「無念で仕方がないが、頑張って仲間の死を乗り越えよう」-。宮城県石巻市の3人殺傷事件で、刺殺された大森実可子さん(18)が通っていた市立女子商業高校では11日午前、全校生徒を対象とした緊急集会が開かれた。生徒は沈んだ表情を見せ、校長の言葉に耳を傾けていたという。
 集会では冒頭、全員で黙とうをささげた。集会場所の体育館に入る時点で涙を流したり、おえつを漏らす生徒もいたという。
 千田俊明教頭(54)は「大森さんは、とても友人思い。昨年の文化祭では、クラス発表に参加し、ダンスパフォーマンスを披露していた」と振り返った。 

【関連ニュース】
逃走の18歳少年を逮捕=連れ去られた少女保護
2人刺殺、少女連れ逃走=18歳少年ら2人、監禁などで逮捕
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」
被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件

「サンラ・ワールド」を捜索へ=50億円集金か、無登録営業容疑-警視庁(時事通信)
北日本と東日本、7日にかけ大雪・強風予想(読売新聞)
<訃報>立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)
薬事法違反 容疑でタミフル輸入代行業者ら6人を逮捕(毎日新聞)
目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明-秋葉原殺傷第3回公判・東京地裁(時事通信)