参院拉致問題特別委員会は26日午後、北朝鮮による拉致被害者への給付金の支給期間を5年間延長する拉致被害者支援法改正案を全会一致で可決した。31日の参院本会議で成立する見通し。
 同法案は2002年12月に成立。拉致被害者の日本永住が認められた後の05年4月から、同法に基づく給付金が5年間の期限付きで支給されているが、3月末でその期限が切れるため、被害者らが延長を求めていた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、「余命は3年」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化

放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定-奈良地裁(時事通信)
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕(時事通信)
夜にも黄砂飛来、あすには北海道以外に拡大へ(読売新聞)
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%(医療介護CBニュース)
【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)