赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

【赤バイクの知蔵の独り言】 《その壱》名峰「富士」を麺に見立て、裾野の先にある「駿河湾」をつけ汁に見立てた。そんな〝つけ麺〟の姿が美しい。《その弐》「麺」が中太以上の男なら、「つけ汁」は濃厚な女であれ、女は大きな包容力で受け入れてくれるだろう。その瞬間が、男を浸す醍醐味である。《その参》麺(主演)とつけ汁(助演)を自分好みで浸して楽しむがいい。あくまでも、薬味・具・味変アイテムはエキストラでいい。最後のお楽しみ、スープ割も忘れずに………『つけ麺』をもっと世界へ!!!!!

BASSA NOVA@原宿

1609729442038
BASSA NOVA(バサノバ)原宿
☆☆☆☆.4(原宿)
和出汁つけソバ900円
新しい感覚
☆☆☆☆.4BASSA NOVA(原宿)和出汁900円
和出汁つけソバ
戴きました。
1609730233874
麺は平打中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河製麺製で、中細ですが弾力のある啜り心地が優しい小麦風味満載の喉ごしも十分な美味しい麺です(麺量:茹で前220g位で腹8分目といったところです)。
16097301576441609729608039
つけ汁は酸味と辛味の無い柚子オイルのオイリー感と粘度が弱アリな乾物や魚介出汁に有機豆乳を合わせた一風変わった代物で、動物系の出汁が使用されていないので椎茸や昆布と煮干し・鰹が際立つつけ汁に仕上がっています。
1609730203503
具は少しだけ塩気のある穂先メンマ1本と焼き目の入った皮付鶏叉焼1枚と金属製の蓮華に乗った微塵アーリーレッドとベビーリーフと笹切り長葱と糸唐辛子と海苔1枚が麺の上を華やかに飾り、フライドオニオンがつけ汁に浮遊されています。
1609730269261
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中細麺に分離した豆乳と濃厚和風出汁が絡みズル・ズルズルっと美味しく啜れました(熱々のつけ汁に数秒浸して戴くよりも、サッと浸して戴いた方が中細麺の弾力が感じられ美味しかったです)。
16097310178821609730980585
スープ割はお願いすると蕎麦湯ポットに白濁豆乳スープが提供され自分好みに調整でき、金属製の銀色した蓮華微塵アーリーレッドやフライドオニオンを掬いながら美味しく戴けました。
1609729657952
お店は、原宿は竹下通りのアルタ原宿の裏の路地に佇んでいて、ワンオペですが彩り楽しいポルトガル語の店名どおりの新感覚つけ麺が戴けました。

16097294721021609729535556
お店情報はこちら
バサノバ 原宿 (BASSANOVA) - 原宿/ラーメン [食べログ] (tabelog.com)

五利当@池袋

1609294801792
つけ麺
五利当(ゴリアテ)
☆☆☆☆.1(池袋)
塩つけ麺950円
Five interest Hit
☆☆☆☆.1五利当(池袋)950円
塩つけ麺
戴きました。
1609295508891
麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがあるオリジナル製で、平打だけれども芯の部分が少々パツパツした硬茹でされた食感が面白い小麦風味も楽しめる喉ごしと啜り心地も十分な麺で、カウンターの奥行きがないにもかかわらず赤い陶器製の麺皿で提供されます(麺量:茹で前250gで腹8.5分目といったところです)。
16092954088661609294865890
つけ汁は酸味と辛味の無い背脂オイリー感と粘度が微アリな豚骨メインの豚骨塩味で、動物系が際立つ中に野菜の甘みが漂う動物系重視のつけ汁に仕上がっています。
1609295463210
具は太短メンマ3本と太短冊豚肩ロース叉焼2枚とW葱(青葱・揚長葱)がつけ汁に押し込められ、海苔1枚が麺の横に添えられています。
1609295541642
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、薄黄色した麺肌を背脂と共につけ汁が絡みジュル・ズバズバっと啜れました(熱々のつけ汁に数秒浸して戴くよりも、サッと浸して戴いた方が麺の弾力が感じられ美味しかったです)。
16092960787161609295206111
スープ割はカウンター上に鶏ガラ・鰹出汁スープが入ったポットで自分好みに調整でき、プラスティック製の黒色した蓮華で、背脂と共に青葱や揚葱を掬いながら美味しく戴けました。
1609295052524
卓上には、味変アイテムがこれでもかと9種類置いてありましたが、何れも使用しないで完食できました。
お店は、蒙古タンメンで有名な中本池袋店の下隣と洋食で人気のABC~の一角に佇んでいて、5席・5坪・5種のメニューで5利益を当ててくれるそうです。
1609294841315
お店情報はこちら
つけ麺 五利当 (ゴリアテ) - 池袋/つけ麺 [食べログ] (tabelog.com)

しょうがの湯@渋谷

1607121179976
長岡生姜ラーメン 
しょうがの湯(ショウガノユ)
☆☆☆☆.3(渋谷)
紫生姜つけ麺980円
Ginger’s Bathtub
☆☆☆☆.3しょうがの湯(渋谷)980円
紫生姜つけ麺
戴きました。
16076544533721607653563593
麺は角中細ストレートのエッジに尖りがある村上朝日製麺製で、敷かれた笊に手櫛で綺麗に整えられた芯の部分が少々パツパツした硬茹でされた中細なので喉ごしツルツルの小麦風味もあるとても啜り心地が楽しめる麺です(麺量:茹で前200g位で腹7分目といったところです)。
1607654327941
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い漆黒色した醤油味で、魚介の風味は殆ど感じない
具の豚肉から伝達される豚の動物系出汁がジワジワ染み出てくる旨味が増えるつけ汁に仕上がっています。
16076543772651607653804724
具はメンマは無く薄ペラ切り豚肩ロース肉沢山と三つ葉がつけ汁に押し込められ、ナルト1枚と海苔1枚が麺の横に添えられています。
1607654491741
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌を漆黒色したつけ汁が染め上げ三つ葉と共にジュル・ジュルジュルっと啜れました(数秒浸して直ぐに戴くよりも、30~40秒程浸けて麺を熱々にして戴いた方が美味しかったです)
16076538970441607654688212
途中、配膳時におろし金で提供された生姜をセルフでおろし生姜にしてつけ汁に投入すると、サッパリ感が加わり更にツルツルっと啜れました(おろし大蒜も合うかも?)。
1607654972139
スープ割はブーメラン方式に生姜スープが注がれ、プラスティック製の白色した蓮華で、醤油と生姜と豚肉がシンクロしたけっこう多めの割スープを半分以上飲み干し身体が温まりとても美味しく戴けました。
1607654017736
お店は、勤務先から徒歩2分程の明治通り沿いに佇んでいて、「つけ麺」を提供されていることを最近知り新潟は長岡生姜のつけ麺を堪能させてもらいました。

1607653616414
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13243202/

渡海@目白

1607226765538
麺や
渡海(トカイ)
☆☆☆.9(目白)
煮干しつけ麺850円
Cross a Sea
☆☆☆.9渡海(目白)850円
煮干しつけ麺
戴きました。
1607227384164
麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた喜多方や白河ラーメンで使用している様な麺で、平打楕円のボソモチっとした啜り心地も楽しめる多加水の色白麺です(麺量:茹で前230gで腹8分目といったところです)。
1607227298355
つけ汁は酸味と辛味と粘度の無い背脂オイリー感アリな煮干し鶏醤油味で、巷でよく言うドロドロセメント煮干しではなく上品に炊き出した煮干しに鶏スープを合わせたところに背脂を加えたつけ汁に仕上がっています。
1607227328405
具は穂先メンマ1本と脂身が多いバラ叉焼2枚と海苔1枚が麺の上に飾られ、W葱(青葱・微塵玉葱)が背脂と共につけ汁の表面を覆っています。
1607227409203
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺の麺肌につけ汁と背脂と共に青葱が絡まりジュル・ジュルジュルっと啜れました。
16072280224301607228032565
スープ割はお願いすると煮干しスープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスティック製の白色した蓮華で背脂と微塵玉葱を掬いながら美味しく戴けました。
1607226979879
お店は、炭火串焼き「鶏ジロー」のお昼を間借りしたかたちで営業している本格的なラーメン・つけ麺を提供しているお店でした。
16072268015691607226811306

お店情報はこちら⇨
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13252562/

優創@大久保・新大久保

1605413969594
麵屋
優創(ユウサク)
☆☆☆☆.5(新大久保)
豚骨和出汁つけ麺900円
Excellent Write 2
☆☆☆☆.5優創(大久保)豚骨和出汁900円
豚骨和出汁つけ麺
戴きました。
1605412800913
麺は平打幅広ウェーブのエッジに尖りがある自家製麺で、福島県の白河や喜多方で見かけるピロピロした喉ごしも十二分に楽しめるつけ汁を持ち上げる多加水タイプの清々しい麺です(麺量:茹で前230gで腹8分目といったところです)。
1605412667671
つけ汁は酸味と辛味の無い粘度とオイリー感が微アリな豚骨に和出汁(鯖節等)をブレンドした薄い味噌味で、以前戴いた魚介醤油とは一味違った温かみのあるつけ汁に仕上がっています。
1605412632945
具は材木太メンマ5本と大量ホウレン草と微塵長葱と軟らか肩ロース叉焼2枚と切り落とし1個と海苔5枚と生海苔が別皿で提供され、一見するとホウレン草と板海苔で家系見えてしまいますね。
1605412846999
つけ汁に麺を浸して戴いてみると、平打麺につけ汁が十二分に絡みジュル・ジュルジュルっと啜れました。
1605413078453
途中、生海苔を麺に塗して戴いてみると、磯の風味が平打麺とシンクロして旨々で美味しく戴けました。
1605413688586
スープ割はカウンター上に置いてある魚介出汁スープが入ったポットを自分好みに調整でき、陶器製の白色の蓮華生海苔を掬いながら優しい豚骨を感じながら美味しく戴けました。
1605412193378
お店は約年前伺ってから久しぶりの訪問でしたが、現在は行列もなくすんなりと入店できるお店に変化していました。

1605412046170
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13103572/

大平軒@四谷三丁目

1603683201823
とんこつラーメン 
大平軒(タイヘイケン)
☆☆☆.7(四谷三丁目)
魚介とんこつ細つけ麺750円
Taihei Eaves
☆☆☆.7大平軒(四谷三丁目)750円
魚介とんこつ細つけ麺
戴きました。
1603683615979
麺は角極細ストレートのエッジに尖りがある菅野製麵所製で、とんこつラーメンと同じ麺で茹でた後に水道水で〆ているだけですが麺同士のくっつきも無く極細麺ならではのツルツルな喉ごしが楽しめる麺です(麺量:茹で前180g位で腹6.5分目といったところです)。
1603683474802
つけ汁は酸味と辛味と粘度の無いオイリー感弱アリな豚骨味で、表面を覆う茶色の魚介系チー油らしきものがパンチを効かせ豚骨スープと一体になった時に旨味を発揮するつけ汁に仕上がっています。
1603683576133
具はメンマは無く、四角いバラ叉焼2枚とキクラゲの千切りが麺の横に添えられ、万能葱がつけ汁に散らされています。
1603683650615
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極細麺に万能葱と共につけ汁が絡みスル・ズルズルッと軽快に啜れました。
1603683846623
途中、卓上の紅生姜と擦り白胡麻を麺に塗して戴いてみると、紅生姜の酸味と白胡麻の香ばしい風味が一緒に楽しめ美味しく戴けました。
1603684158779
スープ割はカウンター上につけ汁碗を挙げるとお玉で豚骨スープが注がれ、プラスチック製の白色の蓮華で万能葱と白胡麻や底へ沈んでしまったキクラゲを掬いながら優しい豚骨を感じながら戴きました。
1603683304101
お店は新宿通りから1本入った路地に佇んでいて、とんこつラーメン専門店ですが白木のカウンターの和風な感じの和食屋さん風の店内でした。

16036831765061603683216918
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13232781/

福は内@曙橋

1603245788883
福は内(フクハウチ) 新宿曙橋店
☆☆☆☆.2(曙橋)
つけ麵900円
Fortune is Inside
☆☆☆☆.2福は内(曙橋)900円
つけ麺
戴きました。
1603246536737
麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある自家製麺で、少々パツパツした硬茹で短め麺が喉ごしをを楽しませてくれる小麦風味豊かな麺です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところで、300g迄同一価格です)。
1603246493992
つけ汁は酸味の無い辛味弱アリなオイリー感と粘度がアリなオーソドックスな濃厚豚骨魚介で、「六厘舎」発祥の俗に言う「またお前系」ですが、辛味が加わっていて濃度もさほど無いのでドロドロ感なく啜れるつけ汁に仕上がっています。
1603246506049
具はトロトロ軟らかメンマ5・6枚とベーコン状の厚みが加わった大振りバラ叉焼1枚と海苔1枚とW葱(輪葱・微塵玉葱)がつけ汁にギュウギュウに押し込められています。
1603246567650
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、パツパツ麺の麺肌にスパイシーなツブツブが纏わり付き刺激を感じながらジュル・ジュルジュルっとパツパツ啜れました。
1603246982326
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ、プラスティック製の黒色した蓮華で追加された割スープの中に入っている軟らか「昆布」と共に美味しく戴けました。
1603245880784
お店は、約10年前伺った熊谷の道の駅の店舗から、地権の関係やらで奥さんの地元でもあるこちらへいきなり移転したとのことですが、まだまだお若い店主さんなので応援したいと思います。

1603245865007
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13251349/

五輪洞@新宿・西新宿

 2020.10.14 田町より移転オープン!
1602992227479
麵屋武蔵
五輪洞(ゴリンドウ)
☆☆☆☆.3(新宿・西新宿)
つけ麺850円
Five Circle Hole
☆☆☆☆.3五輪洞(新宿)850円
つけ麺
(あっさり・中盛)戴きました。
1602992961610
麺は角極太ウェーブのエッジに丸みを帯びた麵屋武蔵グループの自家製で、四国の讃岐うどんの様な強い弾力のある喉ごしを楽しむよりも麺自体の旨味を噛み締めて味わうタイプの顎が疲れる強い麺です(麺量:茹で前250gで腹8分目といったところで、200g~600g迄同一価格です)。
1602992865672
つけ汁は酸味と粘度の無い辛味とオイリー感が微アリな魚介と動物系のダブルスープのあっさり醤油味で、以前麵屋武蔵本店で戴いた時に感じたピリ辛が舌先に感じられる旨味のあるあっさりつけ汁に仕上がっています。
1602992923834
具はメンマ5・6枚と小さく賽の目切されたバラ叉焼の破片3・4個と青葱と削り節がつけ汁に忍ばされ、三つ葉の葉っぱが一輪麺の上に飾られています。
1602993032233
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、削り節と共につけ汁が麺に纏わり付き時折感じる辛味と共にジュル・ムシャムシャっと美味しく啜れました。
16029935422491602993481602
スープ割は頃合いを見て店員さんが魚介系出汁スープの入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白いロゴ入り蓮華で青葱を掬いながら懐かしさを感じながらとても美味しく戴けました。
16029924693521602992573633
お店は地下鉄丸の内線「西新宿駅」から数秒の青梅街道沿いに佇んでいて、麺の茹で上がり約1㎏まで同一価格(つけ汁もお代わりOK)と大食い方には重宝しそうな麵屋武蔵グループのお店でした。
16029922573141602992331044
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13251933/

西ちゃん@東長崎

1602383689616
ラーメン
西ちゃん(ニシチャン)
☆☆☆.9(東長崎)
冷しつけ麺760円
West Chan
☆☆☆.9西ちゃん(東長崎)760円
冷しつけ麺
戴きました。
1602384330920
麺は平打中細ウェーブのエッジに尖りがある三河屋製麵製で、多加水なツルボソっとした食感が気持ちよく喉ごしを麗わす麺です(麺量:茹で前180g位で腹7分目といったところです)。
1602384138640
つけ汁は冷製の辛味とオイリー感と粘度が無い酸味微アリなごまだれ醤油味で、そこまで濃厚ではないですが冷やし中華のごまだれ味に近いサラッとした胡麻風味が味わえるつけ汁に仕上がっています。
1602384154263
具はメンマは無く、肩ロース叉焼3枚と味玉半分と輪葱とガリと和辛子が別皿で提供され、雲丹トゲ刻み海苔が麺に化粧され白胡麻少々がつけ汁に浮遊しています。
1602384363240
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、陶器製のお蕎麦を戴く時に使用する蕎麦猪口に少なめに掬った麺を浸しサラッと軽く爽快に美味しく戴けました。
1602384608656
途中、味変アイテムの「和辛子」を麺にお刺身に付ける山葵の様に添えて戴いてみると、意外にも辛くなくスッキリ風味で戴けました。
1602384955911
スープ割は聞いてみると「お冷や」で薄めるのがお薦めとのことで、陶器製のつけ汁椀に直接お口を付けサラッと胡麻風味を感じながら飲み干しました。
1602383896764
お店は西武池袋線の東長崎駅から徒歩4~5分の踏切近くに佇んでいて、お向かいには場末のスナックが数件並んでいました。

16023837055851602383723424
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13205117/

かぐら屋@新宿

1601443210671
鶏そば
かぐら屋(カグラヤ)西新宿店
☆☆☆☆.3(新宿)
完熟トマトの塩つけ麺950円
Sacred music and dance Shop Nishishinjuku
☆☆☆☆.3かぐら屋(新宿)950円
完熟トマトの塩つけ麺
戴きました。
1601444054045
麺は角中太ストレートのエッジに丸みを帯びた大成食品社製で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの力強い弾力のある喉ごしを楽しむよりもトマトの赤い汁跳ねに注意ながら噛み締めて味わうタイプの麺です(麺量:茹で前175g位で腹6.5分目といったところです)。
16014440083481601443436241
つけ汁は辛味とオイリー感が無いトマトの酸味と粘度アリアリな鶏出汁に塩ダレに隠し味でアサリ風味が香る真っ赤な完熟トマト塩味で、ドロリとした食べるトマトジュースみたいな中に鶏とスッキリした塩ダレがシンクロしたつけ汁に仕上がっています。
16014439548051601443961400
具はメンマは無く皮目に炙りの入ったスライス鶏モモ肉1枚と水菜とミニトマト1個が麺の上に飾られ、鶏ミンチとパルメジャーノチーズがキャベツにオンしてつけ汁に浮遊しています。
1601444090794
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面が雀斑(そばかす)状の麺肌に真っ赤なつけ汁が絡みまくり汁跳ねに注意しながらムシャムシャっと軽く啜れました。
16014447257411601444666987
スープ割はお願いすると鶏出汁スープの入ったポットと追加の「塩だれ」が提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華でトマトの旨味と鶏の旨味を感じながら、塩だれのアサリを確認しながらとても美味しく戴けました。
16014433524981601443385072
お店は新宿でも激戦地区の小滝橋通りから十数メートル入った路地に佇んでいますが、ランチタイムを外した14時過ぎでもポツリポツリと途切れなく来店客がありました。
1601443222947
お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13251053/

↓これ、ポチッと↓
くる天 人気ブログランキング
☆エリア別・麺種別で検索できます▼▼▼
お店の名前で検索できます
ミニギャラリー
  • BASSA NOVA@原宿
  • 五利当@池袋
  • しょうがの湯@渋谷
  • 渡海@目白
  • 優創@大久保・新大久保
  • 大平軒@四谷三丁目
livedoor

赤バイクの知蔵

HONDAフォルツァで'80年代のユーロビートを聴きながら走りまくる。

”つけめニストの流儀”
【入店】
・戸は閉めること。
・五千円札,一万円札は使ってはならない。
・クーポンがあれば使うこと。
【実食】
・食す前に水を摂らないこと。
・まず、麺を生(き)で一本食すこと。
・つけ汁を箸でよくかきまぜ一舐めすること。
・つけ汁碗は持って食すこと。
・音を立てて豪快に食すこと。
・海苔は千切って食すこと。
・具はメンマから食すこと。
・薬味(一味等)は半分以上食したら入れること。
・スープ割を戴く前に、口を水で清めること。
・ティッシュは綺麗に小さく畳むこと。
・麺碗,つけ汁碗は片付けること。
【退店】
・美味しければ「ご馳走さま」を忘れずに。
・戸は閉めること。


   採点は☆☆☆☆☆:満点です。
   ☆☆☆☆.1が標準です。

赤バイクの知蔵の脳内 ブログ王 ブログランキング 人気ブログランキングへ 食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板東京都 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル このエントリーをはてなブックマークに追加
公認グルメブログ by livedoorグルメ
【PR】おすすめグルメ情報
ぐるなびぐるなび 公認グルメリポーター 認定カテゴリ:東京×ラーメン

ジオターゲティング
ギャラリー
  • BASSA NOVA@原宿
  • 五利当@池袋
  • しょうがの湯@渋谷
  • 渡海@目白
  • 優創@大久保・新大久保
  • 大平軒@四谷三丁目
  • 福は内@曙橋
  • 五輪洞@新宿・西新宿
  • 西ちゃん@東長崎
  • かぐら屋@新宿
  • 麦の香@面影橋・高田馬場
  • 博多天神@渋谷
  • あさひ町内会@板橋区役所前・下板橋
  • 一風堂@新宿
  • 逆流@板橋本町
  • リンダ軒@新宿
  • EBIKURA@渋谷
  • 鷹守家@大山・板橋区役所前
  • Regamen@北参道・千駄ヶ谷・代々木
  • 安ざわ家@上板橋
  • ひろし@下板橋
  • 寿楽@大久保
  • ショパン@板橋本町
  • 興福樓@大久保
  • 全家福@上板橋
  • かみいた@上板橋
  • 松山正宗@板橋区役所前・大山
  • 最高@池袋
  • 茜の舞@北池袋
  • 帆のるEXPRESS@大塚
CoRichブログランキング
  • ライブドアブログ