赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

【赤バイクの知蔵の独り言】 《その壱》名峰「富士」を麺に見立て、裾野の先にある「駿河湾」をつけ汁に見立てた。そんな〝つけ麺〟の姿が美しい。《その弐》「麺」が中太以上の男なら、「つけ汁」は濃厚な女であれ、女は大きな包容力で受け入れてくれるだろう。その瞬間が、男を浸す醍醐味である。《その参》麺(主演)とつけ汁(助演)を自分好みで浸して楽しむがいい。あくまでも、薬味・具・味変アイテムはエキストラでいい。最後のお楽しみ、スープ割も忘れずに………『つけ麺』をもっと世界へ!!!!!

大山@大山

BlogPaint
大山(オオヤマ)
ラーメン・つけ麺
☆☆☆☆.2(大山)
つけ麺680円
Big Mountain
BlogPaint
つけ麺
戴きました。
160525_191153
麺は角中太ストレートのエッジに確りした尖りがあるサッポロ製麺か麺屋棣卾製で、ツルツルと喉ごしが楽しめ少し弾力もあるので麺自体の歯応えも同時に楽しめる平打気味の好みの麺です(麺量:茹で前180g位で腹7.5分目といったところで、大盛も同一価格でCP抜群です)。
160525_191032
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな茶濁した魚介豚骨醤油味で、豚骨の濃厚風味よりも魚介風味が香るつけ汁に仕上がっています。
BlogPaint
具はメンマ4・5本と肩ロース叉焼のひと口大サイズ4・5個と茹でモヤシと微塵長葱がつけ汁に忍ばせてあり、
160525_191136
磯の風味が香る真っ黒な海苔1枚とナルト1枚と味玉半分が麺の上の並べられています。
160525_191406
この茹でモヤシは口当たりの悪い「ヒゲ」の部分が綺麗に処理されたとても戴き易い食感になっています。
160525_191208
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、絡みはあまり強くありませんが微塵長葱や千切った海苔が纏まり付いてつけ汁を持ち上げ、気持ちお茶漬け喰いスタイルになりながらズズズッととても美味しく啜れました。
160525_191939
スープ割はブーメラン方式に動物系出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で追加された微塵長葱を追いかけながら臭みのしないスープ割を美味しく戴きました。
160525_185948160525_185906
また、卓上の「油とうがらし」「ピリ辛ふりかけ」「キムチ」は自由に食べ放題になっています。
160525_191224
「キムチ」を少し味わってみましたが、甘辛でアルコールのアテには重宝されそうです。
160520_181435160525_185548
お店の営業は夜7時からですが、お昼の営業をしてくれたらリピート店になるのは間違いないクオリティでした(外にはサッポロ製麺の麺箱京都の麺屋棣鄂から何やら荷物が届いていました)。
160520_181420160525_185933
今日の一文字
「山」の書き順: http://kakijun.jp/page/0326200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13195496/

達磨@新宿

BlogPaint
中華彩房
達磨(ダルマ)
☆☆☆.7(新宿)
和風醤油つけ麺750円

Tumbler
BlogPaint
和風醤油つけ麺
戴きました。
160522_125119
麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた小麦粉感抜群な喉ごしを楽しむよりも麺自体の歯応えと風味を味わうタイプで、つけ汁に浸した後は豪快に啜ってムシャムシャっと楽しめます(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
160522_125012
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い鰹と柚子の香りが鼻腔をくすぐる清湯醤油味で、中華料理屋さんなのに和風醤油とは珍しくサラリとした風味がお口一杯に広がります。
BlogPaint
具は見掛けショッパそうなメンマ5・6本と脂身だらけのバラ叉焼1枚と磯の香りがしない雲丹トゲ刻海苔が麺の上に乗せられていて、
160522_125049
カツオ節と白胡麻と長葱がつけ汁に浮遊しています。
160522_125133
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、カツオ節が麺に絡み鰹風味が広がりズルズルっと啜れました。
160522_125850
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で浮遊している白胡麻や長葱を追いかけながらサラリと戴けました。
160522_123810
お店は基本的には中華料理店ですが、正油ラーメン塩ラーメン味噌ラーメン等の麺類にも力を注いでいる、何故「達磨」なのか分からないお店でした。
160522_123525160522_123749
今日の一文字
「磨」の書き順: http://kakijun.jp/page/1642200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13037602/

尚ちゃん@中野富士見町

BlogPaint
尚ちゃん(ナオチャン)
ラーメン
☆☆☆☆.1(中野富士見町)
醤油つけ麺650円
Still
BlogPaint
醤油つけ麺
戴きました。
160515_122044
麺は丸中細ストレートの非常に滑らかな喉ごしが楽しめる流行の太麺とは違った昔ながらの中華麺といった面持ちで、喉元を抜けて食道を通り胃に落ちて行くのが心地よいです(麺量:茹で前180g位でも腹8分目といったところです)。
160515_121329
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が微アリな粘度の無い一見、黒くないので「醤油味」に見えない茶濁した「味噌味」みたいな不思議な醤油味で(店員さんに何度も確認しました)、野菜の甘味や豚肉の旨味が滲み出ている変わったつけ汁に仕上がっています。
BlogPaint
具はシャリシャリ感残るメンマ4・5本と丸い形の肩ロース叉焼1枚とナルト1枚とお浸し小松菜が麺で覆い隠す様に麺皿に盛られ、
160515_121955
豚ミンチと長葱がつけ汁に忍ばせてあります。
160515_122112
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、豚ミンチや長葱が纏わりついて変わった醤油味のつけ汁を持ち上げツルツルっとテンポよく啜れました。
160515_121306160515_122809
スープ割は配膳時に昭和を感じさせてくれるアルミ製の片手ヤカンに清湯スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華豚ミンチや小松菜を追いかけながらサラッと美味しく戴きました。
160515_120049
お店はボリューム満点セットが人気のようで1~5番の番号が連呼されていて、カウンターでは常連のおじさんがお昼から一杯飲っていました。
160515_120040160515_120030
今日の一文字
「尚」の書き順: http://kakijun.jp/page/08111200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13006926/



くれは@田無

BlogPaint
ラーメン
くれは
☆☆☆☆.1(田無)
海老つけ麺800円

KUREHA
BlogPaint
海老つけ麺(中盛)
戴きました。
160513_121815
麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたエコ箸では掴み難い、ツルツル感がある喉ごしも楽しめる自家製麺です(麺量:茹で後360gで腹一杯で少し残してしまいました。また並盛240gと同一価格です)。
160513_121720
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリアリな「また、お前もか系」の濃厚豚骨魚介に海老粉で微かに香り付けされた海老豚骨で、豚骨の濃厚感と海老粉がシンクロせずそれぞれ独立した風味がお口の中で広がります。
BlogPaint
具はメンマは無く、肩ロース叉焼の切落し4・5個と糸唐辛子と青葱がつけ汁に入れられ、海苔1枚が麺に添えられています。
160513_121838
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中太麺にドロドロつけ汁が絡みまくり、一気に啜り込むと汁跳ねが怖いので軽くズルズルっとやんわりと啜りました。
160513_122518
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の黒い蓮華で浮遊している青葱を追いかけながら濃厚感を楽しみながら戴きました。
160513_120801160513_121322
お店の基本は濃厚豚骨ラーメンなので替玉もあり、卓上には「擦り胡麻」「クラッシュ大蒜」「ラーメンのタレ」が備え付けてあります。
160513_120501160513_120545
160513_120531
今日の一文字
「呉」の書き順: http://kakijun.jp/page/0746200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1328/A132801/13110328/

二階堂@九段下・飯田橋

 2016/5/6 グランドオープン!
 杉本商店@新宿の関連店とのことです。
BlogPaint
中華そば
二階堂(ニカイドウ)
☆☆☆☆.2(九段下・飯田橋)
つけそば780円
Second Floor Hall
BlogPaint
つけそば
戴きました。
160509_113309
麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある国産小麦粉がギュッと詰まった感がいい確りした麺で、太めの平打中太ですが啜り心地も良くツルりと喉元を流れていきます。(麺量:茹で前200gで腹9分目といったところで、中盛300gも同一価格です)。
160509_113224
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな香川県の伊吹産いりこ(煮干し)を大量に使用して昆布と合せた魚介醤油味で、しつこくない煮干しの香りが鼻腔をくすぐる食欲を掻き立ててくれる半濁した醤油味に仕上がっています。
BlogPaint
具はメンマ4・5本と存在感のある厚さ1cmはあろう長四角なバラ叉焼1枚とハムの端っこの様に小さく切落しされた叉焼10枚位とW葱(青葱・長葱)がつけ汁に隠され、海苔1枚と三つ葉が麺に添えられています。
160509_113321
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁ですが煮干しの香りが絡みズズズッと勢いよく気持ち良く啜れてしまいました。
160509_114049
スープ割はブーメラン方式に熱々の魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の茶色い蓮華で舌をちょっと火傷しながらフウフウして浮遊している三つ葉を追いかけながら美味しく戴きました。
160509_112711160509_112659
店内は新店なのでピカピカは当然ですが、ティッシュ箱がカウンターの下に隠されていたり必要不可欠な物がカウンターに綺麗にレイアウトされていました。
160509_112546
お店は昔お世話になった仕事センターの近くに佇んでいて、お昼にはポツポツと開店を知った会社員の方々が来店していました。
160509_112407
店員さんに聞いたところ新宿の「杉本商店」の関連店とのことでした。
160509_112420
 今日の一文字
「階」の書き順: http://kakijun.jp/page/1271200.html


お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130906/13195295/

伝蔵@渋谷

BlogPaint
味噌麺処
伝蔵(デンゾウ)渋谷センター街店
☆☆☆.9(渋谷)
味噌つけ麺700円
Connection Storehouse SHIBUYA
BlogPaint
味噌つけ麺
戴きました。
160508_112804
麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある半透明な多加水タイプで、ツルツルした食感が気持ち良く喉元を通り抜けて行きます(麺量:茹で前180g位で腹7.5分目といったところです)。
160508_112705
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度弱アリな、仙台味噌を使用した見た目少し白っぽい気持ち甘味が勝っている味噌味で、味噌麹の芳醇感は寂しいですがハズレ感はなく無難に戴ける味噌味に仕上がっています。
BlogPaint
具はメンマは無く、炒め野菜(モヤシ・ニラ)と炙りの入ったほぐれてしまった叉焼が3枚分位と味玉1個がつけ汁に押し込まれています。
160508_112818
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺に炒め野菜と共に絡みシャキシャキモヤシを楽しみながらズルズルっと啜れました。
160508_112829160508_113135
途中、お願いすると冷蔵庫から出してもらえる業務用おろし大蒜を大匙2杯程投入するとつけ汁にコクが生まれ啜るスピードが加速しました。
160508_113455
スープ割はブーメラン方式に清湯系スープが注がれ、プラスチック製のえんじ色の蓮華で浮遊しているニラを追いかけながら軽く戴きました。
160508_112214
お店は渋谷のセンター街の真ん中近くに佇んでいて、営業も24時間営業なので心強いですね。
160508_112109
今日の一文字
「伝」の書き順: http://kakijun.jp/page/0618200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13178158/

おおくぼ@富士見ヶ丘

BlogPaint
つけ麺 らーめん
おおくぼ
☆☆☆.9(富士見ヶ丘)
つけ麺680円

Big Hollow
BlogPaint
つけ麺
戴きました。
160505_114755
麺は角中太ウェーブ(平打気味)のエッジに丸みを帯びた北海道産地粉使用の表面ツルツルタイプで、太めの中太なのに喉ごしが楽しめるツルツル感がいいですね(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところです)。
160505_114653
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感と粘度が微アリな「自称」和風豚骨醤油味で、臭みの無い豚骨の円やかさとカエシが和風感を醸し出しています。
BlogPaint
具はメンマ3・4本と四角くひと口サイズにカットされた肩ロース叉焼7・8枚と炒めモヤシと白胡麻と柚子皮2・3片がつけ汁に隠され、海苔1枚が麺の上に鎮座しています。
160505_114810
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、絡みはあまり期待できませんが、海苔や炒めモヤシと一緒に戴くとツルツル感と共に楽しめました。
160505_115500160505_113738
スープ割はブーメラン方式に「自称」清湯スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で白胡麻や炒めモヤシを追いかけながらサラッと美味しく戴けました。
160505_113729160505_113645
お店は高島平にある「辰盛」十条にある「てんげん」に似た雰囲気とメニュー構成でした。
160505_113539
今日の一文字
「丘」の書き順: http://kakijun.jp/page/0502200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131806/13048374/

天味@沼袋

 2016/4/25 グランドオープン!
 以前、「ones ones」があったところです。
BlogPaint
濃厚豚骨ラーメン・つけ麺
天味(テンミ)
☆☆☆.8(沼袋)
つけ麺750円
Heaven Taste
BlogPaint
つけ麺
戴きました。
160501_135856
麺は平打中太ストレートのエッジに丸みを帯びた短めタイプで、啜り心地が軽く2回位啜り込むと喉元へ流れていく省エネな感じの麺です(麺量:茹で後400gで腹8分目といったところで、大盛もサービスです)。
160501_135803
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリな俗にいう「また、お前もか系」の濃厚豚骨魚介の仲間で、豚骨の支配率が高いのか魚介風味があまり感じなく当たり障りのない円やかな豚骨魚介に仕上がっています。
BlogPaint
具はメンマは無く炙りの入った四角い薄いバラ叉焼3枚と味玉半分と長葱と茹でモヤシが別皿に盛られ、長葱と叉焼のはじっこがつけ汁に隠されています。
160501_135916
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺にジワァっと絡まりズルッと短く啜れました。
160501_134916
卓上にはラーメン用の辛子高菜や紅生姜や白胡麻やタレがありましたが、この豚骨魚介には合いそうにないので何も味変せずで戴きました。
160501_140649160501_140722
スープ割は別碗に白濁した豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で長葱を追いかけながら無難に美味しく戴きました。
お店の外観やメニューや店内POPから資本系の香りがプンプンしていました。
160501_134858
 今日の一文字
「天」の書き順: http://kakijun.jp/page/0441200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13194861/

武@錦糸町

BlogPaint
麺工房
(タケシ)
☆☆☆.8(錦糸町)
豚骨魚介つけ麺780円

Warrior
BlogPaint
豚骨魚介つけ麺
戴きました。
160429_122644160429_121502
麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた表面ザラザラな浅草開化楼製で、ツルッと喉ごしよく啜りたいところですがつけ汁の汁跳ねが怖く地味にそ~っとやんわり啜るのに適した麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
160429_122555
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリアリなこげ茶濁した豚骨魚介で、豚の他に牛と鶏も使用しているので豚骨の甘味が押さえられ「また、お前もか系」の豚骨魚介とはひと味違った味わいに仕上がっています。
BlogPaint
具はメンマ5・6本と巻き巻きバラ叉焼2枚と長葱がつけ汁に隠されているだけで、ちと寂しい感じです。
160429_122656
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、こげ茶濁色が麺の色を変え恐る恐る汁跳ねに注意しながら優しく啜りました。
途中、卓上の一味で味変はご愛嬌ですね。
160429_123303160429_123331
160429_123405
スープ割は一段高いカウンターの上に置いてあるポットからセルフで魚介系出汁スープを自分好みに調整して、プラスチック製の白い蓮華で3口戴きご馳走さまでした。
160429_121649
お店のキャパがあるので家族連れに重宝されていました。
160429_121609
今日の一文字
「武」の書き順: http://kakijun.jp/page/bu200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13193510/

口福@高田馬場・面影橋

BlogPaint
口福(コウフク)西早稲田店
☆☆☆☆.3(高田馬場・面影橋)
石焼麻婆豆腐つけ麺750円
Mouth Happiness NISHIWASEDA
BlogPaint
石焼麻婆豆腐つけ麺
戴きました。
160424_114320
麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある表面ザラザラタイプで、通常のつけ汁に浸して啜るには丁度よい喉ごしが楽しめそうなのですが、今回の麻婆豆腐が熱々なので徐々にしか啜れずツルツルっとはいきません(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
160424_114130
つけ汁は酸味とオイリー感が無い辛味と粘度がアリアリな灼熱な熱々の石焼にグツグツと煮えたぎった麻婆豆腐で、辛味を最弱にしてもらいましたが熱さと辛さと痺れで頭皮や額から汗が噴き出しました。
BlogPaint
具はメンマは無く、軟らく甘味のある絹ごし豆腐と豚挽き肉と長葱と白胡麻で麻婆豆腐が仕上がっています。
160424_114342
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、
160424_114551
絡みがあまりにも凄いのでスパゲッティーを戴く時の様にスプーンとお箸でお豆腐も一緒にツルっと啜りました。
160424_112955160424_112927
途中、卓上の自家製麻油を試してみようと画像だけ撮っておきましたが充分「辣麻(カラシビ)」を満喫できましたので投下するのは諦めました。
160424_115500
スープ割はブーメラン方式に清湯スープを注いでもらい、金属製の銀色のスプーンで沢山残っているお豆腐と挽き肉を掬いながら汗を拭き拭きして美味しく戴きました。
160424_112749
お店のイチ押し「辛シビ石焼麻婆豆腐」がつけ麺として戴けるなんて発想が豊かですね。

160424_113439160424_113639
今日の一文字
「焼」の書き順: http://kakijun.jp/page/12140200.html

お店情報はこちら
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13166866/

↓これ、ポチッと↓
くる天 人気ブログランキング
☆エリア別・麺種別で検索できます▼▼▼
お店の名前で検索できます
最新トラックバック
幸めん 華雅@湯島 (麺好い(めんこい)ブログ)
華雅@湯島
麺や いるか@大山 (両国のダイビングショップオーナーの日記)
いるか@大山
幸めん 華雅@湯島 (両国のダイビングショップオーナーの日記)
華雅@湯島
ミニギャラリー
  • 大山@大山
  • 達磨@新宿
  • 尚ちゃん@中野富士見町
  • くれは@田無
  • 二階堂@九段下・飯田橋
  • 伝蔵@渋谷
livedoor
赤バイクの知蔵の脳内 ブログ王 ブログランキング 人気ブログランキングへ 食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板東京都 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル このエントリーをはてなブックマークに追加
公認グルメブログ by livedoorグルメ
【PR】おすすめグルメ情報
ぐるなびぐるなび 公認グルメリポーター 認定カテゴリ:東京×ラーメン

ジオターゲティング
ギャラリー
  • 大山@大山
  • 達磨@新宿
  • 尚ちゃん@中野富士見町
  • くれは@田無
  • 二階堂@九段下・飯田橋
  • 伝蔵@渋谷
  • おおくぼ@富士見ヶ丘
  • 天味@沼袋
  • 武@錦糸町
  • 口福@高田馬場・面影橋
  • 仙台や@渋谷
  • 精陽軒@渋谷
  • 十八番@野方
  • まるしん@西新宿
  • うかんむり@練馬
  • 桔梗@大久保・新宿
  • 鳴龍@大塚
  • 頑者製麺所@成増
  • 畔-Aze-@新宿御苑前
  • MANNISH@神田
  • 大島@渋谷
  • さざんか@西新宿五丁目・新宿
  • とんや@赤羽
  • 華月園@ときわ台
  • 大勝軒まるいち@渋谷
  • 京水@桜上水
  • ひのき@代々木・新宿
  • 味道屋@入谷
  • 萬馬軒@新宿
  • かずや@江古田
CoRichブログランキング
  • ライブドアブログ