2017/1/4 グランドオープン!
 
ラム骨スープを使ったお昼にラーメン・つけ麵を提供するお店です。
BlogPaint
居酒屋
小滿(ミチル) 
☆☆☆☆.1(高田馬場)
つけ麺500円通常700円
(試食まつり)
Rise
BlogPaint
魚+羊つけ麺
戴きました。
170129_125816
麺は角中細ウェーブのエッジに尖りがあるボソっと感がある短めなつけ汁をよく吸うタイプで、チープ感がどうしても歪めないつけ麺には向いていない様な食感が残る麺です(麺量:茹で前175g位で腹7分目といったところです)。
170129_125714
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感と粘度が微アリな豚骨ならぬラム骨魚介味で、臭みのある豚よりも上品な羊のまったりとした円やか口当たりと鰹魚粉の魚介風味が楽しめる、後楽園近くで戴いた豚骨とラム骨の濃厚感のある煮干しを合わせたつけ汁と違い、ラム骨と鰹の軽い仕上がりにまとめられています
BlogPaint
具は幅広と細いメンマ合わせて10本位とラム肉4枚と長葱と玉子焼きや湯葉に間違えそうな大量の漬けお麸と豆モヤシが麺皿の半分を占領し、白黒胡麻と青葱がつけ汁に浮遊しています。
170129_125747
一見「鯨肉」に間違ってしまいそうな羊肉はボソっとした食感でしたが、つけ汁に浸して置くと軟らかくなりジューシー感が楽しめました。
170129_125833
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ボソボソ麺の表面からつけ汁が染み込み意外にもラム骨出汁の風味が口内に広がりズズっと違和感なく美味しく啜れました。
170129_130644
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ、プラスチック製の赤茶色した蓮華で長葱や胡麻を追いかけながら美味しく戴けました。
170129_124850170129_125019
お店はまだ認知度が低く、たまたまふらっと入った路地で「ラーメン」の提灯を見つけてしまい店頭のメニューを見ると「つけ麺」もあったので立ち寄ってみましたが、中国系の方が一人で切り盛りしていて応援したくなりました。
170129_124719170129_124734
今日の一文字
「滿」の書き順: http://kakijun.jp/page/mank14200.html

お店情報はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13204832/