7日午後5時35分ごろ、大阪市北区西天満の橋下綜合法律事務所から「トラブルになっている」と110番があった。天満署員が駆けつけると、男性弁護士と話していた自称、高知市の自営業、大久保利賢容疑者(58)が刺し身包丁を隠し持っていたため、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。同事務所は弁護士の橋下徹知事が代表を務めている。

 同署によると、大久保容疑者はタオルを巻いた刃渡り約20センチの刺し身包丁1本を、ズボンの腰の辺りに挟んでいた。大久保容疑者は金銭の貸し借りをめぐって知人男性と民事訴訟になっていると説明。貸した金の返済について相談するため事務所を訪れ、知人の代理人の男性弁護士との面会を求めたという。

 当時、事務所には男性弁護士ら7人がいたが、けがはなかった。

【関連記事】
任命式に国歌斉唱導入、橋下知事「声が小さい!」
橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席
橋下知事のテレビ発言訴訟で弁護士らが上告
「教育資金に」 奈良の男性、大阪府立大基金に7500万円寄付
【私も言いたい】タレント知事の功罪 6割強「経歴、メリットなし」 

民主党ITS議連会長に高木義明氏(レスポンス)
<動物死骸>埼玉のペット葬儀業者逮捕へ 不法投棄の疑い(毎日新聞)
新党結成の動きを歓迎=渡辺喜氏(時事通信)
【石原知事会見詳報】次期知事選「企業秘密。心境は複雑に変化してますな」(産経新聞)
自転車2台も?線路に投げ込んだ疑い(読売新聞)