旨味を噛み締めて味わう手造り感の分かる美味しい麺です(麺量:茹で前180gで腹7分目といったところです)。
1501818971841
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感無い粘度がアリアリなこれぞ濃厚豚骨魚介の「また、お前もか系」で、豚のコクが奏でる豚骨の臭みや苦味の無い仕上がりにまとめられています。
1501819017681
具は短幅広メンマ10枚位と軟らかく煮込まれた赤身肉の切り落とし6・7個と長葱がつけ汁に入れられ、円やかな酸味が感じられるキャベツのピクスル10枚位が麺の横に添えてあります。
1501819059189
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ドロドロつけ汁がどっぷり麺に絡み付き汁跳ねに注意しながらデュルっと啜れました。
1501819507213
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ、プラスチック製の黒い蓮華で赤身肉を掬いながら久しぶりに戴いた濃厚豚骨魚介を楽しみました。
1501818406507
お店は青梅街道沿いに佇んでいて、正面出入り口だけでなく横の硝子戸からも出入りできる鰻の寝床の様なお店でした。
15018183751591501818381267
今日の一文字
「澤」の書き順: http://kakijun.jp/page/taku16200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13090671/



一龍@下北沢

1501556134389
一龍(イチリュウ) 
☆☆☆.6(下北沢)
冷やし中華つけ麵800円

One Dragon
6一龍(下北沢)800円
冷やし中華つけ麺(夏期限定)
戴きました。
1501556650198
麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた多加水タイプの中華麺で、くっつき防止に何かの油が軽く和えてあり
1501556699721
大きめの氷が麺の下にゴロゴロ転がっていてよく冷やされていて喉ごしは楽しめますが、ウェーブがかなりかかっているので汁跳ねに注意しながら啜る感じです(麺量:茹で前160g位で腹7分目といったところです)。
1501556587956
つけ汁は辛味とオイリー感と粘度が無い酸味微アリな甘辛醤油味で、冷やし中華のタレを麺と具に掛けないで別碗で配膳する日本蕎麦でいうところの「冷やしぶっかけ蕎麦」「もり蕎麦」みたいな違いがある、昔ながらの酸味の効いた冷やし中華の醤油味の酸味を円やかにした醤油味に仕上がっています。
1501556603162
具は味付けの無いメンマ10本位と超薄切り赤身肉叉焼4枚とモヤシと細切胡瓜と紅生姜と刻海苔と長葱が麺の上を華やかに彩り、白胡麻がつけ汁に散らされています。
1501556662743
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺は軽くツルっと啜れますが麺の上に乗る具は味付けがされていないのでつけ汁に浸すのにやや困ってしまいました。
途中、麺皿の縁に付いている黄色い洋辛子を少し付けて戴いてみると、脳天にくる辛味のアッパーカットが心地よいですね。
1501556208859
スープ割はこの冷やし中華味に温かい清湯スープを注いでも美味しそうでないので声を掛けるのをやめておきました。
1501556143120
お店は下北沢のお洒落なお店が軒を並べる一角に佇んでいて、お世辞でも“綺麗”とは言えない窮屈な店内ですが女性のお一人様幼児を連れた親子連れも来店されていました。
冷やし中華としての賛否両論があるかもしれませんが、変り種のつけ麺としてマイコレクションに追加しておきます。

今日の一文字
「龍」の書き順: http://kakijun.jp/page/ryuu200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13001821/

アイオイ@志村三丁目

1501294896903
拉麺
アイオイ
☆☆☆.9(志村三丁目)
冷やし五目麺890円

AIOI
9アイオイ(志村三丁目)890円
冷やし五目麺(大盛)
戴きました。
1501296341138
麺は平打中太ストレートのエッジに丸みを帯びた自家製で、表面がツルツルしていないのでつけ汁の持ち上げがよく喉ごしも楽しめる啜るには困らない自家製ならではの風味が活かされた麺です(麺量:茹で前210gで腹8分目といったところです)。
1501296270973
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い片栗粉で伸ばされた粘度アリアリな中華の清湯醤油味で、餡かけ状の中華丼のライスを麺に替えて麺と餡かけをセパレートに盛り付けた熱々なつけ餡かけです。
1501296327119
具はメンマと叉焼は無く炒めたシャキシャキ感の歯応えが冴える焦げ目の入った白菜やキクラゲ・人参・豚ミンチ・エビ1つと長葱が餡かけにまみれています。
1501296354942
麺をつけ汁に浸たすというより沈めて戴いてみると、麺につけ餡かけがこれでもかと絡みデュルデュルっと熱々で豚ミンチと共に啜れました。
1501296887120
スープ割は残念ながら提供していないとの事でしたので、プラスチック製の赤茶色した蓮華でまだ残っている豚ミンチを掬いながらそのままの餡かけを戴きました。
15012956649861501294921266
お店は環八から少し入った脇道に佇んでいて、近くにはリンガーハット花月嵐が営業していますが負けじと自家製に拘って営業していました。
15012956287591501295650167
15012949453121501294931314
今日の一文字
「相」の書き順: http://kakijun.jp/page/09158200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132205/13201193/




豚ラーメン@板橋

1501040574451_LI
(ブタ)ラーメン 板橋駅前店
☆☆☆☆.2(板橋)
つけ麵780円

Pig Ramen ITABASHI
2豚ラーメン(板橋)780円
つけ麺(脂少な目、にんにく・ねぎ)
戴きました。
1501039740467
麺は平打極太ストレートのエッジに尖りがある黄色ではない蕎麦色した存在感のある重厚なタイプで、啜るのには苦労はしませんが、喉ごしを期待するよりも低加水の麺自体の風味を確り噛み締めて味わった方が無難な麺です(麺量:茹で前220g位で腹8.5分目といったところですが、野菜や豚でお腹一杯になります)。
1501039644978
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感(脂少な目)が無い粘度微アリな豚骨醤油で、二郎系の特徴であるスープの乳化が進んでいてとても旨味の出ている戴き易い仕上がりになっています。
1501039720256
具はメンマ4・5本とほぐし豚と長葱がつけ汁に忍ばせてあり、
1501039680109
茹で野菜(モヤシ8:キャベツ2)大きな塊の豚(叉焼)2個と長葱と刻大蒜が麺の上にこんもりと盛られています。
1501039659163
この塊の豚の存在感がアリアリで赤身肉とバラ肉部分とが乗せられ、赤身肉の軟らかい繊維質を噛み締めてみたり、バラ肉のジューシーな脂身を噛んでみたりと豚肉の部位の違いが楽しめます
1501039781593
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平たい表面に軽くつけ汁が乗り乳化した豚骨醤油を感じながらズルズルっと啜れました。
1501039965027
4・5回啜ったところでプラスティック製の黒い蓮華で刻大蒜を投入すると、大蒜からでた若干の辛味と大蒜臭が加わり乳化したつけ汁とシンクロしてパワーアップして麺や野菜を運ぶ手が加速しました。
15010385722931501038639920
スープ割は残念ながら提供していないとのことでした。
15010385810071501038672542
お店はJR板橋駅東口ロータリー内に佇んでいて、清湯系ラーメンを提供する中華屋さんがお隣で営業していますが棲み分けができているようです。
15010385597511501038566060
今日の一文字
「豚」の書き順: http://kakijun.jp/page/11212200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13204157/



↓これ、ポチッと↓
くる天 人気ブログランキング
☆エリア別・麺種別で検索できます▼▼▼
お店の名前で検索できます
最新トラックバック
幸めん 華雅@湯島 (麺好い(めんこい)ブログ)
華雅@湯島
麺や いるか@大山 (両国のダイビングショップオーナーの日記)
いるか@大山
幸めん 華雅@湯島 (両国のダイビングショップオーナーの日記)
華雅@湯島
ミニギャラリー
  • ひろし@下板橋・大山
  • 東京都庁 第二本庁舎 職員食堂 東京ケータリング@新宿
  • やぐら亭@初台
  • 飛騰@東中野
  • 八麺六飛@池袋・要町
  • 花のれん@茗荷谷
livedoor
赤バイクの知蔵の脳内 ブログ王 ブログランキング 人気ブログランキングへ 食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板東京都 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル このエントリーをはてなブックマークに追加
公認グルメブログ by livedoorグルメ
【PR】おすすめグルメ情報
ぐるなびぐるなび 公認グルメリポーター 認定カテゴリ:東京×ラーメン

ジオターゲティング
ギャラリー
  • ひろし@下板橋・大山
  • 東京都庁 第二本庁舎 職員食堂 東京ケータリング@新宿
  • やぐら亭@初台
  • 飛騰@東中野
  • 八麺六飛@池袋・要町
  • 花のれん@茗荷谷
  • 澤神@新中野
  • 一龍@下北沢
  • アイオイ@志村三丁目
  • 豚ラーメン@板橋
  • 麻布ラーメン@広尾
  • ハナウタ。@四谷三丁目
  • 丸福@志村坂上
  • 富士松@荒川遊園地前
  • 五三郎@王子
  • 鴨to葱@御徒町
  • KaneKitchen@東長崎
  • さんしょの木@新宿御苑前
  • 清@東長崎
  • 篝@池袋
  • 八洲カントリークラブ@栃木
  • 栄来@西台・高島平
  • 王@新宿
  • 一幸舎@池袋
  • かね壱@御徒町
  • 桑ばら@池袋
  • ちばから@渋谷
  • 一丸@西武柳沢
  • 武志道@ときわ台
  • 神の手@新高円寺
CoRichブログランキング
  • ライブドアブログ