赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

【赤バイクの知蔵の独り言】 《その壱》名峰「富士」を麺に見立て、裾野の先にある「駿河湾」をつけ汁に見立てた。そんな〝つけ麺〟の姿が美しい。《その弐》「麺」が中太以上の男なら、「つけ汁」は濃厚な女であれ、女は大きな包容力で受け入れてくれるだろう。その瞬間が、男を浸す醍醐味である。《その参》麺(主演)とつけ汁(助演)を自分好みで浸して楽しむがいい。あくまでも、薬味・具・味変アイテムはエキストラでいい。最後のお楽しみ、スープ割も忘れずに………『つけ麺』をもっと世界へ!!!!!

青山焼鳥倶楽部@表参道

BlogPaint
青山焼鳥倶楽部(アオヤマヤキトリクラブ)
☆☆☆.8(表参道)
濃厚地鶏魚介つけ麺850円

AOYAMA Roast fowl Club
BlogPaint
濃厚地鶏魚介つけ麺
戴きました。
160926_115004160926_115902
麺は平打中太ストレートのエッジに丸みを帯びた大成食品社製で、表面があまりツルツルしていないのでつけ汁の持ち上げもよく、更にモチツルっとした食感が心地よく啜れ喉元を流れて胃に落ちて行きます(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで、プラス小ライスか大盛300gも同一価格です)。
160926_114903
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリアリな俗にいう「また、お前もか系」の濃厚豚骨魚介を地鶏バージョンにした濃厚地鶏魚介で、見た目にも濃厚感が分かる一昔に世を一世風靡した六厘舎スタイルのつけ汁にまとめられています。
BlogPaint
具は材木メンマ2本と炙りが入ったバラ叉焼1枚(注文時に普通か炙りか選べます)と海苔1枚と青葱と魚粉と柚子皮片2・3枚がつけ汁に押し込まれています。
やはり、この手のタイプは魚粉の存在感が強く、柚子皮は埋没してしまいますね。
160926_115023
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、モチツル麺に濃厚つけ汁が絡みまくり汁跳ねに気をつけながらズルっと啜りました。
160926_115626160926_115608
スープ割は配膳前に魚介系出汁スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の黒い蓮華で動物臭の少ない鶏魚介スープを楽しみました。
160926_113713160926_114117
お店は夜「信玄どり」を使用している焼き鳥屋さんで、お昼の空いている時間を利用したラーメンとつけ麺を提供している「鶏」自慢のお店でした。
160926_113822160926_113836
160926_115937
今日の一文字
「青」の書き順: http://kakijun.jp/page/08212200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13164523/


楽々軒@上板橋

BlogPaint
中華料理
楽々軒(ラクラクケン)
☆☆☆.8(上板橋)
つけ麺700円
Comfortably Eaves
BlogPaint
つけ麺
戴きました。
160922_120857
麺は平打中細ウェーブのエッジに尖りがある山口や製で、ピロピロした食感が喉ごしを楽しませてくれてツルツルっと食道を通り抜けて胃に落ちて行きます(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
160922_120824
つけ汁は酸味と粘度が無い辣油の辛味とオイリー感が共に微アリな野菜の甘味と辣油の辛味が融合した清湯系醤油味で、不思議な甘辛が昔ながらの甘辛酸の醤油味とは違った味わいを醸し出して食欲を掻き立てる仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具はメンマと叉焼は無く、茹でモヤシとそのモヤシの細さに揃え短冊切された胡瓜とナルトと手作り感いっぱいの錦糸玉子と雲丹トゲ刻海苔が麺皿だけ見ると冷し中華の具の様に盛られ、白胡麻とW葱(長葱・青葱)がつけ汁に振られています。
160922_120912
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、オレンジ色した辣油が白胡麻や長葱達と絡み野菜の甘味も一緒に楽しめモヤシや錦糸玉子や胡瓜と共に美味しく啜れました。
160922_120924160922_121741
スープ割は配膳時に陶器製のスープ専用容器に清湯スープが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で青葱を追いかけながら野菜の甘味を味わえ楽しめました。
160922_120034160922_120108
お店はもう30年以上前から営業されていて、以前はたまに出前を頼んだりタンメンを食べに行ったりしていた家から徒歩1分とかからない路地裏の中華屋さんです。

BlogPaint
昔よく戴いたタンメン(8年前の画像・当時600円)
湯気が立ち込めていて美味しそう。

今日の一文字
「楽」の書き順: http://kakijun.jp/page/1364200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13065929/

朔@高田馬場

 2016/9/6グランドオープン!
 塩ラーメンが主役のお店です。
BlogPaint
塩らーめん
(サク)
☆☆☆☆.1(高田馬場)
塩つけ麺780円
The first day
BlogPaint
塩つけ(大盛)
麺戴きました。
160918_115526
麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある薄黄色の透明感のある多加水タイプで、函館の塩ラーメンに似合いそうな喉ごしが楽しめる細麺にしては中々の麺です(麺量:茹で前300gで腹一杯で少し残してしまい、並盛200gと同一価格です)。
160918_115438
つけ汁は酸味と辛味と粘度の無いオイリー感弱アリな透明感のある塩味で、オイリー感はあまり気になりませんが塩味なのにほんのり甘味が感じられる少し変わった塩味に仕上がっています。
BlogPaint
具は濃口メンマ5・6本と脂身多めのバラ叉焼1枚とナルト1枚とワカメと笹切り長葱が麺の上を彩り、同じく長葱とトロロ昆布がつけ汁に浸っています。
160918_115544
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、細麺同士の間にシャバ系塩つけ汁が満遍なく絡み、先に入っているトロロ昆布と共にツルツルっと流れるように啜ることができました。
160918_115043160918_120027
途中、卓上の入れ放題のトロロ昆布掴み程投入すると磯の風味と塩気が増して楽しめました。
160918_120453160918_120523
スープ割はお願いすると別碗に柚子皮が目視できる透明な塩味スープが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華でワカメやトロロ昆布を追いかけながら美味しく戴けました。
160918_114851
お店からは何となく資本系の香りが漂っていて、大陸系の店員さんが片言の日本語で接客していました。

160918_114700
今日の一文字
「朔」の書き順: http://kakijun.jp/page/10118200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13200099/
 

万咲@朝霞

BlogPaint
つけ麺・ラーメン
万咲(マンサク)
☆☆☆☆.3(朝霞)
海老つけ麺800円

Ten thousand Bloom
BlogPaint
海老つけ麺
戴きました。
160916_130213
麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた表面にザラツキがある、きちんと手櫛で綺麗に整えられた見た目にも食欲を掻き立てられる喉ごしも心地よい麺です(麺量:茹で後300gで腹9分目といったところで、中盛500gも同一価格です)。
160916_130116
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度ドロドロな海老の甲殻系と味噌系に豚骨を合せた赤茶濁した濃厚海老豚骨で、浸し続けると最後の方は少し飽きてしまう感があります。
BlogPaint
具は竹の子の煮物みたいな縦割り三角メンマ2.5本と肩ロース叉焼の小さな切落し沢山とおでんの具みたいな半分にカットされた海老団子2つと青葱がつけ汁に隠され、海苔1枚と茹でキャベツ数枚が麺に添えられています。
160916_130231
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、濃厚ドロドロつけ汁が麺に絡みまくり赤茶色の汁跳ねを注意しながらズルズルっと啜りました。
160916_131139160916_131206
スープ割はお願いすると陶器製の白いティーポットに魚介系スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で千切った海苔を追いかけながら美味しく戴きました。
160916_125021
全体的に新宿の五ノ神製作所に似た感じでした。
160916_125132
店内にはカウンター席は無く移動可能な2人掛けテーブル席が配置され、1人でも家族連れでも対応できるレイアウトになっていました。

160916_124947160916_125001
今日の一文字
「咲」の書き順: http://kakijun.jp/page/0928200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/saitama/A1103/A110301/11042554/

満家@大久保

 2016/9/12 グランドオープン!
 久しぶりにPPゲットしていたら、
 FILEさん http://blog.livedoor.jp/file50/archives/52059047.html と1・2フィニッシュしました。
BlogPaint
らあめん
満家(ミツルヤ)
☆☆☆☆.2(大久保)
ざるらあめん800円
Full House
BlogPaint
ざるらあめん
戴きました。
160912_110059
麺は平打中細ストレートのエッジに丸みを帯びた長めなお箸で引っ張り出すと麺同士が絡まりなかなか持ち上げられませんが、喉ごしも良く啜れる秀逸な麺です(麺量:茹で前300g位で腹一杯で少し残してしまいました)。
160912_105956
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い昔ながらの中華そば風な清湯醤油味で、オイリー感が無いのでサラッとした醤油味に仕上がっています。
BlogPaint
具は幅広メンマ6・7枚と大きめに短冊カットされた肩ロース叉焼6・7枚と長葱がつけ汁に投下されていて、幅広刻海苔が麺の上に化粧されています。
160912_110111
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺にシャバ系つけ汁が僅かに絡みズルズル啜れますが、やはりこの手のタイプはお茶漬け喰いスタイルでズズズっと啜りました。
160912_110759
スープ割はブーメラン方式に清湯系スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で長葱を追いかけながら美味しく戴きました。
160912_105432
お店は以前「凪」「はやし家」が営業していた場所ですが、何とか根付くといいですね。
160912_101555160912_101613
BlogPaint
FILEさん「らあめん」750円

今日の一文字
「満」の書き順: http://kakijun.jp/page/12139200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13200037/


 

華味鳥@新宿

BlogPaint
博多鶏ソバ
華味鳥 (ハナミドリ)新宿三井ビル店
☆☆☆☆.1(新宿)
濃厚鶏白湯つけ麺860円
Flower Taste Bird
BlogPaint
濃厚鶏白湯つけ麺(夏季限定)
戴きました。
160909_112511
麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの旨味のある、更科蕎麦を啜っているかの様な喉ごしが楽しめる中華麺とはひと味違った独特な麺です(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところで、
160909_113933
つけ麺以外のラーメン類には海苔と柚子胡椒の俵ごはんがサービスされます)。
160909_112349
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度弱アリな軽いクリームシチューの様な鶏白湯で、メニューには濃厚と記されていますが鶏白湯を売りにしているラーメン店よりも上品な癖のない軽い仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具はどこかで見た事のあるけど硬さが残る三角メンマ1枚と鳥ムネ肉叉焼2枚と酸味のあるピクルスキャベツとナルト1枚と半分に折られた海苔1枚とカイワレが麺の上を6色で彩り、W葱(万能葱・微塵玉葱)がつけ汁に浮遊しています。
160909_112524
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、全粒粉入りの細麺に円やかクリームシチューの様なつけ汁が万能葱と微塵玉葱と共に絡みズズズっと啜れてしまいました。
160909_112535160909_113125
途中、ピクルスキャベツをつけ汁に投下して戴くと酸味が微妙に加わり更に卓上の魚粉(飛魚系)を軽く麺に振って戴いてみると、一過性に魚介風味が広がり楽しめました。
160909_113530160909_113740
スープ割はブーメラン方式に「水炊きスープ」が注がれ、プラスチック製の茶色い蓮華で万能葱やピクルスキャベツを掬いながら、ミル付ブラックペッパーをスリスリして美味しく戴けました。
160909_111614160909_112102
お店の店員さんは大陸系の方だらけで、開店前に電話で本日つけ麺の提供があるか問合わせしても話が通じませんでした。
160909_111539160903_115143
今日の一文字
「鳥」の書き順: http://kakijun.jp/page/tori200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13190528/


やすべえ@渋谷

BlogPaint
つけ麺屋
やすべえ 渋谷店
☆☆☆☆☆(渋谷)
つけ麺(中盛)500円(リニューアル記念)通常780円
 
Yasubee SHIBUYA 4
現在、東京を中心に大阪と合せて11店舗展開している。
渋谷店はJR渋谷駅南口と新南口の中間の明治通り沿いに佇んでいて、7/30より約1ヵ月強の改装休業を経て本日(9/7)無事にリニューアルオープンしました。
160907_105423
リニューアル記念ということで「つけ麺」「辛つけ麺」通常780円のところ500円で9/7~9/11の5日間提供されます。
開店17分前到着で番目ファーストロットに間に合いました♪
BlogPaint
つけ麺(中盛・つぶし生にんにくW)
戴きました。
160907_110824160907_105358
麺は角極太ウェーブのエッジに丸みを帯びたサッポロ製麺製で、言わずと知れた極太なのに喉ごしも楽しめるこれぞつけ麺屋と表現できるモチっと感のある小麦粉感満載な秀逸な麺で、中盛でもお腹が十分膨らみます(麺量:茹で後330gで腹一杯といったところで並盛220g~大盛440g迄同一価格で、小盛180gにはトッピング1品サービスです)。
160907_110744
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い甘味弱アリな鶏と豚骨と野菜が融合して醸し出す絶妙なつけ汁で、オイリー感が無いのでスッキリとした野菜の甘味が楽しめる仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具はメンマ5・6本と短冊切が崩れた肩ロース叉焼5・6切れと海苔1枚と長葱がつけ汁に押し込まれています。
160907_110835
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、絡みはどうしても粘度が無いので芳しくありませんが、長葱や千切った海苔と共にズズズっと啜るとお口一杯麺を頬張ることができ幸せ感が満たされます。
160907_105814
途中、卓上の削り節を大匙2杯ほど麺に積もらせて戴いてみると鰹などの魚介風味が全面に広がり楽しめ、
160907_110755
つぶし生にんにくをつけ汁に投下すると大蒜の辛味が加わり甘味を低下させパンチが加わり麺を運ぶお箸のスピードが加速しました。
160907_111701160907_111715
スープ割は別容器に魚介系出汁スープが提供され自分好みに調整でき、本日は大行列でてんてこ舞いなので蓮華なしで直接つけ汁碗にお口を付けて美味しく戴きました(以上、8/14に伺った池袋西口店のレポートを少しいじっただけでした)

今日の一文字
「渋」の書き順: http://kakijun.jp/page/11136200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001149/

山田屋@初台

BlogPaint
山田屋(ヤマダヤ)
☆☆☆.8(初台)
つけ麺710円
Mountain Paddy field Shop
BlogPaint
つけ麺
戴きました。
160903_123117
麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある喉ごし爽快な啜り易い多加水タイプで、ラーメン類と同じ麺と思われる麺2玉分位あり腹持ちはいいです(麺量:茹で前250g位で腹一杯といったところです)。
160903_123029
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな漆黒の清湯醤油味で、表面を覆う胡麻油風のオイリーが昔ながらの甘辛醤油味と差別化している濃口の仕上がりになっています。
160903_123003160903_123051
具は醤油味濃いめの短メンマ5・6本と茹で玉子半分とワカメと刻海苔が麺の上に添えられ、お年寄りには噛み切れそうにない肩ロース叉焼1枚と小松菜と微塵長葱がつけ汁に浮遊しています。
160903_123129
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、細麺の間に濃口つけ汁が絡み独特なオイリー感も手伝ってかツルツルっと流れるように胃に納まってしまいました。
160903_123914
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で微塵長葱を追いかけながらまだ濃さが残ったスープ割を楽しみました。
160903_122510160903_122454
お店は何とも辺鄙な場所に佇んでいますが、ポツリポツリとお客さんが来店していました。

160903_122321160903_122311
今日の一文字
「初」の書き順: http://kakijun.jp/page/0729200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13058711/


かつお拳@浅草橋

BlogPaint
らーめん
かつお拳(カツオケン)
☆☆☆.9(浅草橋)
濃厚ぶっつぶしつけ麺750円
Bonito Fist
BlogPaint
濃厚ぶっつぶしつけ麺
戴きました。
160902_114452160902_115413
麺は角中太ストレート(平打気味)のエッジに確りした尖りがある表面ツルツルなとても喉ごしが楽しめる色白麺です(麺量:茹で前200g位で腹8.5分目といったところです)。
160902_114350
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度アリな鶏と鰹が主張してくる俗にいう濃厚な「また、お前もか系」の豚骨も一緒に煮込まれた鶏豚骨魚介で、その中でも鰹が頑張ってくれている仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具は軟らか材木メンマ2本とつけ汁に投下するととても軟らかく変身するバラ叉焼2枚が麺の上に添えられ、九条葱が申し訳程度つけ汁に散らされています。
160902_114504
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ミドルドロのつけ汁が絡みズルズルっと啜れますが汁跳ね注意で臨みました。
160902_115102
スープ割はブーメラン方式に鰹油みたいな茶色い浮遊物と魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華でまだ濃厚感が残るスープ割を美味しく戴きました。
160902_113415160902_113430
店内はウナギの寝床の様に縦長で、カウンターも少し高いので椅子に腰掛けると両足が床に着かないのでちょっと落ち着きませんでした。

160902_113701160902_113312
今日の一文字
「拳」の書き順: http://kakijun.jp/page/10104200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13181938/


勝道@新宿

 2016/8/24 グランドオープン!
BlogPaint
麺屋
勝道(カツミチ)
☆☆☆.7(新宿)
濃厚クリーミーつけSOBA820円
Victory Road
BlogPaint
濃厚クリーミーつけSOBA
戴きました。
160829_123250
麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがあるピロピロタイプでは無い確りした硬さが残るパスタのフィットチーネタイプで喉ごしも良く啜れ楽しめます(麺量:茹で前200g位で腹8.5分目といったところです)。
160829_123120
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度微アリな鶏白湯塩味で、メニューには「濃厚」と記されていますがそれ程煮込まれた濃厚感は無く、表面を覆う油で表現されている様でちょっと肩透かしを食らったような気分になりました。
BlogPaint
具は麺と同色化している穂先メンマ2本と総州古白鶏の軟らかくて小さいムネ肉叉焼2枚が麺に乗り、W葱(青葱・微塵玉葱)がつけ汁に浮遊しています。
お値段的には具が少く麺量もチョイスできないのでかなりCPは悪いです。
160829_123308
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺の表面につけ汁が絡み微塵玉葱と青葱と共にズズズっと啜れました。
160829_123840
途中、卓上の「黒煎り七味」を軽く振ると黄色いつけ汁に粉山椒の様な黒色が広がりマイルドな辛味で麺を運ぶスピードが加速しました。
160829_124133160829_124117
スープ割はお願いすると魚介系スープが入ったポットを持った店員さんが注いでくれ、陶器製の白い蓮華で青葱を追いかけながら美味しく戴けました。
160829_122719160829_122815
お店はフレアバーテンダー世界チャンピオンがbar等を手掛ける会社が運営しています。
160829_122420160829_122815
今日の一文字
「勝」の書き順: http://kakijun.jp/page/1211200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13199352/


↓これ、ポチッと↓
くる天 人気ブログランキング
☆エリア別・麺種別で検索できます▼▼▼
お店の名前で検索できます
最新トラックバック
幸めん 華雅@湯島 (麺好い(めんこい)ブログ)
華雅@湯島
麺や いるか@大山 (両国のダイビングショップオーナーの日記)
いるか@大山
幸めん 華雅@湯島 (両国のダイビングショップオーナーの日記)
華雅@湯島
ミニギャラリー
  • 青山焼鳥倶楽部@表参道
  • 楽々軒@上板橋
  • 朔@高田馬場
  • 万咲@朝霞
  • 満家@大久保
  • 華味鳥@新宿
livedoor
赤バイクの知蔵の脳内 ブログ王 ブログランキング 人気ブログランキングへ 食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板東京都 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル このエントリーをはてなブックマークに追加
公認グルメブログ by livedoorグルメ
【PR】おすすめグルメ情報
ぐるなびぐるなび 公認グルメリポーター 認定カテゴリ:東京×ラーメン

ジオターゲティング
ギャラリー
  • 青山焼鳥倶楽部@表参道
  • 楽々軒@上板橋
  • 朔@高田馬場
  • 万咲@朝霞
  • 満家@大久保
  • 華味鳥@新宿
  • やすべえ@渋谷
  • 山田屋@初台
  • かつお拳@浅草橋
  • 勝道@新宿
  • 心や@幡ケ谷
  • 幻のタンポポ@北池袋
  • 悠@大久保
  • やすべえ@池袋
  • 灯花@曙橋
  • 点心@下板橋
  • 火武偉@恵比寿
  • スシロー@光が丘
  • 一剣@板橋
  • 奈良屋@大泉学園
  • 麺魚@錦糸町
  • こてつ@下北沢
  • 卓@上板橋
  • 稀@大山
  • 渚@中野
  • 惠本将裕@渋谷・神泉
  • 篠はら@池袋・要町
  • ほそ川@上板橋
  • K's Garden@巣鴨新田・大塚
  • 吉華苑@北池袋
CoRichブログランキング
  • ライブドアブログ