赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

【赤バイクの知蔵の独り言】 《その壱》名峰「富士」を麺に見立て、裾野の先にある「駿河湾」をつけ汁に見立てた。そんな〝つけ麺〟の姿が美しい。《その弐》「麺」が中太以上の男なら、「つけ汁」は濃厚な女であれ、女は大きな包容力で受け入れてくれるだろう。その瞬間が、男を浸す醍醐味である。《その参》麺(主演)とつけ汁(助演)を自分好みで浸して楽しむがいい。あくまでも、薬味・具・味変アイテムはエキストラでいい。最後のお楽しみ、スープ割も忘れずに………『つけ麺』をもっと世界へ!!!!!

心や@幡ケ谷

BlogPaint
背脂煮干中華そば
心や(ココヤ)
☆☆☆☆.1(幡ケ谷)
つけそば780円
Heart Shop
BlogPaint
つけそば(背脂少なめ)
戴きました。
160825_124257
麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたピロピロタイプで、喉ごしも楽しめますが表面のデコボコに背脂が絡み汁跳ねならぬ背脂跳ねに注意が必要な、加水率45%の新潟は燕三条系の本場を意識した麺です(麺量:茹で前200gで腹7分目といったところで、中盛300gも同一価格なので中盛をお薦めします)。
160825_124223160825_123825
つけ汁は酸味と辛味の無い良質なもち豚背脂少なめでもオイリー感アリな粘度微アリな円やか煮干醤油味で、カエシの尖りも無く煮干しの青光りのニボニボ感もそれ程無くギトギト背脂感も無いので上品な煮干醤油味が楽しめる仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具は長短メンマ8・9本と注文毎にスライスされるレア感が素晴らしい薄切り肩ロース叉焼4枚と青葱が麺の上に飾られ、シャキシャキ感残る玉葱がつけ汁に投下されています。
160825_124316160825_123731
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面に浮遊している背脂と沈んでいる玉葱が絡みズルズルっと啜れ、久しぶりに背脂を楽しみました。
160825_124922160825_124910
スープ割はブーメラン方式に優しい煮干しスープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で玉葱を掬いながら美味しく戴き、麺を完食した後に気が付いた「刻みにんにく」をここぞとばかりに大匙杯投入して背脂とのコラボを楽しみました。
160825_123712
お店は以前伺った事がある場所でして、その後も何軒かラーメン店が入れ替わったもようの場所ですが、拘りの新潟燕三条系で定着して欲しいところですね。
160825_123453160825_123502
今日の一文字
「心」の書き順: http://kakijun.jp/page/0451200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13198601/


幻のタンポポ@北池袋

BlogPaint
幻のタンポポ(つけそば3ばん目)
☆☆☆☆.2(北池袋)
つけそば800円
Vision Dandelion(Dip Noodles No.3)
BlogPaint
つけそば
戴きました。
160821_114754
麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた表面にザラツキがあるモチっとタイプで、喉ごしも悪くありませんが確り歯で噛み締めても味わいが楽しめる中々良い麺です(麺量:茹で前250gで腹9分目といったところで、大盛350gも同一価格です)。
160821_114648160821_113541
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が微アリな大山鶏国際豚鹿児島本枯れ節三陸根昆布千葉煮干し香味野菜など天然国産素材で造り出したどちらかというと豚骨醤油系(無化調)で、無化調でも確りした動物と魚介のハーモニーが奏でた味わいが楽しめる逸品に仕上がっています。
BlogPaint
具はメンマは無く、軟らかく煮込まれたバラ叉焼3枚とホウレン草と長葱がつけ汁に投下され、低温調理されたレアな豚肩ロースと鶏ムネ肉叉焼が1枚づつと海苔1枚とカットレモン1つが麺の上に飾られています。
BlogPaint
このレア叉焼達が簡単に歯で噛み千切れ美味で、全体的にお肉たっぷりでした。
160821_114812
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中太麺に軽くつけ汁が絡む感じでズズズっと啜れホウレン草や軟らかバラ叉焼と共に楽しめました。
160821_115633
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で長葱を追いかけながら美味しく戴きました。
160821_113453
お店は豊島区のはずれの北池袋のディープな路地裏に佇んでいますが、FBやツイッターで開店情報を聞き付けた方がポツポツと来店していました。

160821_113352
今日の一文字
「幻」の書き順: http://kakijun.jp/page/0447200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13195586/

悠@大久保

BlogPaint
麺屋
(ユウ) 
☆☆☆.9(大久保)
つけそば800円
Remoteness
BlogPaint
つけそば(中盛)
戴きました。
160819_121320160819_121203
麺は角極細ウェーブのエッジに尖りがある大栄食品製で、パツパツした食感と共に喉元を流れていき喉ごしが楽しめます(麺量:茹で前210gで腹8分目といったところで、並盛140gと同一価格です)。
160819_121234
つけ汁は酸味微アリなとブラックペッパーの辛味弱アリなオイリー感も弱アリな粘度の無い鶏ガラメインの醤油味で、ブラックペッパーの刺激が喉元を直撃してくるそんな仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具は細長メンマと短冊ナルト沢山とW葱(揚げ葱・長葱)がつけ汁に押し込まれ、炙りの入った硬めのモモ肉叉焼2枚と海苔1枚が麺の上に添えられいます。
160819_121333
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極細麺にシャバ系つけ汁が絡みズルズルっと啜れました。
160819_122045
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ長葱も追加され、プラスチック製の白い蓮華で葱を追いかけながら美味しく戴きました。
160819_120628
お店は大久保駅近くの路地に佇んでいて、目立ちはしませんがちょこちょことお客さんが来店していました。
160819_120451160819_120442
今日の一文字
「悠」の書き順: http://kakijun.jp/page/1188200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13196234/


やすべえ@池袋

 2016/7/27 グランドオープン!
 東口に続いて、池袋に2店舗目です。
BlogPaint
つけ麺屋
やすべえ 西池袋店
☆☆☆☆☆(池袋)
つけ麺780円+つぶし生にんにくW0円
Yasubee NISHIIKEBUKURO
BlogPaint
つけ麺(中盛・つぶし生にんにくW)
戴きました。
160814_123411160814_122455
麺は角極太ストレートのエッジに丸みを帯びたサッポロ製麺製で、言わずと知れた極太なのに喉ごしも楽しめるこれぞつけ麺屋と表現できるモチっと感のある小麦粉感満載な秀逸な麺で、中盛でもお腹が十分膨らみます(麺量:茹で後330gで腹一杯といったところで並盛220g~大盛440g迄同一価格で、小盛180gにはトッピング1品サービスです)。
160814_123315
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い甘味弱アリな鶏と豚骨と野菜が融合して醸し出す絶妙なつけ汁で、オイリー感が無いのでスッキリとした野菜の甘味が楽しめる仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具はメンマ5・6本と短冊切が崩れた肩ロース叉焼8・9切れと海苔1枚と長葱がつけ汁に押し込まれています。
160814_123429
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、絡みはどうしても粘度が無いので芳しくありませんが、長葱や千切った海苔と共にズズズっと啜るとお口一杯麺を頬張ることができ幸せ感が満たされます。
160814_123152160814_123747
途中、卓上の削り節を大匙2杯ほど麺に積もらせて戴いてみると鰹などの魚介風味が全面に広がり楽しめ、
160814_123131
つぶし生にんにくをつけ汁に投下すると大蒜の辛味が加わり甘味を低下させパンチが加わり麺を運ぶお箸のスピードが加速しました。
160814_124529160814_124610
スープ割は別容器に魚介系出汁スープが提供され自分好みに調整でき、木製の茶色い京うどん用蓮華つぶし生にんにくを掬いながら美味しく戴きました。
160814_122606160814_122632
お店は池袋西口のロサ会館裏に佇んでいて、昔よく通った東口のお店と合せて池袋に2店舗になりました。
160814_122319160814_122529
今日の一文字
「西」の書き順: http://kakijun.jp/page/nishi200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13196726/
 

灯花@曙橋

BlogPaint
鯛塩そば
灯花(トウカ)
☆☆☆☆.3(曙橋)
鯛塩つけ麺900円
Light Flower
BlogPaint
鯛塩つけ麺(中盛)
戴きました。
160811_123938
麺は角細ストレートのエッジに尖りがある三河屋製麺製で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養化の高い喉ごしも楽しめる麺で最近、塩つけ麺で幾度となく遭遇している秀逸な麺です(麺量:茹で前360g位で腹8分目といったところで、並盛240gから大盛480g迄同一価格です)。
160811_123849
つけ汁は酸味と辛味と粘度の無いオイリー感微アリな透明感のある中に「みぞれ(大根おろし)」が浮遊している塩仕立てで、料理名の「鯛」はあまり顔を出さず具の叉焼の風味が乗り移った感じに仕上がり、とても熱々なので釜飯みたいな二重構造のつけ汁碗で配膳されました。
BlogPaint
具は短メンマ7・8本とイベリコ豚でしょうか?やたらと旨味が滲み出る肩ロース叉焼の切落し4・5個と食用菊の黄色い花びらがつけ汁に放たれて、三つ葉と味玉1個(後から親子連れ3人が横並びできるようにと配膳前に席移動したサービス)が麺の上に飾られ、梅肉が麺丼の縁に粘着しています。
何気ない気遣いに対してのサービスありがとうございました。
160811_123957
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、みぞれ効果もあってもか細麺につけ汁が絡みズズズっと気持ち良く啜る事ができました。
ちなみに梅肉は苦手なので使用せずでした。
160811_124718
スープ割はブーメラン方式に塩スープが注がれお茶漬けあられが足され、プラスチック製の表裏で黒茶色した蓮華で食用菊の花びらを追いかけながらサラリと美味しく戴きました。
160811_123233160811_123213
お店は目と鼻の先にある「塩つけ麺灯花」の2号店という扱いですが、4年前に伺った1号店よりも和風チックで清潔感があって人気があるのが分かりました。
160811_123018160811_124955
今日の一文字
「灯」の書き順: http://kakijun.jp/page/06109200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13181527/


点心@下板橋

BlogPaint
ラーメン
点心(テンシン)
☆☆☆.6(下板橋)
冷やし味噌つけ麺630円

Refreshment
BlogPaint
冷やし味噌つけ麺(季節物)
戴きました。
160810_112315
麺は角細ウェーブのエッジに尖りがあるラーメン類と同じ麺で、ツルツルと喉ごしが良く喉元を流れていく多加水タイプでチープな感じの麺です(麺量:茹で前210g位で腹7.5分目といったところです)。
160810_112158
つけ汁は冷製な酸味とオイリー感と粘度が無い辛味弱アリなサラリとした北海道系味噌味で、ピリ辛が効いていて暑い食が細った日に丁度いい仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具はメンマ7・8本とたっぷり茹でモヤシとコーンと長葱がつけ汁にギュウギュウに押し込まれ、刻海苔が麺に化粧されています。
叉焼などの「肉」は入っていませんでした。
160810_112328
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ピリ辛つけ汁が細麺の間に入り込みツルっと啜れました。
160810_113139
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、冷製からぬるく変わったスープ割を陶器製の白い蓮華で底に隠れてしまったコーンを探しながら戴きました。
160810_111741
お店は東武東上線の下板橋駅から見えるところにず~っと昔から佇んでいて、このあいだ店頭を眺めていたら女将さんが丁度出て来てメニューに「つけ麺」があるか尋ねたところ「味噌つけ麺」があるとのことでしたので伺ってみました。

160810_111712160810_113536
今日の一文字
「点」の書き順: http://kakijun.jp/page/09139200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13059270/


火武偉@恵比寿

BlogPaint
札幌らーめん
火武偉(カムイ)恵比寿店
☆☆☆☆.2(恵比寿)
味噌つけ麺780円
Fire Warrior Great EBISU
BlogPaint
味噌つけ麺(小、野菜大盛・ニンニク強め・コーン追加)
戴きました。
160808_111007
麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた札幌味噌ラーメンでよく見掛ける黄色い縮れの強い気持ち良く啜ると汁跳ね必須の麺です(麺量:茹で前150gで腹6.5分目といったところですが、野菜大盛にコーン追加で腹8分目迄膨らみます)。
160808_110900
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度微アリな北海道味噌を主体とした円やか味噌味で、後から入ってくる炒め野菜の油や辛味でどんどん濃厚感が増して変化していきます
BlogPaint
具はメンマ4・5本と肩ロース叉焼2枚と豚ミンチとモヤシと青葱がつけ汁に忍ばせてあり、炒め野菜(キャベツ・モヤシ・人参・ニラ・キクラゲ・玉葱)とコーンが麺を覆い隠す様に盛られていて辛味粉がてっぺんにちょこんと化粧されています。
160808_111020
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中細麺に豚ミンチや炒め野菜が纏まり付き麺だけでなく様々な具と共にムシャムシャと噛み締めました。
160808_111444
途中、別皿提供の業務用おろし大蒜を投入すると、やはりコクが生まれ啜るお箸が進みました。
160808_111939
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ笹切長葱も追加され陶器製の白い蓮華で底に沈んで隠れてしまったコーンとキクラゲを探しながら美味しく戴きました。
160808_110221
お店は路面ではなく階段の途中に佇んでいて、しょっちゅう店頭を通っていましたが最近「味噌つけ麺、はじめました」のPOPを見つけて伺えました。
160808_105708160808_105821
今日の一文字
「偉」の書き順: http://kakijun.jp/page/1201200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13169224/




スシロー@光が丘

BlogPaint
スシロー
光が丘店
☆☆☆.7(光が丘)
鯖系濃厚魚介つけ麺388円+替え玉108円
Sushifish on vinegared rice Row
BlogPaint
鯖系濃厚魚介つけ麺
戴きました。
160807_103858
麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがあるモチモチした意外にもどっしりした本格的な麺で、熱盛での配膳で喉ごしを楽しむよりも麺自体の弾力を歯で噛み締めて味わうタイプで、回転寿司屋で提供されている物とは思えない逸品です(麺量:茹で前50g位で腹3分目といったところで、替え玉50g位は最低1玉は必須で、お腹一杯になるには替え玉3玉は必要ですが、ここはあくまでも回転寿司屋さんです)。
160807_103807
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度微アリな魚介(鯖)が主張する動物魚介で、魚介の生臭さは感じられませんが節系の魚粉風味が漂った仕上がりにまとめられています。
BlogPaint
具はメンマは無く、薄っぺらなバラ叉焼1枚と海苔1枚とW葱(白髪葱・青葱)とスダチが麺を覆い隠す様に盛られています。
160807_103914
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、絡みは問題ありませんが麺が熱盛なので普段戴いている冷盛からするとやや違和感がありしっくりしませんでした。
160807_104340160807_104403
替え玉も熱盛で提供され、まだ使っていないスダチを麺に搾って清涼感を楽しみました。
160807_104529160807_104730
スープ割はやってないみたいでしたのでお茶を入れる時に使用する横に押しつけると上からお湯が出てくるところにつけ汁椀を押し当てお湯を注ぎ蓮華もないので直接つけ汁椀にお口を付けて魚介スープを楽しみました。
160807_103350
お店は土日祝日は朝10:30~(平日は11:00~)営業していて開店前から待ちがでている老若男女問わず人気の回転寿司屋さんでした。
160805_080034160807_103321
今日の一文字
「鯖」の書き順: http://kakijun.jp/page/saba19200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13009886/


一剣@板橋

 2016/8/2 グランドオープン!
 ウズマサ@市川 以来のニボニボでした。
 
http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/3079658.html
BlogPaint
煮干し中華そば
一剣(イチケン)
☆☆☆☆.2(板橋)
煮干しつけそば700円
One Sword
BlogPaint
煮干しつけそば(オープン記念で50円引)
戴きました。
160806_111850160806_110544
麺は角極太ストレートのエッジに丸みを帯びた村上朝日製麺製で、表面がザラザラしているので確りつけ汁を持ち上げズルっと啜れますが、極太の為お口一杯頬張ると大変なことになるので短めに設計されています(麺量:茹で前250g位で腹一杯で少し残してしまいました)。
160806_111729
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度ドロドロなこれぞ煮干しと言わんばかりの青光りしたニボニボで、鰯などの煮干しの魅力が十二分楽しめる初めての方には非常に酷(コク)なニボニボ風味の仕上がりになっています
160806_111814160806_111828
具はちょっと筋目が気になるメンマ3本とチンゲン菜と生玉葱がつけ汁に忍ばせてあり、二郎にも引けをとらない大きく厚みのある軟らかブタ2枚が麺の上に鎮座しています。
160806_112613
つけ汁の中には柚子皮片が1枚入っていますが、この煮干しつけ汁では何の効果も効力もありませんでした。
160806_111909
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ドロドロつけ汁が極太麺に纏まり付きニボニボ感がお口一杯にこれでもかと広がりました。
160806_112655
160806_112725160806_112812
スープ割は透明感のある煮干しスープがポットで提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華ニボニボ感を楽しみながら美味しく戴けました。
160806_110510160806_110614
お店はちょとした激戦地区の板橋にオープンしましたが、一週間も経たない内に開店時から待ちがでる行列店になっていました。

160806_110529
今日の一文字
「剣」の書き順: http://kakijun.jp/page/1020200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13198733/
 

奈良屋@大泉学園

BlogPaint
麺処
奈良屋(ナラヤ) 
☆☆☆☆.1(大泉学園)
つけ麺880円

NARA Shop
BlogPaint
つけ麺(中盛)
戴きました。
160801_113806
麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある三河屋製麺製で、麺同士のくっつき防止に何かしらの油を全体に和える様に盛られ、気持ち硬茹でされているせいかポキポキ感があり喉元を通っていく時にツルリとした滑らかさが無く、博多ラーメンの「粉落とし」を戴いている様な面白い食感が楽しめます(麺量:茹で前240gで腹8分目といったところで、並盛160gと同一価格です)。
160801_113725
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い鰹風味が全面に主張している鶏ガラ醤油味で、酸味が効いていないので老若男女問わず戴ける無化調の優しい醤油味に仕上がっています。
BlogPaint
具は軟らかい材木メンマ3本と片面に炙りが入った四角い肩ロース叉焼2枚と燻製みたいな味玉半分と海苔1枚が麺に飾られ、三つ葉とW葱(長葱・玉葱)と小さく刻まれた叉焼片がつけ汁に散らされています。
160801_113818
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、細麺に三つ葉やW葱が絡みつけ汁を持ち上げ鰹風味満載でズズズっと啜れました。
160801_114659
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で底に沈んでいる叉焼片を掬いながら追加された三つ葉と共に戴きました。
160801_112436160801_113010
お店は駅から700m以上離れた交通量の多い抜け道沿いに佇んでいて、思いもよらない価格設定専用駐車場1台分では来店するのも一苦労してしまいそうです。
160801_113106160801_113052
今日の一文字
「奈」の書き順: http://kakijun.jp/page/0852200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132103/13197031/


↓これ、ポチッと↓
くる天 人気ブログランキング
☆エリア別・麺種別で検索できます▼▼▼
お店の名前で検索できます
最新トラックバック
幸めん 華雅@湯島 (麺好い(めんこい)ブログ)
華雅@湯島
麺や いるか@大山 (両国のダイビングショップオーナーの日記)
いるか@大山
幸めん 華雅@湯島 (両国のダイビングショップオーナーの日記)
華雅@湯島
ミニギャラリー
  • 心や@幡ケ谷
  • 幻のタンポポ@北池袋
  • 悠@大久保
  • やすべえ@池袋
  • 灯花@曙橋
  • 点心@下板橋
livedoor
赤バイクの知蔵の脳内 ブログ王 ブログランキング 人気ブログランキングへ 食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板東京都 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル このエントリーをはてなブックマークに追加
公認グルメブログ by livedoorグルメ
【PR】おすすめグルメ情報
ぐるなびぐるなび 公認グルメリポーター 認定カテゴリ:東京×ラーメン

ジオターゲティング
ギャラリー
  • 心や@幡ケ谷
  • 幻のタンポポ@北池袋
  • 悠@大久保
  • やすべえ@池袋
  • 灯花@曙橋
  • 点心@下板橋
  • 火武偉@恵比寿
  • スシロー@光が丘
  • 一剣@板橋
  • 奈良屋@大泉学園
  • 麺魚@錦糸町
  • こてつ@下北沢
  • 卓@上板橋
  • 稀@大山
  • 渚@中野
  • 惠本将裕@渋谷・神泉
  • 篠はら@池袋・要町
  • ほそ川@上板橋
  • K's Garden@巣鴨新田・大塚
  • 吉華苑@北池袋
  • すが田@明大前
  • さんじ@稲荷町・上野
  • 共栄軒@上板橋
  • 大和田@渋谷
  • 三士@池袋
  • でーぶ@新橋
  • 萬来軒@北池袋
  • TAKA@中井
  • 丁香@西新宿・大久保
  • 善龍@板橋区役所前・大山
CoRichブログランキング
  • ライブドアブログ